Logic Pro X: エディタでアーティキュレーションを管理する

エディタでアーティキュレーションを管理する

リージョンにノートやイベントとともにアーティキュレーションが記録されている場合は、ピアノ・ロール・エディタで「アーティキュレーション」ポップアップメニューが使用可能になります。

図。ピアノ・ロール・エディタの「アーティキュレーション」ポップアップメニュー。

同じアーティキュレーションを持つすべてのノートを選択したり、ショートカットメニューからアーティキュレーションを選択したりすることもできます。また、アーティキュレーションによってノートを色分けすることもできます。イベントリストやスコアエディタなど、ほかのMIDIエディタでも、アーティキュレーションを表示および編集できます。これらのエディタでアーティキュレーションを操作する方法について詳しくは、ノートイベントのアーティキュレーションIDを編集するおよびスコアエディタで音符のアーティキュレーションを変更するを参照してください。

ピアノ・ロール・エディタでアーティキュレーションを選択する

  • 「アーティキュレーション」ポップアップメニューで、使用可能なアーティキュレーションのいずれかを選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?