Logic Pro X: UltrabeatのMIDIコントローラA-Dを割り当てる

UltrabeatのMIDIコントローラA-Dを割り当てる

「midi controller assignment」領域で、4つの各コントローラスロット(Ctrl A、Ctrl B、Ctrl C、Ctrl D)に、メニューに表示される任意のMIDIコントローラを割り当てることができます。

図。「midi controller assignment」領域。

この割り当てを使って、Ultrabeatの「via」のモジュレーションソースを制御するように、外部MIDIコントローラハードウェア(スライダ、ノブ、アフタータッチ、またはMIDIキーボードのモジュレーションホイール)を設定できます。

コントローラを割り当てる

  • コントローラの「A」-「D」ポップアップメニューをクリックし、使用したいコントローラの名前または番号を選択します。

MIDIコントローラ割り当てを登録する

  1. 割り当てるコントロールのメニュー(Ctrl A-D)をクリックし、「Learn」項目を選択します。

  2. MIDIキーボードまたはMIDIコントローラユニット上でコントローラを動かします。

注記:適切なMIDIメッセージが20秒以内に受信されなかった場合、選択されたコントロールは前の値/割り当てに戻ります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?