Logic Pro X: Touch Barのショートカット

Touch Barのショートカット

MacにTouch Barが搭載されている場合は、ジェスチャを使って、再生や録音を開始および停止したり、曲の中を移動したり、トラックや音源のレベルを調整したり、音源を演奏したりできます。Touch Barのメイン領域(Control Stripの右)のコントロールは、使用中のTouch Bar画面とアプリケーションでの選択内容に応じて変わります。

図。Touch BarのControl Strip。

「esc」(Escape)ボタンでは、さまざまな標準機能を実行できます。アプリケーションがフルスクリーンモードのときは、通常の表示に戻すことができます。また、ダイアログウインドウで「キャンセル」ボタンの代わりに使ったり、一部のポップアップウインドウを閉じたりすることもできます。「esc」ボタンの機能は、すべてのTouch Bar画面で使用できます。

Control Stripと「esc」ボタンについて詳しくは、「MacBook Proの基本」を参照してください。Touch Barについて詳しくは、Appleサポート記事「MacBook ProでTouch Barを使う方法」を参照してください。

ツールバー画面のショートカット

これらのショートカットは、「Logic Pro」をはじめて開いたときにTouch Barに表示されます。

アイコン

名前

説明

esc

「esc」ボタンの標準機能を実行します。

選択部分の先頭に移動

再生ヘッドを選択範囲の先頭に移動します。

選択した項目から再生

選択範囲の先頭から再生を開始します。

プロジェクトの先頭に移動

プロジェクトの先頭に再生ヘッドを置きます。

再生または停止

現在の再生ヘッド位置で再生を開始または停止します。

録音

録音が可能なトラックで、現在の再生ヘッド位置から録音を開始します。

サイクル

サイクルモードのオン/オフを切り替えます。

サイクルの長さの分ロケータを後ろに移動

サイクルの長さの分ロケータを後ろに移動します。

サイクルの長さの分ロケータを前に移動

サイクルの長さの分ロケータを前に移動します。

Smart Control画面のショートカット

Smart Controlボタンをタップすると、Touch Barに以下のコントロールが表示されます。

アイコン

名前

説明

esc

「esc」ボタンの標準機能を実行します。

Smart Control

構成画面に切り替えます。

Level

「Level」ボタンを押したままにすると、「Level」スライダに変わります。「Level」スライドをドラッグして、トラックの音量を調整します。終了したら、ボタンを放します。

「Level」ボタンをタップして「Level」スライダ画面に切り替えることもできます。この画面では、「Level」スライダをドラッグしてトラックの音量を調整してから、スライダの左にある閉じるボタンをタップしてトラックコントロール画面に戻ります。

Smart Control画面の残りの部分には、Smart Controlパネルのスクリーンコントロールのボタンが表示されます。これらのボタンは、トラックの種類と使用できるエフェクトに応じて変わります。

図。アコースティック・ギター・トラックのSmart Controlと、動的に変化するSmart Control画面のショートカット。
図。ソフトウェア音源トラックのSmart Controlと、動的に変化するSmart Control画面のショートカット。
図。DrummerトラックのSmart Controlと、動的に変化するSmart Control画面のショートカット。

Touch Barを使ってSmart Controlを調整するには:

  • レベルを制御するボタン(ボタンのテキストの下に、スライダを示す色付きの線があります): ボタンを押したままにするとスライダが表示されます。スライダをドラッグして調整します。終了したら、ボタンを放します。

    ボタンをタップしてスライダ画面に切り替えることもできます。スライダ画面では、スライダを左右にドラッグして調整してから、閉じるボタンをタップしてSmart Control画面に戻ります。

  • レベルを制御しないボタン(テキストの下に色付きの線がありません): ボタンをタップすると、ボタンの種類に応じて追加のボタンを表示したりコントロールのオン/オフを切り替えたりできます。

構成画面のショートカット

これらのショートカットは、Touch Barの構成画面に表示されます。最後のボタンはトラックの種類によって変わります。

アイコン

名前

説明

閉じる

前の画面に戻ります。

Smart Control

Smart Control画面に戻ります。

概要

オーバービュー画面に切り替えます。

キーボードショートカット

キーボードショートカット画面に切り替えます。

構成画面の5つ目のボタンは、トラック領域で選択されているトラックの種類によって変わります:

アイコン

名前

説明

オーディオ

オーディオ画面に切り替えます(オーディオトラックのみ)。

キーボード

キーボード画面に切り替えます(音源トラックのみ)。

ドラムパッド

ドラムパッド画面に切り替えます(Drummerおよびドラム音源パッチのみ)。

オーバービュー画面のショートカット

オーバービュー画面はトラック領域を表し、各トラックが細い色付きの線で表示されます。オーバービューの矩形は現在表示されている曲の部分、縦線は再生ヘッドの位置を示します。

