Logic Pro X: EVOC 20 TrackOscillatorのフォルマントフィルタ

EVOC 20 TrackOscillatorのフォルマントフィルタ

EVOC 20 TrackOscillatorには「Analysis in」セクション用と「Synthesis in」セクション用に1つずつ、合わせて2つのフォルマント・フィルタ・バンクがあります。入力信号の全体的な周波数スペクトルは分析セクションで分析され、複数の周波数帯に均等に分割されます。各フィルタバンクでは、周波数帯を最大20まで制御できます。

フォルマント・フィルタ・ディスプレイは上下2つに分かれており、上半分が分析セクション、下半分が合成セクションに対応します。パラメータの値を変更するとフォルマント・フィルタ・ディスプレイに反映されます。これは、2つのフォルマント・フィルタ・バンクを通過する信号の状態を把握するのに役立ちます。

図。フォルマント・フィルタ・パラメータ。

フォルマント・フィルタ・パラメータ

  • 低域/高域周波数パラメータ: フィルタセクションを通過する周波数の下限と上限を設定します。それ以外の周波数成分は遮断されます。

    • 「Formant Stretch」および「Formant Shift」が使われていない場合、一番上にある横長の青いバーの長さは分析と合成の両方の周波数範囲を示します。青いバーをドラッグすると、周波数範囲の全体を移動できます。青いバーの両端にある銀色のハンドルを使用して、低域周波数と高域周波数の値をそれぞれ設定します。

    • 数値フィールド内をドラッグして、周波数の値を個別に調整することもできます。

  • 「lowest」ボタン: 最低のフィルタ帯域のモードをバンドパスまたはハイパスに切り替えます。バンドパスモードでは、最低帯域よりも高い周波数成分と低い周波数成分は無視されます。ハイパスモードでは、最低帯域より低いすべての周波数成分がフィルタ除去されます。

  • 「highest」ボタン: 最高のフィルタ帯域のモードをバンドパスまたはローパスに切り替えます。バンドパスモードでは、最高帯域よりも高い周波数成分と低い周波数成分は無視されます。ローパスモードでは、最高帯域より高いすべての周波数成分がフィルタ除去されます。

  • 「Formant Stretch」ノブ: 合成フィルタバンクのすべての帯域について、幅と配分を変更します。これは、高域/低域周波数パラメータで指定した値と同じ周波数範囲でなくてもかまいません。

    「Formant Stretch」の値が0の場合、下部の合成フィルタバンクの各帯域の幅は、上部の分析フィルタバンクの各帯域の幅と同じになります。値を低くすると合成バンクの各帯域の幅が狭まり、値を高くすると広がります。制御範囲は全帯域幅の比率として表されます。

  • 「Formant Shift」ノブ: 合成フィルタバンク内のすべての帯域を周波数スペクトルの上または下に移動します。

    「Formant Shift」の値が0であれば、合成フィルタバンクの帯域の位置は、分析フィルタバンク内の各帯域の位置と同じになります。正の値を指定すれば分析フィルタバンクの帯域に比べて合成フィルタバンクの中心周波数が高くなり、負の値ならば低くなります。

    「Formant Stretch」と「Formant Shift」を組み合わせると、最終的なボコーダー音のフォルマント構成が変わり、面白い音質の変化が得られます。たとえば、話し声の信号に対して「Formant Shift」の値を大きくすると、ミッキーマウスのような声になります。

    「Formant Stretch」および「Formant Shift」は、合成信号の周波数スペクトルが分析信号の周波数スペクトルと対応していない場合に特に有用です。たとえば、主として低域の信号を変調する分析信号を使って、高域の合成信号を生成するようなことも可能です。

    注記:「Formant Stretch」および「Formant Shift」パラメータを使用した場合、「Resonance」設定が高いと、極端にずれたレゾナンス周波数が生じることがあります。

  • 「Resonance」ノブ: ボコーダーの基本的な音響特性を変更します。値が小さいほど柔らかい響き、大きいほどとげとげしく鋭い響きになります。技術的には、各周波数帯域の中心周波数付近を強調する、という処理を行っています。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?