MacのためのKeynote: 方程式を追加する/編集する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
方程式を追加する/編集する

LaTeXまたはMathML(数学表記を記述するためのマークアップ言語)を使用して数式を作成し、プレゼンテーションに挿入することができます。

サポートされているLaTeXコマンドまたはMathML要素の使用については、Appleのサポート記事「PagesおよびiBooks AuthorでのLaTeXとMathMLの対応について」を参照してください。

  1. LaTeXコマンドまたはMathML要素を使用して、フィールドに数式または方程式を入力したり、別のソースからコピー&ペーストしたりします。

    フィールドの下に、方程式のプレビューが表示されます。プレビューが空白であるか、エラーが表示される場合は、方程式が正しいかどうか確認してください。

    LaTeXを使用して書き込まれた二次方程式の解の公式がテキストフィールドに、方程式のプレビューがその下に表示されます。
  2. 右下隅にある「挿入」ボタンをクリックします。

    スライドの中央に方程式が表示されます。方程式を移動、サイズ変更、コピー、または削除できます。

  3. 方程式を編集するには、方程式をダブルクリックして、「方程式を編集」フィールドで変更を加えてから、「アップデート」をクリックします。

公開日: 2019/07/03
役に立ちましたか?