Compressor: MXF

MXF

Final Cut Pro X、Motion、Compressor 用の Pro Video Formats をインストールすると、「設定」パネルの「カスタム」領域に「MXF」設定が表示されます。

MXF(Material eXchange Format)は、(QuickTime のように)ビデオメディアまたはオーディオメディアを保持するメタデータ「ラッパ」または「コンテナ」です。このメタデータには、圧縮の種類、フレームレート、フレームサイズ、作成日のほか、カメラオペレータ、アシスタント、アーカイブ担当者などが作成したカスタムデータなど、内包されているメディアの属性が含まれます。

「MXF」設定では、AVC-Intra、D-10/IMX、Apple ProRes、XDCAM HD などの圧縮の種類を選択できます。

注記:「MXF」トランスコードフォーマットを使用するカスタム設定を作成することもできます。

「MXF」設定のプロパティは、「一般」インスペクタ、「ビデオ」インスペクタ、「オーディオ」インスペクタ(後述)にあります。

設定の概要

設定名、トランスコードフォーマット、出力ファイルの予想サイズが表示されます。ジョブに設定を追加するか、設定のプロパティを変更すると、この概要は自動的にアップデートされます。

一般のプロパティ

  • 名前:設定の名前が表示されます。

  • 説明:設定の説明が表示されます。

  • 拡張子:出力ファイルの拡張子(.mxf)が表示されます。

  • ジョブのセグメント化を許可:分散処理の構成になっている場合は、このチェックボックスを選択すると、共有コンピュータのグループを使って出力ファイルが処理されます。詳しくは、複数のコンピュータでバッチをトランスコードするを参照してください。

  • デフォルトの場所:ポップアップメニューから、トランスコードしたファイルのデフォルトの保存先を選択します。

  • フォーマット:このポップアップメニューを使って、出力にビデオとオーディオを含めるか、またはビデオのみを含めるかを指定します。

  • ネットワーク用に最適化:このチェックボックスを選択すると、ネットワークからファイルの一部のみがダウンロードされた時点で再生が始まるようになります。

リタイミング

「リタイミング」領域には 1 つのプロパティがあります:

  • 継続時間の設定:トランスコード処理時にフレームレートの調整に使用する処理アルゴリズムを設定します。以下のいずれかのオプションを選択します:

    • [パーセント値](ソースに対する割合):出力クリップの速度をソースクリップの速度のパーセント値で変更します。パーセント値フィールドに値を入力するか、横のポップアップメニュー(下向き矢印)からプリセット値を選択します。

    • [合計継続時間]:クリップの継続時間を設定します。フィールドに継続時間をタイムコードで入力するか、矢印をクリックして時間を増減します。

    • ソースフレームが [フレームレート] fps で再生されるようにする:クリップの再生速度を非破壊で変更します。フレームが増減されることはありません。この設定は、「ビデオ」インスペクタの「フレームレート」プロパティでソースファイルのフレームレートとは異なる値を指定した場合にのみ効果があります。たとえば、フレームレートが 24 fps で継続時間が 10 秒のソースファイルを「Compressor」に追加して、「ビデオ」インスペクタで「フレームレート」プロパティを 25 fps に設定し、「一般」インスペクタで「ソースフレームが 25 fps で再生されるようにする」を選択した場合、トランスコードされたクリップ(25 fps)の継続時間は 9 秒と 15 フレームになります。

    詳しくは、ビデオおよびオーディオをリタイミングするを参照してください。

ビデオのプロパティ

  • フレームサイズ:このポップアップメニューを使って、出力ファイルの自動計算されるフレームサイズ(解像度)を設定します。(選択できるオプションは、「ビデオのプロパティ」領域のほかの設定によって異なります。)詳しくは、フレームサイズの変更の概要を参照してください。

  • ピクセルのアスペクト比:イメージのフレームの幅と高さの比が表示されます。

  • フレームレート:このポップアップメニューを使って、出力ファイルの再生レート(1 秒当たりに表示されるイメージ数)を設定します。詳しくは、リタイミングのオプションの概要を参照してください。

