MacのためのGarageBand: Touch Bar のショートカット

Touch Bar のショートカット

Mac に Touch Bar が搭載されている場合は、ジェスチャを使って、再生や録音を開始および停止したり、曲の中を移動したり、トラックや音源のレベルを調整したり、音源を演奏したりできます。Touch Bar のメイン領域(Control Strip の右)のコントロールは、使用中の Touch Bar 画面とアプリケーションでの選択内容に応じて変わります。

図。Touch Bar の Control Strip。

Control Strip と「esc」ボタンについて詳しくは、「MacBook Pro の基本」を参照してください。Touch Bar について詳しくは、Apple サポート記事「MacBook Pro で Touch Bar を使う」を参照してください。

ツールバーのショートカット

これらのショートカットは、「GarageBand」をはじめて開いたときに Touch Bar に表示されます。

アイコン

名前

説明

esc

この画面では機能がありません。

選択部分の先頭に移動

選択したリージョンの先頭に再生ヘッドを置きます。

選択部分から再生

選択したリージョンの先頭から再生を開始します。

プロジェクトの先頭に移動

プロジェクトの先頭に再生ヘッドを置きます。

再生/停止

現在の再生ヘッド位置で再生を開始または停止します。

録音

録音が可能なトラックで、現在の再生ヘッド位置から録音を開始します。

サイクル

サイクルモードのオン/オフを切り替えます。

サイクルを後ろに移動

サイクル範囲をその長さ分だけ後ろに移動します。

サイクルを前に移動

サイクル範囲をその長さ分だけ前に移動します。

Smart Control のショートカット

Smart Control ボタンをタップすると、Touch Bar に以下のコントロールが表示されます。

アイコン

名前

説明

esc

この画面では機能がありません。

Smart Control

構成画面に切り替えます。

Level

「Level」ボタンを押したままにすると、「レベル」スライダに変わります。「レベル」スライドをドラッグして、トラックの音量を調整します。終了したら、ボタンを放します。

「Level」ボタンをタップして「レベル」スライダ画面に切り替えることもできます。この画面では、「レベル」スライダをドラッグしてトラックの音量を調整してから、スライダの左にある閉じるボタンをタップしてトラックコントロール画面に戻ります。

Smart Control 画面の残りの部分には、Smart Control パネルのスクリーンコントロールのボタンが表示されます。これらのボタンは、トラックの種類と使用できるエフェクトに応じて変わります。

図。アコースティック・ギター・トラックの Smart Control と、動的に変化する Smart Control 画面のショートカット。
図。ソフトウェア音源トラックの Smart Control と、動的に変化する Smart Control 画面のショートカット。
図。Drummer トラックの Smart Control と、動的に変化する Smart Control 画面のショートカット。

Touch Bar を使って Smart Control を調整するには:

  • レベルを制御するボタン(ボタンのテキストの下に、スライダを示す色付きの線があります):ボタンを押したままにするとスライダが表示されます。スライダを指でドラッグして調整します。終了したら、ボタンを放します。

    ボタンをタップしてスライダ画面に切り替えることもできます。スライダ画面では、スライダを左右にドラッグして調整してから、閉じるボタンをタップして Smart Control 画面に戻ります。

  • レベルを制御しないボタン(テキストの下に色付きの線がありません):ボタンをタップすると、ボタンの種類に応じて追加のボタンを表示したりコントロールのオン/オフを切り替えたりできます。

構成のショートカット

これらのショートカットは、Touch Bar の構成画面に表示されます。5 つ目のボタンはトラックの種類によって変わります。

アイコン

名前

説明

閉じる

前の画面に戻ります。

Smart Control

Smart Control 画面に戻ります。

オーバービュー

オーバービュー画面に切り替えます。

キーコマンド

キーコマンド画面に切り替えます。

構成画面の 5 つ目のボタンは、トラック領域で選択されているトラックの種類によって変わります:

