Logic Pro X: EXS24 mkIIのクロスフェードパラメータ

EXS24 mkIIのクロスフェードパラメータ

クロスフェード(「Xfade」)パラメータを使うと、隣接するベロシティ範囲のレイヤー化されたサンプル(EXS24 mkIIのゾーンとも呼ばれます)間でクロスフェードを設定できます。

サンプルをゾーンに割り当てる際、そのゾーンをトリガする最小および最大のMIDIノートベロシティを設定できます。この最小値から最大値までの領域をゾーンのベロシティ範囲と呼びます。同じキーボードノートでゾーン(さまざまなサンプル)をレイヤー化して、異なるベロシティで演奏することで個別にゾーンをトリガすることができます。たとえば、MIDIノートA#2にレイヤー化された2つのサンプル(ゾーン1とゾーン2)があるとします:

  • ゾーン1は、スネアドラムを中心からやや外して軽く叩いたサンプルです。MIDIノートのベロシティ範囲は24-90に設定されています。

  • ゾーン2は、スネアドラムのヘッドの中心を強く叩いたサンプルです。ベロシティ範囲は91-127に設定されています。

この例では、ゾーン1のベロシティ範囲の最大値およびゾーン2のベロシティ範囲の最小値は隣接しています。ノートA#2を演奏したときのベロシティが90より上または下であれば、トリガされる各サンプルがはっきりと聞こえます。この遷移を緩やかにするため、クロスフェードパラメータを使用して、各ゾーンをスムーズにフェードすることができます。隣接したゾーンにまったく性格の異なるオーディオサンプルを割り当てているような場合は、クロスフェード機能によってよりリアルなサウンドのサンプラー音源を作成できます。

図。クロスフェードパラメータ。

クロスフェード(Xfade)パラメータ

  • 「Amount」フィールド: レイヤー化された各ゾーンに均等な値を適用することで、すべてのゾーンのベロシティの範囲を拡大します。クロスフェードは、ベロシティの範囲の拡大された部分で行われます。「Amount」パラメータを0に設定すると、ゾーンからゾーンへ切り替わります。

  • 「Type」ポップアップメニュー: ベロシティのクロスフェードに使用する曲線のタイプを選択します。

    • dB lin(dB linear): ゾーン間で対称的にクロスフェードする対数曲線

    • linear(gain linear): 終わりに近付くにつれて急速に音量がフェードする、凸状のクロスフェード曲線

    • Eq.Pow(equal power): 最初にレベルが急速に上昇する、ノンリニア曲線。クロスフェードの中間あたりで音量が減少してしまう場合に効果的です。

サンプルをリアルタイムでスムーズに切り替える

Sample Selectに割り当てられた連続モジュレーションソース(モジュレーションホイールなど)を使用することで、ベロシティ範囲の異なるレイヤー化されたサンプルを切り替えることができます。クロスフェード量を調整することで、レイヤーをスムーズに切り替えることができます。

複数のベロシティレイヤーにマッピングされたサンプルを含むインストゥルメントで:

  1. 使用されていないモジュレーションルーティングで、「Dest」(デスティネーション)ポップアップメニューから「S. Select」を選択します。

  2. 「Src」(ソース)ポップアップメニューから、MIDIコントローラ1、モジュレーションホイールなどのモジュレーションソースを選択します。

  3. 「Xfade」の「Amount」を、レイヤーが最もスムーズに切り替わる値に設定します。サンプルレイヤーがただちに切り替わる値を選択することもできます。

  4. 「Xfade」の「Type」は、インストゥルメント・サンプル・レイヤーの切り替え方法に最適なものを設定してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?