MacのためのKeynote: プレゼンテーションのファイルサイズを縮小する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
プレゼンテーションのファイルサイズを縮小する

プレゼンテーションにイメージ、オーディオ、またはビデオファイルが含まれている場合、送信、投稿、または共有しやすくするためにファイルサイズを縮小できます。

元のプレゼンテーションを恒久的に変更したくない場合は、より小さなサイズでコピーを保存できます。

  1. 以下のうち、行いたい調整を選択します:

    • 大きいイメージを縮小: イメージは、表示品質を保持しながらプレゼンテーションの解像度に合わせて調整されます。たとえば、プレゼンテーションに写真を追加し、サイズを縮小した場合、このオプションを選択すると未使用のイメージデータが削除されます。

      注記:このチェックボックスを選択するかどうかにかかわらず、イメージがiOSデバイスで表示されないフォーマットの場合、表示可能なフォーマットに自動的に変換されます。

    • ムービーとオーディオのトリミングした部分を削除: ムービーまたはオーディオクリップの先頭または末尾を(「フォーマット」サイドバーのコントロールを使って)トリミングした場合、トリミングした部分が削除されます。

    • 最高の互換性(H.264): プレゼンテーション内のムービーは、ほとんどのiOSデバイスおよびMacコンピュータで再生されるH.264フォーマットに変換されます。

    • 高効率(HEVC): このフォーマットオプションは、macOS 10.13以降を使用していて、MacがHEVCのハードウェアエンコードに対応している場合にのみ表示されます。HEVCフォーマットのムービーは、最小のファイルサイズで最高の品質を実現していますが、iOS 11以降が搭載されたデバイス、およびmacOS 10.13以降が搭載されたMacコンピュータでのみ再生できます。

      macOS 10.13以降とKeynote 8.0以降を使用していて、このオプションを選択した場合、サイズが縮小されたプレゼンテーションまたはコピーに後でHEVCファイルを追加できます。

      注記:H.264およびHEVCはアルファチャネルに対応していないため、透明度は黒の背景に変換されます。

    • 元のフォーマットを保持: この設定を選択すると、現在のムービーフォーマットが保持されます。この場合、iOSと互換性のないフォーマットのムービーは最適化されず、そのためiOSデバイスでは再生されません。

    • ムービーの品質: ムービーの最大解像度を設定します。最大解像度より解像度が低いムービーは拡大されません。

  2. 以下のボタンをクリックして調整を適用します:

    • このファイルを縮小: 元のプレゼンテーションに設定を適用します。

    • コピーを縮小: プレゼンテーションのコピーに設定を適用し、元のプレゼンテーションを保持します。プレゼンテーションの名前を入力し、コピーの保存先を選択してから、「保存」をクリックします。

注記:選択したオプションの組み合わせによっては、ファイルサイズが大きくなる場合があります。

公開日: 2019/07/03
役に立ちましたか?