Final Cut Pro X: 球面収差補正プロジェクトに 360° クリップを追加する

球面収差補正プロジェクトに 360° クリップを追加する

標準の球面収差補正プロジェクトに 360° クリップを追加できます。球面収差補正プロジェクトを書き出すと、360° クリップが球面収差補正クリップ(視聴者が移動できないクリップ)に変換されます。ただし、書き出す前にチルト、パン、ロールをアニメートすると、360° クリップに映画のようなカメラの動きのエフェクトを作り出すことができます。

  1. 球面収差補正プロジェクトに 1 つまたは複数の 360° クリップを追加します。

    詳しくは、新しいプロジェクトを作成するおよびクリップ追加の概要を参照してください。

    注記:球面収差補正プロジェクトにステレオスコピック 360° クリップを追加すると、左目用のビデオイメージのみが表示されます。

  2. 360° クリップに正しい 360° メタデータ・タグが付けられていることを確認します。

    詳しくは、読み込んだ 360° クリップの設定を確認するを参照してください。

  3. タイムラインで 1 つまたは複数のクリップを選択します。

  4. 「ビデオ」インスペクタが表示されていない場合は、以下のいずれかの操作を行います:

    • 「ウインドウ」>「ワークスペースに表示」>「インスペクタ」と選択します(または Command + 4 キーを押します)。

    • ツールバーの右側にある「インスペクタ」ボタンをクリックします。

      ツールバーの「インスペクタ」ボタン
  5. インスペクタの上部にある「ビデオ」ボタンをクリックします。

    「ビデオ」ボタン
  6. 「ビデオ」インスペクタで「方向」セクションまで下にスクロールして、以下のパラメータを調整します:

    • チルト(X):x 軸を中心として表示を左右に回転させます。

    • パン(Y):y 軸を中心として表示を上下に回転させます。

    • ロール(Z):z 軸を中心として表示を時計回りまたは反時計回りに回転させます。

    • 視野:表示される 360° シーンの量を調整します。視野を広げるには、スライダを右にドラッグします。視野を狭めるには、スライダを左にドラッグします。

    360° クリップの継続時間全体で 1 つの方向(カメラアングル)を使用することも、時間の経過と共に方向の変更をアニメートして映画のようなカメラの動きのエフェクトを作り出すこともできます。詳しくは、キーフレームを使ってビデオエフェクトを調整するを参照してください。

    重要:方向の設定を変更すると、出力メディアファイルの方向に影響します。

球面収差補正プロジェクト内の 360° クリップは、標準クリップを編集する場合と同じ方法で編集できます。球面収差補正プロジェクトの編集が完了したら、任意の共有方法でプロジェクトを共有できます。プロジェクトに含まれるすべての 360° クリップからの出力が平面になります(ほかの標準の球面収差補正ビデオと同様です)。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?