Logic Pro X: Scripterプラグインを使う

Scripterプラグインを使う

Scripterプラグインを使用すると、出荷時のスクリプトまたはユーザが作成したスクリプトを読み込んで、リアルタイムでMIDIデータを処理または生成できます。この環境で作成されたプラグインはプログラミングについての知識がなくても使用できますが、プラグインの表示や変更は内蔵のスクリプトエディタで行います。設定やパッチとして、またはコンサートやプロジェクトファイルの一部としてプラグインを作成し保存すると、ほかのプラグインと同様に使用できるようになります。作成済みのScripterプロセッサも数多く備わっています。

プログラミングの知識をお持ちであれば、独自のMIDIプラグインを作成できます。スクリプトエディタを使うを参照してください。

重要:Scripterを使用するには、「詳細環境設定」パネルで「詳細ツールを表示」を有効にする必要があります。Scripterプラグインで使用されるJavaScriptのバージョンは、システムにインストールされているJavaScriptCoreフレームワークのバージョンによって決まります。最大限の互換性を確保するため、最新のソフトウェア・アップデートをインストールしてください。

Scripterプラグインにはグローバルパラメータが1つあります。実行中のJavaScriptスクリプトによって定義されたその他のパラメータは、グローバルパラメータの下に表示されます。

図。Scripterウインドウ。
  • 「Open Script in Editor」ボタン: スクリプトエディタウインドウを開きます。

    独自のスクリプトを記述することも、ほかのソースからこのウインドウにスクリプトをペーストすることもできます。

作成済みのScripterプロセッサを読み込む

以下のいずれかの操作を行います:

  • プラグインウインドウのヘッダから設定を読み込みます。

  • ライブラリからパッチを読み込みます。

  • チャンネルストリップの「設定」ポップアップメニューまたはライブラリからチャンネルストリップの設定を読み込みます。

  • 実行中のスクリプトと共にScripterプラグインが含まれているプロジェクトまたはコンサートを読み込みます。

    アクティブなスクリプトを設定やパッチとして手動で保存する必要はありません。プロジェクトまたはコンサートを保存すると、すべてのScripterプラグインのスクリプトと状態が保持されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?