  • フィールドの順番:「フォーマット」ポップアップメニュー(後述)で選択した解像度オプションに基づいて、フレームのスキャン方法(「プログレッシブ」「上を優先」、または「下を優先」)が表示されます。

  • 色空間:このポップアップメニューを使って、ソースメディアを新しい色空間に変換します。適用した設定に基づいて最適な色空間が自動的に選択されるようにするには、「自動」を選択します。(選択した圧縮方法によっては、ビデオを広色域にトランスコードできる場合があります。詳しくは、広色域と HDR についてを参照してください。)

  • 圧縮:このポップアップメニューを使って、トランスコード方法を選択します。

  • フォーマット:このポップアップメニューを使って、解像度のフォーマット(1080p、1080i、2K、4K など)を選択します。ここで変更を行うと、「ビデオ」インスペクタのその他のプロパティが変更されることがあります。

  • アスペクト比:このポップアップメニューを使って、標準アスペクト比を選択します。ここで変更を行うと、「ビデオ」インスペクタのその他のプロパティが変更されることがあります。

  • タイムコード開始:このポップアップメニューを使って、出力ファイルの強制的なタイムコードの開始点を設定します。「自動」オプションを選択すると、ソースファイルのデフォルトのタイムコード(通常は 00:00:00:00)が使用されます。その他のオプションを選択すると、タイムコードの開始が 1 時間または 10 時間に設定されます。

  • ドロップフレーム:「フレームレート」が 29.97 fps または 59.94 fps に設定され、かつ「タイムコード開始」が 00:00:00:00、01:00:00:00、または 10:00:00:00 に設定されている場合に選択できます。タイムコードを再生時のリアルタイムの継続時間に強制的に同期させるには、このチェックボックスを選択します。

クロップとパディング

クロップとパディングのプロパティでは、最終的なクロップ、サイズ調整、アスペクト比をカスタマイズできます。クロップでは、イメージからビデオコンテンツを切り取ることができます。パディングでは、出力イメージのフレームサイズを維持しながらイメージを縮小できます。これらのプロパティについて詳しくは、フレームサイズの変更の概要を参照してください。

  • クロップ:このポップアップメニューを使って、出力イメージのサイズを設定します。「カスタム」オプションを選択した場合は、フィールドに値を入力して独自のイメージサイズを指定できます。その他のオプションでは、所定のサイズが使用されます。「ソースのレターボックスエリア」メニュー項目を選択すると、イメージのエッジが検出されて、それに一致するクロップ値が自動的に入力されます。この設定は、ソース・メディア・ファイルのレターボックス領域(ワイドスクリーンイメージの上下の黒いバー)を切り取りたい場合に便利です。

  • パディング:カスタム」オプションを選択した場合は、フィールドに値を入力して独自の縮小サイズを指定できます。「カスタム」オプションを選択した場合は、フィールドに値を入力して独自の縮小サイズを指定できます。その他のオプションでは、所定のサイズが使用されます。

品質

以下のプロパティでは、フレームのサイズ変更、クリップのリタイミング、デインターレースなど、イメージ解析に関する設定を指定します:

  • サイズ変更のフィルタ:このポップアップメニューを使って、サイズの変更方法を設定します。以下のオプションがあります:

    • 直近ピクセル(最速):イメージのサイズを変更するときに、直近の隣接ピクセルがサンプリングされます。このオプションでは処理時間が最短になりますが、エイリアスアーティファクトが生じたりエッジがぎざぎざになったりする可能性が高くなります。

    • リニア:重みの直線分布を使って、隣接ピクセル値が平均化されます。このオプションを選択すると、「直近ピクセル」よりもエイリアスアーティファクトが少なく、処理時間がやや長くなります。

    • ガウス:重みのガウス分布を使って、隣接ピクセル値が平均化されます。このオプションを選択すると、処理時間と出力品質という、相反する要素のバランスおよび優先順位が中程度になります。

    • Lanczos2:切断 sinc 関数を使って、隣接ピクセル値が平均化されます。このオプションでは「ガウス」よりも時間がかかりますが、結果がよりシャープになります。

