Keynote for iPhone: Keynoteで数学の方程式を追加する

Keynoteで数学の方程式を追加する

数式および方程式をフローティングオブジェクトとしてスライドに追加することができます。方程式を追加するには、Keynoteの方程式ダイアログ内で LaTeX コマンドまたは MathML 要素を使用して方程式を作成してから、その方程式をプレゼンテーションに挿入します。

方程式をテキストボックスや図形に追加して、テキストと一緒にインラインで配置することもできます。

LaTeXまたはMathMLで方程式を追加する

  1. 以下のいずれかを実行します:

    • テキストと一緒にインラインで方程式を配置する: テキストボックスまたは図形内に挿入ポイントを置くか、方程式で置き換えるテキストを選択します。

    • 自由に移動できるように方程式を配置する: スライドの外側をタップして、何も選択されていないことを確認します。

  2. 「挿入」ボタン をタップし、「メディア」ボタン をタップしてから、「方程式」をタップします。

  3. キーボードおよびキーボードの上にある記号を使用して、LaTeX方程式またはMathML方程式を入力します。

    「方程式」ダイアログ。LaTeXコマンドを使用して書き込まれた二次方程式の解の公式が表示され、その上に公式のプレビューが表示されています。

    サポートされるLaTeXコマンドまたはMathML要素および属性については、Appleのサポート記事「PagesおよびiBooks AuthorでのLaTeXとMathMLの対応について」を参照してください。

  4. 「挿入」をタップします。

  5. 方程式をドラッグして、スライド上での位置を調整します。

LaTeXまたはMathMLで方程式を編集する/削除する/移動する

方程式を追加した後で変更することができます。

  • 方程式を編集する: 方程式をダブルタップし、変更を加えてから「アップデート」をタップします。

  • 方程式を移動する: 方程式をタップし、スライド上またはテキスト内の新しい位置へドラッグします。

  • 方程式のサイズおよびカラーを変更する: 方程式をタップし、「フォーマット」ボタン をタップしてから、「スタイル」タブまたは「配置」タブをタップします。方程式の周りにあるハンドルをタップしてドラッグすることでサイズを変更することもできます。

  • 方程式をコピーする: 方程式をタップし、「コピー」をタップし、方程式を置きたい場所をタップしてから、「ペースト」をタップします。

  • 方程式を削除する: 方程式をタップしてから、「削除」をタップします。

  • テキストと一緒にインラインでフローティング方程式を移動する: スライド上の方程式をカットして、テキストボックスまたは図形内にペーストします。詳しくは、「テキストボックスまたは図形内にオブジェクトを配置する」を参照してください。

公開日: 2019/07/05
役に立ちましたか?