MacのためのKeynote: Keynoteプレゼンテーションで行間隔を調整する

Keynoteプレゼンテーションで行間隔を調整する

テキストの行間隔を調整したり、段落の前後の間隔を変更したりできます。行区切りを追加して、テキストを次の行に送ることもできます。

行間隔を調整する

  1. テキストを選択するか、変更したいテキストを含むテキストボックスまたは図形をクリックします。

    表のセル、行、または列を選択することもできます。

  2. 「フォーマット」  サイドバーの「テキスト」タブをクリックしてから、サイドバーの上部付近にある「スタイル」ボタンをクリックします。

  3. 以下のいずれかを実行します:

    • 標準的な間隔を適用するには、「間隔」の右側にあるポップアップメニューをクリックしてから、オプションを選択します。

      「間隔」ポップアップメニュー。「1行」や「2行」などのオプションが表示された状態。

      これらのオプションが表示されない場合は、「間隔」の横にある開閉用三角ボタンをクリックすると表示されます(開閉用三角ボタンは閉じます)。

    • 間隔を詳細に調整したい場合は、「間隔」のにあるポップアップメニューをクリックしてから、オプションを選択します(「間隔」の下にポップアップメニューが表示されない場合は、開閉用三角ボタンをクリックして展開してください):

      • 行: アセンダ(行から上の文字部分)とディセンダ(行から下の文字部分)の距離は同じ距離に保たれます。行間隔は、フォントサイズに比例して決まります。

      • 最小値: 行間隔は一定に保たれます(ただし、テキストが大きくなったときに、行は重なり合いません)。行間隔が指定値よりも狭くならないように、行間隔が調整されます。ただし、フォントサイズが大きくなった場合は、テキスト行が重なり合わないように行間隔も広げられます。

      • 固定値: テキストのベースラインの正確な間隔を設定します。これにより、ある程度重なる場合があります。

      • 行間値: 行間隔を、設定した値だけ大きくします。行の高さは大きくなりません。これに対し、たとえば「2行」は、各行の高さを2倍にします。

  4. 間隔フィールドの横の矢印をクリックすると、選択したオプションの間隔の量が設定されます。

  5. 選択した段落の前後の間隔を調整するには、「段落の前」および「段落の後」の矢印をクリックします。

テキストを次の行に送る

  1. テキスト内で区切りを置く位置をクリックします。

  2. 画面上部の「挿入」メニューで、「挿入」>「行区切り」と選択します。

公開日: 2019/07/03
役に立ちましたか?