    • Lanczos3:「Lanczos2」と同様ですが、より多くのピクセル値が平均化されます。このオプションでは「Lanczos2」よりも時間がかかりますが、結果が改善されることがあります。

    • バイキュービック:バイキュービック関数を使って、隣接ピクセル値が平均化されます。処理時間と出力は「Lanczos2」および「Lanczos3」とほぼ同様です。

    • アンチエイリアス(最高品質):出力品質は最高になりますが、処理にかなり時間がかかることがあります。

  • リタイミングの品質:このポップアップメニューを使って、リタイミングの方法を設定します。以下の 4 つのオプションがあります:

    • 高速(直近フレーム):直近の隣接フレームを使って、フレームが線形に補間されます。

    • 標準品質(フレームブレンディング):フィルタを使って隣接フレームがブレンドされ、高品質な補間が生成されます。

    • 最高品質(動き補正):隣接フレーム間の移動領域を使用して補間するオプティカルフローを使って、高品質な出力が生成されます。

    • リバーステレシネ:テレシネ処理でフィルムの 24 fps から NTSC の 29.97 fps に変換する際に追加された余分なフィールドを削除します。この項目を選択すると、ほかの品質コントロールがすべて無効になります。詳しくは、リバーステレシネについてを参照してください。

  • 適応の詳細:このチェックボックスを選択すると、出力時に高度なイメージ解析によってノイズ領域とエッジ領域が区別されます。

  • アンチエイリアスレベル:出力イメージの柔らかさを設定します。柔らかさを高めるには、値をダブルクリックして新しい値を手動で入力するか、スライダを右にドラッグします。このプロパティを使うと、メディアを拡大するときの変換品質を高めることができます。たとえば、SD ビデオを HD にトランスコードする場合、イメージにぎざぎざに表示されるエッジがあってもアンチエイリアスで滑らかになります。

  • 詳細レベル:出力イメージの細部のシャープネスを設定します。このコントロールを使うと、イメージを拡大したときに細部を維持できます。値を設定するには、値をダブルクリックして新しい値を入力するか、スライダをドラッグします。ほかのシャープニング操作とは異なり、「詳細レベル」プロパティではノイズと輪郭の細部が区別されるため、通常は必要以上に画像が粗くなることはありません。この値を大きくすると、エッジがぎざぎざになることがありますが、「アンチエイリアスレベル」スライダを上げれば解消できます。

  • ディザリング:選択すると、サイズが大きく邪魔に感じられるカラーバンディングなどのパターンを防止するために、特定の種類のノイズがイメージに追加されます。レンダリング後にイメージのノイズが多すぎる場合は、このチェックボックスの選択を解除します。

ビデオエフェクト

使用できるビデオエフェクト、およびビデオエフェクトを設定に追加する方法については、エフェクトを追加する/削除するを参照してください。

オーディオのプロパティ

  • チャンネルレイアウト:このポップアップメニューを使って、オーディオ・チャンネル・レイアウトを設定します。

  • サンプルレート:ミュージックの波形(サンプル)をデジタル化してキャプチャする 1 秒当たりの回数です。サンプルレートが大きいとオーディオ品質は高くなりますが、ファイルサイズは大きくなります。すべての「MXF」設定で、この値は 48 kHz に固定されます。

  • サンプルサイズ:このポップアップメニューを使って、オーディオ信号のサンプルサイズを設定します。

  • チャンネル:このポップアップメニューを使って、オーディオチャンネルの配分を設定します。次の 2 つのオプションがあります:

    • 複数のモノトラック:書き出されるファイルで、オーディオチャンネルごとに個別のトラックが使用されます。

    • マルチトラック:書き出されるファイルで、すべてのオーディオチャンネルが 1 つのトラックに結合されます。

    注記:一部の圧縮設定では、どちらか一方のオプションしか選択できません。

オーディオエフェクト

使用できるオーディオエフェクト、およびオーディオエフェクトを設定に追加する方法については、エフェクトを追加する/削除するを参照してください。

公開日: 2018/05/10
役に立ちましたか?