オーバービューの前には2つのボタンがあります:

アイコン

名前

説明

esc

「esc」ボタンの標準機能を実行します。

概要

構成画面に戻ります。

オーバービューを使って曲の中を移動するには:

  • ビューの矩形を左右にドラッグすると、プロジェクトの表示部分を移動できます。

  • 縦線をドラッグすると再生ヘッドを移動できます。

キーボードショートカット画面のショートカット

キーボード・ショートカット・ボタン をタップすると、デフォルトで以下のコントロールが表示されます。フォーカスされているウインドウまたはエディタに応じて、一部のボタンは変更されます。

アイコン

名前

説明

esc

「esc」ボタンの標準機能を実行します。

キーボードショートカット

構成画面に戻ります。

選択部分の先頭に移動

再生ヘッドを選択範囲の先頭に置きます。

選択した項目から再生

選択範囲の先頭から再生を開始します。

プロジェクトの先頭に移動

プロジェクトの先頭に再生ヘッドを置きます。

再生または停止

現在の再生ヘッド位置で再生を開始または停止します。

録音

録音が可能なトラックで、現在の再生ヘッド位置から録音を開始します。

サイクル

サイクルモードのオン/オフを切り替えます。

サイクルの長さの分ロケータを後ろに移動

サイクルの長さの分ロケータを後ろに移動します。

サイクルの長さの分ロケータを前に移動

サイクルの長さの分ロケータを前に移動します。

Commandキーを押すと、デフォルトでキーボードショートカット画面に以下のコントロールが表示されます:

アイコン

名前

説明

esc

「esc」ボタンの標準機能を実行します。

キーボードショートカット

構成画面に戻ります。

再生ヘッドの位置でリージョンを分割

選択したリージョンを現在の再生ヘッド位置で分割します。

ロケータ位置で分割

選択したリージョンを現在のロケータ位置で分割します。

切り取る

レガート

オーディオリージョンが選択されているときに、選択したリージョンのうちマーキー選択の範囲外にある部分をすべて削除します。

MIDIエディタがフォーカスされているときに、MIDIエディタで選択されている値までノートの終了位置をトリムします。

リージョンを結合

選択した複数の隣接するリージョンを1つの連続したリージョンに結合します。

繰り返す

選択したイベントまたはリージョンを繰り返します。

セクションを繰り返す

選択したイベントをクオンタイズ

ロケータ位置に囲まれたプロジェクトセクションを複製します。複製されたセクションは右ロケータの位置にペーストされます。

MIDIエディタがフォーカスされているときに、選択したイベントをMIDIエディタで選択されている値にクオンタイズします。

シャッフル左

選択したリージョンを左にシャッフルします。

シャッフル右

選択したリージョンを右にシャッフルします。

Optionキーを押すと、デフォルトでキーボードショートカット画面に以下のコントロールが表示されます:

アイコン

名前

説明

esc

「esc」ボタンの標準機能を実行します。

キーボードショートカット

構成画面に戻ります。

ポインタツール

ポインタツールに切り替えます。

マーキーツール

マーキーツールに切り替えます。

ハサミツール

ハサミツールに切り替えます。

接着ツール

接着ツールに切り替えます。

鉛筆ツール

鉛筆ツールに切り替えます。

フェードツール

フェードツールに切り替えます。

ブラシツール

ブラシツールに切り替えます。

フィンガーツール

フィンガーツールに切り替えます。

Controlキーを押すと、デフォルトでキーボードショートカット画面に以下のコントロールが表示されます:

アイコン

名前

説明

esc

「esc」ボタンの標準機能を実行します。

キーボードショートカット

構成画面に戻ります。

オートメーションを表示/隠す

トラックのオートメーションの表示/非表示を切り替えます。

Touch/Read

選択したトラックのオートメーションモードをTouchまたはReadに切り替えます。

Read/オフ

選択したトラックのオートメーションモードをReadまたはオフに切り替えます。

Flex

Flexの表示/非表示を切り替えます。

グループを有効にする

グループの有効/無効を切り替えます。

オーディオトラックを追加

選択中のトラックの下に新しいオーディオトラックを追加します。

音源トラックを追加

選択中のトラックの下に新しいソフトウェア音源トラックを追加します。

Drummerトラックを追加

選択中のトラックの下に新しいDrummerトラックを追加します。

Shiftキーを押すと、デフォルトでキーボードショートカット画面に以下のコントロールが表示されます:

