Logic Pro X: Logic Pro Xのオーディオ・ファイル・エディタでサンプルを編集する

Logic Pro Xのオーディオ・ファイル・エディタでサンプルを編集する

EXS24 mkIIとLogic Pro Xのオーディオ・ファイル・エディタは連携するように作られています。Logic Pro Xのオーディオ・ファイル・エディタでは、サンプルやループの開始位置および終了位置を調整する場合に、波形をグラフィカルに表示して直接操作するという直感的な方法を取ることができます。オーディオ・ファイル・エディタの概要を参照してください。

図。Logic Pro Xのオーディオ・ファイル・エディタ。

Logic Pro Xのオーディオ・ファイル・エディタを開く

  • インストゥルメントエディタ・ウインドウで、編集するゾーンの「ループ」の「開始」または「終了」パラメータフィールドをControlキーを押したままクリックします。

ショートカットメニューが表示され、選択したサンプルをLogic Pro Xのオーディオ・ファイル・エディタ(または環境設定で設定した外部サンプルエディタ、EXS24 mkIIで外部インストゥルメントエディタを使うを参照してください)で開くことができます。

サンプルの境界やループポイントを編集する

  1. サンプルをオーディオ・ファイル・エディタで開いたら、サンプルの境界やループポイントをグラフィカルにドラッグすることができます。サンプルエディタでは、「LS」マーカーがループ開始位置、「LE」マーカーがループ終了位置を表します。

    作業効率を向上させるために、オーディオ・ファイル・エディタのループコマンドも使用できます:

    • サンプルループ→選択範囲: オーディオファイル全体のうち、ループ領域(「ループ」の「開始」/「終了」点によって定義)の部分を選択します。

    • 選択範囲→サンプルループ: 現在の選択範囲を基にループの開始位置と終了位置を設定します。

  2. 「編集」>「サンプルループをオーディオファイルに書き込む」と選択します。

    新しいループの値がオーディオファイルのヘッダに書き込まれます。

  3. 編集が完了したらサンプルを保存します。

    オーディオファイルのヘッダに書き込まれた新しい値がEXS24 mkIIで使用されます。

    注記:編集したサンプルには、インストゥルメントエディタで正確に表示されない値が含まれる可能性があります。

ゾーン情報をアップデートする

Logic Pro Xのオーディオ・ファイル・エディタまたはApple製以外のサンプルエディタで編集したサンプルを保存して再び開くと、パラメータ領域に表示される「サンプル」や「ループ」の「開始」および「終了」の値が正確ではないことがあります。

  • 「ゾーン」メニューで「選択したゾーンの情報をオーディオファイルからアップデート」コマンドを選択します。

    オーディオファイルからループの設定や開始位置/終了位置の設定が直接読み込まれ、パラメータ領域に表示されるゾーンの設定が正しくアップデートされます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?