アイコン

名前

説明

オーディオ

オーディオ画面に切り替えます(オーディオトラックのみ)。

キーボード

キーボード画面に切り替えます(音源トラックのみ)。

ドラムパッド

ドラムパッド画面に切り替えます(Drummer およびドラム音源パッチのみ)。

オーバービューのショートカット

オーバービュー画面はトラック領域を表し、各トラックが細い色付きの線で表示されます。オーバービューの矩形は現在表示されている曲の部分、縦線は再生ヘッドの位置を示します。

オーバービューの前には 2 つのボタンがあります:

アイコン

名前

説明

esc

このモードでは機能がありません。

オーバービュー

構成画面に戻ります。

オーバービューを使って曲の中を移動するには:

  • ビューの矩形を左右にドラッグすると、プロジェクトの表示部分を移動できます。

  • 縦線をドラッグすると再生ヘッドを移動できます。

キーコマンドのショートカット

キー・コマンド・ボタン をタップすると、Touch Bar に以下のコントロールが表示されます:

アイコン

名前

説明

esc

この画面では機能がありません。

キーコマンド

構成画面に戻ります。

選択部分の先頭に移動

選択したリージョンの先頭に再生ヘッドを置きます。

選択部分から再生

選択したリージョンの先頭から再生を開始します。

プロジェクトの先頭に移動

プロジェクトの先頭に再生ヘッドを置きます。

再生/停止

現在の再生ヘッド位置で再生を開始または停止します。

録音

録音が可能なトラックで、現在の再生ヘッド位置から録音を開始します。

サイクル

サイクルモードのオン/オフを切り替えます。

サイクルを後ろに移動

サイクル範囲をその長さ分だけ後ろに移動します。

サイクルを前に移動

サイクル範囲をその長さ分だけ前に移動します。

オーディオのショートカット

構成画面でオーディオボタンをタップすると、Touch Bar に以下のコントロールが表示されます。

アイコン

名前

説明

閉じる

構成画面に戻ります。

Input

「Input」ボタンをタップすると、入力セレクタ画面にアクセスできます。選択したトラックで使用する入力フォーマット(モノラルまたはステレオ)とオーディオ入力をタップします。閉じるボタンをタップするとオーディオ画面に戻ります。

「ゲイン」スライダ

スライダをドラッグして、選択したトラックの入力ゲインを調整します。

録音可能

選択したトラックの録音を可能にします。

ソフトウェアモニタリング

選択したトラックのソフトウェアモニタリングを可能にします。

「レベル」スライダ

スライダをドラッグして、選択したトラックの音量を調整します。

キーボードコントロール

キーボードボタン をタップすると、Touch Bar を使って、選択したソフトウェア音源トラックで現在のパッチを演奏できるようになります。

  • Touch Bar キーボードのキーをタップすると、ノートを演奏できます。

  • Touch Bar キーボードのオクターブ範囲を調整するには、Touch Bar キーボードの左にあるキーボード・オクターブ・ボタンのいずれかをタップします。

  • ノートを特定のスケールに制限するには:「スケール」ボタンをタップしてから、ルートノートとモードを選択します。

  • 閉じるボタン をタップすると前の Touch Bar 画面に戻ります。

ドラムパッドのショートカット

ドラム・パッド・ボタンをタップすると、Touch Bar を使って、Drummer またはドラム・キット・パッチ付きソフトウェア音源トラックでドラムを演奏できるようになります。

アイコン

名前

説明

閉じる

ドラムパッド画面を閉じます。

Banks

パーカッション音源アイコンの 3 つのバンクから選択します。

Velocity

「Velocity」スライダ

「Velocity」ボタンをタップすると、「Velocity」スライダにアクセスできます。線を目的のベロシティまでドラッグします。

ドラムパッド音源

ボタンで表されるサウンドをトリガします。

Touch Bar を使ってドラム音源を演奏するには:

  • 特定のドラム・パッド・ボタンをタップしてサウンドをトリガします。

    サウンドは「Velocity」スライダで設定したベロシティで演奏されます。

公開日: 2019/08/29
役に立ちましたか?