MacのためのKeynote: ムービーおよびイメージを最適化する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
ムービーおよびイメージを最適化する

これらの設定は、これ以降に追加するムービーとイメージにのみ適用され、プレゼンテーション内の既存のムービーとイメージには適用されません。

  1. 互換性のないムービーやイメージをiOS用に変換するには、「ムービーおよびイメージをiOS用に最適化」チェックボックスを選択します。

    この環境設定を選択すると、プレゼンテーションに追加した互換性のないムービーとイメージがiOS互換のフォーマットに変換されます。デフォルトでは、ムービーは、ほとんどのiOSデバイスおよびMacコンピュータで再生されるH.264フォーマットに変換されます。

  2. 「メディアを追加」の下にある「ムービー設定」ボタンをクリックしてから、以下の環境設定のいずれかを選択します:

    • ムービーフォーマット: macOS 10.13以降を使用していて、MacがHEVCのハードウェアエンコードに対応している場合、H.264またはHEVCのいずれかのフォーマットを選択できます。HEVCフォーマットのムービーは、最小のファイルサイズで最高の品質を実現していますが、iOS 11以降が搭載されたデバイス、およびmacOS 10.13以降が搭載されたMacコンピュータでのみ再生できます。

    • ムービーの品質: ムービーの最大解像度を選択します。最大解像度より解像度が低いムービーは、プレゼンテーションに追加したときに拡大されません。

注記:H.264およびHEVCはアルファチャネルに対応していないため、透明度は黒の背景に変換されます。

公開日: 2019/07/03
役に立ちましたか?