Compressor: SDR(標準ダイナミックレンジ)

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
SDR(標準ダイナミックレンジ)

イメージ内の輝度(明るさの度合い)およびカラー値を処理するための従来の手法です。20 世紀半ばに開発された手法で、最大輝度は 100 ニト(カンデラ毎平方メートル)、ダイナミックレンジは 6 ~ 10 ストップです。

公開日: 2018/05/10
役に立ちましたか?