Numbers for iPad: Numbersを使ってApp間でテキストやオブジェクトをコピーする

Numbersを使ってApp間でテキストやオブジェクトをコピーする

テキストやオブジェクトをNumbersスプレッドシートとほかのアプリケーションとの間でコピーすることができます。お使いのiPadがSplit ViewまたはSlide Overを使用したマルチタスク機能をサポートしている場合は、Numbersと2つ目のアプリケーション(「メール」、Pages、Keynote、Safari、「写真」など)を開き、オブジェクト(テキストボックス、写真、表、グラフなど)をドラッグしてアプリケーション間でコピーすることもできます。

注記:グラフ、および図形をiWork App(Pages、Keynote、およびNumbers)間でコピーした場合、これらのオブジェクトはそのまま編集可能です。その他のAppにコピーする場合は、イメージとしてコピーされるため、編集することができません。表をコピーした場合は、iWork App間でのコピー、その他のAppへのコピー共に、そのまま編集可能です。

お使いのiPadがSplit ViewとSlide Overをサポートしているかどうかの確認と、これらの機能の使いかたについて詳しくは、Appleサポート記事「iPadでマルチタスク機能を使う」を参照してください。

書類間およびApp間でテキストやオブジェクトをドラッグする

お使いのiPadモデルがSplit ViewまたはSlide Overをサポートしている場合は、書類間での項目のコピーにマルチタスク機能を使用するのも1つの方法です。Dockを使用するにはiOS 11以降が必要です。

NumbersのスプレッドシートからKeynoteのスライドまたは「メール」のメッセージにグラフをドラッグしたり、Safariからスプレッドシートにイメージをドラッグしたり、表の一部をメモにドラッグしたりできます。複数のオブジェクト、オブジェクトグループ、または表の行や列の一部分を選択してコピーできます。

  1. 内容をコピーしたいNumbersファイルを開き、画面の下部から上にスワイプしてDockを表示します。

  2. Dockで、2つ目のAppをタッチして押さえたままにし、Dockから画面の左端または右端にドラッグしてから、指を放します。

  3. 2つ目のAppで、内容をコピーしたいファイル(書類、メッセージ、メモなど)を開きます。

  4. どのファイルでも、コピーしたい内容を選択し、その部分をタッチして押さえたままにして、浮き上がったらほかのファイルにドラッグします。

    ドラッグを始めると選択部分の右上隅に緑色の円で囲まれたプラス記号が表示されます。プラス記号が表示されない場合は、選択した内容をほかの場所にコピーすることはできません。

Split ViewまたはSlide Overで2つのAppを開いている場合は、相互にオブジェクトをコピー&ペーストすることもできます。

ヒント:Numbersスプレッドシート間でコピーするには、一方の手で選択部分をドラッグし、もう一方の手で「スプレッドシート」(画面の左上隅にあります)をタップして、2つ目のスプレッドシートを開きます。目的の位置まで選択部分をドラッグします。

テキストおよびオブジェクトを別のスプレッドシートまたはAppにコピーする

テキストの選択部分とほとんどのオブジェクト(表の行や列の選択部分を含む)は、コピーしてほかのアプリケーションにペーストすることができます。

  1. コピーしたいテキストまたはオブジェクトを選択します。

  2. 「コピー」をタップします(「コピー」を表示するために選択部分をもう一度タップする必要がある場合があります)。

  3. ホームボタンを押してから、ペースト先のアプリケーションおよびファイル(書類、メッセージ、メモなど)を開きます。

  4. 選択部分をペーストしたい位置をタップし、「ペースト」をタップします。

公開日: 2019/07/24
役に立ちましたか?