MacのためのKeynote: オブジェクト

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
オブジェクト

オブジェクトとは、イメージ(写真)、テキストボックス、図形、表、グラフなどの、スライド上に置く項目のことです。オブジェクトをスライドに追加するには、ツールバーのオブジェクトボタンのいずれかをクリックします。

デフォルトでは、オブジェクトはテキストと共に移動しないフローティングオブジェクトなので、ページ上の任意の場所に配置したり、テキストやほかのオブジェクトと重ねたりできます。オブジェクトが選択されているときは、スライドの右側にある「フォーマット」 サイドバーにフォーマットコントロールが表示されます。オブジェクトに内容を追加したり、オブジェクトの外観を変更したりできます。

一部のオブジェクト(図形、テキストボックス、イメージ、ビデオ、方程式、およびイメージギャラリー)を図形またはテキストボックス内でテキストと共にインラインで配置して、テキストを入力すると一緒に移動するようにすることもできます。

公開日: 2019/07/03
役に立ちましたか?