Pages for iPad: Pages書類に描画を追加する/編集する

Pages書類に描画を追加する/編集する

Apple Pencilや指を使って書類内で描画を作成してから、移動したりサイズを変更したりできます。

描画ツール。ペン、鉛筆、クレヨン、塗りつぶしツール、消しゴム、選択ツールと、現在の色を示すウェルが表示されています。

注記:Apple Pencilを使って注釈を付けたり描画したりするのではなく、オブジェクトを選択したり、スクロールしたりしたい場合は、「詳細」ボタン をタップし、「Apple Pencil」をタップしてから、「選択とスクロール」をオンにします。お使いのApple Pencilでサポートされている場合は、「ダブルタップして切り替え」をオンにしてから、Apple Pencilの下の部分をダブルタップして「選択とスクロール」のオン/オフを切り替えることができます。

描画を追加する

  1. 以下のいずれかを実行します:

    • Apple Pencilを使う: Apple Pencilでページ上の好きな場所をタップして、画面下部の「描画」をタップします。文書作成書類では、描画を追加したい場所をタップします(ページレイアウト書類では、ページ上の好きな場所で描画できます)。

    • 指を使う: 「挿入」ボタン をタップし、「メディア」ボタン をタップしてから、「描画」をタップします。文書作成書類では、描画できる領域がページ上に表示されます(ページレイアウト書類では、ページ上の好きな場所で描画できます)。

  2. ページ上の好きな場所または描画領域に描画します。描画中は、いつでも以下の操作を行うことができます:

    • 描画ツールを切り替える: 画面下部のツールをタップします。もう一度ツールをタップすると、さらに多くのオプションが表示されます。

    • 色を変更する: 画面下部で現在の色をタップしてから、新しい色をタップします。左にスワイプすると、色を微調整するツールが表示されます。

    • 描画の一部の色を変更する: 選択ツールをタップし、ドラッグして描画の一部を囲んで選択します。画面下部で現在の色をタップしてから、新しい色をタップします。左にスワイプすると、色を微調整するツールが表示されます。

    • 描画領域のサイズを変更する: オレンジ色のドットをドラッグします。

    • 色の不透明度を調整する: ペン、鉛筆、クレヨン、または塗りつぶしツールを使用している場合は、そのツールをタップして、スライダをドラッグします。

    • 線のサイズ(太さ)を調整する: ペン、鉛筆、クレヨン、または消しゴムを使用している場合は、そのツールをタップして、線のサイズをタップします。

      線のサイズを選択するコントロールと、不透明度を調整するスライダ。
    • 領域を色で塗りつぶす: 塗りつぶしツールをタップしてから、領域をタップします。色で塗りつぶしされている図形を描画するには、塗りつぶしツールをタップしてから、図形を描画します。

    • 線を消す: 消しゴムツールをタップし、消しゴムツールをもう一度タップして、「線を消去」ボタン をタップしてから、線をタップします。

    • 描画の一部を複製する: 選択ツールをタップし、ドラッグして描画の一部を囲んで選択してから、「複製」をタップします。

    • ページをスクロールする: 2本の指でスワイプします。Apple Pencilを使用している場合は、1本の指でスワイプします。

  3. 「終了」をタップします。

描画をドラッグして移動します。サイズを変更するには、指でタップしてから、青いドットをドラッグします。

ページレイアウト書類で描画を続けるには、Apple Pencilを使ってページ上で描画を始めます。最後に使用したのが描画表示の場合、自動的に描画表示になります。最後に使用していた表示が分からない場合は、Apple Pencilでページをタップして(マークは付きません)、画面下部で選択されているボタンを確認します。文書作成書類で描画を編集するには、指でダブルタップするか、最後に描画表示を使用していた場合は、Apple Pencilでタップします。

描画を部品に分離する

描画を個別のオブジェクトに分離して、別々に移動したり、サイズを変更したり、削除したりできます。

  1. 描画を指でダブルタップします。

  2. 選択ツールをタップしてから、分離したい描画の部品をドラッグして囲みます。

  3. 「分離」をタップします。

このプロセスを繰り返し実行して、描画を複数のオブジェクトに分離することができます。

描画を結合する

描画を結合して1つのオブジェクトとしてまとめると、全体をまとめて移動したりサイズを変更したりできるようになります。

  1. オブジェクトをタッチして押さえたまま、別の指でほかのオブジェクトをタップします。

  2. 「結合」をタップします。

描画をアニメートする

描画をアニメートすることで、書類内で描画されているように見えます。

  1. アニメートしたい描画をタップして選択します。

  2. 「フォーマット」ボタン をタップし、「描画」をタップしてから、「描画をアニメート」をオンにします。

  3. 必要に応じて以下の操作を実行します:

    • アニメーションの再生時間を調整する: 「継続時間」スライダをドラッグします。

    • アニメーションを繰り返し再生する: 「再生の繰り返し」をオンにします。

    • アニメーションをプレビューする: 「再生」をタップします。

書類内のアニメーションを再生するには、描画を選択してから「描画を再生」をタップします。

書類をEPUBフォーマットで書き出すと、アニメーションはビデオに変換されます。リフロー型EPUB書類では、ビデオの背景は白色です。固定レイアウトのEPUB書類では、ビデオの背景はPagesの背景と同じです。詳しくは、Word、PDF、または別のファイルフォーマットに書き出すを参照してください。

描画を共有する/保存する

描画はイメージとして共有または保存できます。アニメートされた描画はビデオとして保存することもできます。

  1. 書類内で、描画をタップしてから、「共有」をタップします。

  2. 描画がアニメートされている場合は、「イメージとして共有」をタップするとイメージとして共有または保存され、「ムービーとして共有」をタップするとビデオとして共有または保存されます。

  3. 以下のいずれかを実行します:

    • 共有: 描画を送信する方法をタップします。

    • 保存: 「写真」に保存するには、「イメージを保存」または「ビデオを保存」(アニメートされた描画をビデオとして保存したい場合)をタップします。「ファイル」に保存するには、「ファイルに保存」をタップします。

書類に注釈を付けてマークアップすることもできます。詳しくは、注釈を追加するを参照してください。

公開日: 2019/08/02
役に立ちましたか?