アイコン

名前

説明

esc

「esc」ボタンの標準機能を実行します。

キーボードショートカット

構成画面に戻ります。

カラー

オーディオ・チャンネル・ストリップを表示/隠す

音源名を表示/隠す

カラーパレットを開きます。

ミキサーがフォーカスされているときに、すべてのオーディオ・チャンネル・ストリップの表示/非表示を切り替えます。

スコアエディタがフォーカスされているときに、音源の名前の表示/非表示を切り替えます。

チューナー

音源チャンネルストリップを表示/隠す

ページルーラを表示/隠す

オーディオトラックが選択されているときに、チューナーのオン/オフを切り替えます。

ミキサーがフォーカスされているときに、すべての音源チャンネルストリップの表示/非表示を切り替えます。

スコアエディタがフォーカスされているときに、ページルーラの表示/非表示を切り替えます。

選択範囲の処理

オグジュアリー・チャンネル・ストリップを表示/隠す

選択範囲の処理ウインドウを開きます。

ミキサーがフォーカスされているときに、オグジュアリー・チャンネル・ストリップの表示/非表示を切り替えます。

プラグイン

出力チャンネルストリップを表示/隠す

選択したトラックの最初のプラグインのプラグインウインドウを開きます。

ミキサーがフォーカスされているときに、出力チャンネルストリップの表示/非表示を切り替えます。

イベントフロート

出力チャンネルストリップを表示/隠す

イベントフロートウインドウを開きます。

ミキサーがフォーカスされているときに、出力チャンネルストリップの表示/非表示を切り替えます。

グループ

グループインスペクタを開きます。

ノートリピート

受信したMIDIノートを同じピッチで繰り返すMIDIノートに変換します。

スポット消去

サイクルモードで録音するときにクリックすると、一時的に受信ノートを使用して、一致するリージョン内のノートが再生ヘッド通過時に削除されます。

「Logic Pro」の「キーコマンド」ウインドウを使って、キーボードショートカット画面のデフォルトのコマンドを置き換えたり、カスタムなキーボードショートカット画面に新しいコマンドを追加したりすることができます。詳細については、キーボードショートカットを割り当てるを参照してください。

オーディオ画面のショートカット

構成画面でオーディオボタンをタップすると、Touch Barに以下のコントロールが表示されます。

アイコン

名前

説明

閉じる

構成画面に戻ります。

Input

「Input」ボタンをタップすると、入力セレクタ画面にアクセスできます。選択したトラックで使用する入力フォーマット(モノラルまたはステレオ)とオーディオ入力をタップします。「閉じる」をタップするとオーディオ画面に戻ります。

「Gain」スライダ

スライダをドラッグして、選択したトラックの入力ゲインを調整します。

録音可能

選択したトラックの録音を可能にします。

ソフトウェアモニタリング

選択したトラックのソフトウェアモニタリングを可能にします。

「Level」スライダ

スライダをドラッグして、選択したトラックの音量を調整します。

キーボード画面のコントロール

キーボードボタン をタップすると、Touch Barを使って、選択したソフトウェア音源トラックで現在のパッチを演奏できるようになります。

  • Touch Barキーボードのキーをタップしてノートを弾きます。

  • Touch Barキーボードのオクターブ範囲を調整するには、Touch Barキーボードの左にあるキーボード・オクターブ・ボタンのいずれかをタップします。

  • スケール内のノートのみに制限するには: 「スケール」ボタンをタップしてから、ルートノートとモードを選択します。

  • 閉じるボタン をタップすると前のTouch Bar画面に戻ります。

ドラムパッド画面のショートカット

ドラム・パッド・ボタンをタップすると、Touch Barを使って、Drummerまたはドラム・キット・パッチ付きソフトウェア音源トラックでドラムを演奏できるようになります。

アイコン

名前

説明

閉じる

ドラムパッド画面を閉じます。

Banks

パーカッション音源アイコンの3つのバンクから選択します。

繰り返す

「繰り返す」スライダ

「繰り返す」ボタンをタップすると、「繰り返す」スライダが表示されます。線を目的の分音までドラッグします。「繰り返す」アイコンをタップすると、押さえているパッドが繰り返されます。

Velocity

「Velocity」スライダ

「Velocity」ボタンをタップすると、「Velocity」スライダにアクセスできます。線を目的のベロシティまでドラッグします。

ドラムパッド音源

ボタンで表されるサウンドをトリガします。

Touch Barを使ってドラム音源を演奏するには:

  • 特定のドラム・パッド・ボタンをタップしてサウンドをトリガします。

    サウンドは「Velocity」スライダで設定したベロシティで演奏されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?