Logic Pro X: AutoFilterの出力

AutoFilterの出力

出力のパラメータを使うと、ウェットとドライのバランス設定や、全体のレベルの設定ができます。

出力パラメータ

  • 「Dry Signal」スライダ/フィールド: フィルタ済み信号に加えるオリジナルのドライ信号の量を設定します。

  • 「Main Out」スライダ/フィールド: 全体の出力レベルを設定します。ディストーションやフィルタリング処理自体の結果として上昇したレベルが補正されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?