Compressor: 360° ビデオの概要

360° ビデオの概要
「Compressor」のメインウインドウ。360° ソースファイルが表示されています。

「Compressor」には、書き出しおよび YouTube、Facebook、Vimeo などの共有サイトへの配信のために既存の 360° ビデオコンテンツ(「Final Cut Pro X」で編集したコンテンツなど)を準備できるツールが用意されています。

360° ビデオ(全方位ビデオと呼ばれることもあります)は、レンズをあらゆる方向に向けてパノラマ球のビデオを作成する特殊なカメラで取り込まれた映像です。視聴者はいくつかの方法で 360° ビデオを視聴できます:

  • バーチャルリアリティ(VR)ヘッドセットを通じて:顔面に装着する画面にビデオを表示するハードウェア装置です。視聴者が頭を動かしたときにシーンの別の部分が表示されるように、画面が動的にアップデートされます。一部の VR ヘッドセットではステレオスコピック(3D)の 360° ビデオも表示できるため、没入型の体験が強化されます。

  • 長方形のウインドウで:この表示方法は、スマートフォン、タブレット、またはコンピュータで使用されます。視聴者は画面をスクロールしてシーンの別の部分を見ることができます。

  • 標準ディスプレイで:この視聴方法では、従来のビデオを見る場合と同様、視聴者は見る角度を変更することはできませんが、映像製作者にとっては編集時に角度の選択肢が増えるという利点が加わります。

360° ビデオコンテンツでは、「Compressor」は仕上げツールの役割を果たします。以下のことができます:

  • VR ヘッドセットやその他の表示装置で使用される 360° ビデオメタデータを追加または変更して、ビデオを適切な空間フォーマット(モノスコピックモードまたはステレオスコピックモードを含む)で表示する

  • 完成したビデオを、配信または YouTube、Facebook、Vimeo などの 360° ビデオ共有 Web サイトへのアップロードが可能なメディアファイルとして書き出す

注記:「Compressor」は 360° ビデオ用の編集ツールではありません。個別のカメラ表示を「縫い合わせる」には、360° カメラメーカーのソフトウェアを使用する必要があります。シーケンスを組み立てるには、「Final Cut Pro X」などの 360° ビデオ対応アプリケーションを使用する必要があります。詳しくは、「Final Cut Pro ヘルプ」を参照してください。

公開日: 2018/05/10
役に立ちましたか?