Logic Pro X: Distortion II

Distortion II

Distortion IIは、Hammond B3オルガンのディストーション回路をエミュレートします。楽器に使用してクラシックなエフェクトを再現することも、新しいサウンドをデザインするためにクリエイティブな使いかたをすることもできます。

図。Distortion IIウインドウ

Distortion IIのパラメータ

  • 「PreGain」ノブ/フィールド: 入力信号に加えるゲインの量を設定します。

  • 「Drive」ノブ/フィールド: 信号に加えるサチュレーションの量を設定します。

  • 「Tone」ノブ/フィールド: 内蔵のハイ・シェルフ・フィルタのゲインをディストーション前とディストーション後の両方でブーストします。これによってトーンが変わります。

  • 「Type」ポップアップメニュー: ディストーションのタイプを選択します。

    • Growl: 2段階式の真空管アンプをエミュレートします。タイプとしては、Hammond B3オルガンと組み合わせて使われることの多いLeslie 122スピーカーキャビネットに似ています。

    • Bity: ブルージーな(オーバードライブがかかった)ギターアンプのサウンドをエミュレートします。

    • Nasty: 強いディストーションを発生させるため、迫力のあるサウンドを作るのに適しています。

    • Class AB soft: トランジスタアンプで負荷を上げたときに発生する、ソフトなクロスオーバーディストーションをエミュレートします。

    • Class AB hard: トランジスタアンプで負荷を上げたときに発生する、ハードなクロスオーバーディストーションをエミュレートします。

      ここでのクロスオーバーとは、マッチングされた2つのトランジスタ間のスイッチングを意味します。「Class AB」(AB級アンプ)では、両方のトランジスタが常にオンになっており、両者間のハードスイッチングによる影響が抑えられるよう設計されています。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?