Keynote for iCloud beta: オブジェクトを線で接続する

オブジェクトを線で接続する

2 つのオブジェクトを曲線、直線、または直角線の接続線で結合できます。接続されているオブジェクトのうちの 1 つ以上を移動しても、それらは線で結合されたままです。この機能は、特にフローチャートを作成する際に便利です。

この作業を実行する前に、2 つのオブジェクトをスライドに追加し、そのそれぞれが、右の「フォーマット」サイドバーの「配置」パネルで「移動しない」に設定されていることを確認してください。

  1. ツールバーの「図形」ボタンをクリックします。

  2. 左側で「基本」カテゴリを選択し、右側で接続曲線をクリックして、それをスライドに追加します(後で直線や直角線に変更することができます)。

    図形ライブラリが開き、左に「基本」選択が、右に曲線を含む多くの線や図形が表示されます。

    ヒント:接続線を追加した時点で、プレゼンテーションの中で 2 つのオブジェクトが選択されていた場合、それらが自動的に接続されます。

  3. 接続線の一端を、オブジェクトにスナップする(青い輪郭線がオブジェクトの周囲に表示される)までドラッグし、もう一方の端を別のオブジェクトにスナップするまでドラッグします。

    接続線で接続された正方形とひし形。

    線がオブジェクトに接続されない場合、そのオブジェクトが「移動しない」に設定されていることを確認してください(右の「フォーマット」サイドバーの上部にある「配置」をクリックし、「移動しない」をクリック)。

  4. その線が選択されている状態で、以下のことを実行します。

    • 曲線を直線または直角線に変更する:右側の「フォーマット」サイドバーの先頭にある「配置」をクリックし、(「接続」の下にある)「直線」または「角」をクリックします。

    • 線の端とオブジェクトの間のスペース量を変更する:右側の「フォーマット」サイドバーの先頭の「配置」をクリックし、(「接続」の下の)「オフセットの開始と終了の値」を調整します。

    • 直角または曲線の位置を変更する:線の中央にある緑の点をドラッグします(点が表示されるようにするため、線を長くすることが必要な場合があります)。

    ヒント:プレゼンテーションに直線が表示されている場合、それを選択した時点で中央に緑の点が表示されるなら、それが(標準的な線ではなく)接続線であると見分けることができます。標準的な線(矢印を含む)では緑の点が表示されません。

    直線の接続線が選択されている。両端に青い選択ハンドルが、中央に緑色の点が表示されている。

他の線の場合と同じようにして、接続線の表示方法を変更することもできます。その太さ、色、線スタイル、端点を変更したり、影などのエフェクトを追加したりできます。詳しくは、オブジェクトの外観を変更するを参照してください。

公開日: 2018/11/20
役に立ちましたか?