Logic Pro X: Pedalboardの概要

Pedalboardの概要

「Pedalboard」は、有名な数々の「ストンプボックス」ペダルエフェクトのサウンドをシミュレートします。複数のストンプボックスを組み合わせて、任意のオーディオ信号を処理できます。

ペダルは追加、削除、並べ替えができます。信号はペダル領域を左から右へ流れます。スプリッターおよびミキサーユニットを伴う2つの個別のバスを追加すると、サウンドデザインを試したり、信号経路の任意の位置で正確に信号を制御したりすることができます。

すべてのストンプボックス、スイッチ、スライダは自動化できます。8つのマクロコントロールによって、MIDIコントローラを使って任意のペダルパラメータをリアルタイムで変更できます。

図。Pedalboardウインドウ。主なインターフェイス領域が表示されている。
  • ペダルブラウザ: すべてのペダルエフェクトとユーティリティが表示されます。これらをペダル領域にドラッグすると信号経路に組み込まれます。ペダルブラウザを使うを参照してください。このインターフェイス領域は、通常とは別の読み込みモードにも使われます。

  • ペダル領域: ここでは、エフェクトの順序を決めたり、エフェクトパラメータを設定したりできます。ここでストンプボックスの追加、置き換え、削除ができます。ペダル領域を使うを参照してください。

  • ルーター: Pedalboardで使用できる2つのエフェクトバス(「Bus A」と「Bus B」)での信号の流れを制御するために使います。Pedalboardのルーターを使うを参照してください。

  • マクロコントロール: 8つのMIDIコントローラの割り当てに使います。これらのMIDIコントローラを使って、リアルタイムで任意のストンプボックスパラメータを操作できます。Pedalboardのマクロコントロールを使うを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?