Logic Pro X: MIDIイベントをモニタリングする/リセットする

MIDIイベントをモニタリングする/リセットする

LCDが「カスタム」に設定されているときは、MIDIアクティビティディスプレイの上の行には直前に受信したMIDIメッセージが表示され、下の行には直前に送信したMIDIメッセージが表示されます。MIDIアクティビティディスプレイを使って、MIDI接続を確認できます。同時に複数のMIDIノートを受信すると、同時に受信したノートはコードとして解釈および表示されます。

MIDIモジュールは自身にデータが送信されていなくても音を出し続けることがあります。これは、Logic Proから送信されたオール・ノート・オフ・メッセージにこのモジュールが応答していないことを示します。

音を出し続けるノートをオフにする

以下のいずれかの操作を行います:

  • MIDIアクティビティディスプレイの下半分をクリックします。

  • 「停止」ボタンを2回続けてすばやくクリックします。

ハングしたノートを停止する

  • MIDIアクティビティディスプレイをダブルクリックします(または「全ノートに対しノートオフを送信(パニック)」キーコマンドを使います)。

これにより、各MIDIポートのすべてのチャンネルで、ノートごとに個別のノート・オフ・メッセージが送信されます。

不要な変更を停止する

  • 「リセットコントローラ信号を送信」キーコマンドを使用します。

これによって、指定の音源によって使用されているすべてのMIDIチャンネルおよび出力に、値が0のコントロール・チェンジ・メッセージ#121(リセット・オール・コントローラ)が送信されます。これにより、モジュレーションやピッチベンドなどのすべてのMIDIコントローラが無効になります。

すべてのMIDIチャンネルの音量を最大に設定する

  • 「オプション」>「MIDIに送信」>「最大音量」と選択します(または「最大音量を送信」キーコマンドを使います)。

これによって、指定の音源によって使用されているすべてのMIDIチャンネルおよび出力に、値が127のコントロール・チェンジ・メッセージ#7(メインボリューム)が送信されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?