Logic Pro X: Surround Compressorの「Link」パラメータ

Surround Compressorの「Link」パラメータ

Surround Compressorの「Link」パラメータにはグループ別のチャンネルコントロールがあります。

図。「Link」セクション。

「Link」パラメータ

  • 「Circuit Type」ポップアップメニュー: Surround Compressorでエミュレートする回路の種類を選択します。「Platinum」、「Classic A_R」、「Classic A_U」、「VCA」、「FET」、「Opto」(オプティカル)の中から選択できます。

  • 「Group」ポップアップメニュー: 各チャンネルのグループを設定します。「A/B/C」、またはグループに含まれないことを示す「-」の中から選択できます。グループ化されたいずれかのチャンネルのしきい値または出力レベルスライダを動かすと、そのグループに割り当てられたすべてのチャンネルのスライダが移動します。

    ヒント:Commandキー+Optionキーを押したまま、グループ化されたチャンネルのしきい値または出力レベルスライダを動かすと、一時的にそのチャンネルをグループからリンク解除できます。これにより、目的とするサラウンドイメージに必要なサイドチェーン検出のリンクを保ったまま、しきい値を個別に設定できます。

  • 「Byp」(バイパス)ボタン: チャンネルをバイパスします。チャンネルがグループに属している場合、グループのすべてのチャンネルがバイパスされます。

  • 「Detection」ポップアップメニュー: しきい値を超えているか下回っている信号の種類を選択します。「Max」にすると、各信号の最大レベルが使用されます。「Sum」にすると、すべての信号の合計レベルが使用されます。

    • 「Max」を選択した場合、いずれかのサラウンドチャンネルがしきい値を超えるか下回ると、そのチャンネル(またはグループ化されたチャンネル)は圧縮されます。

    • 「Sum」を選択した場合は、すべてのチャンネルの合計レベルがしきい値を上回らない限り、圧縮が実行されません。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?