Pages for iPhone: 文書作成書類とページレイアウト書類の概要

文書作成書類とページレイアウト書類の概要

Pagesでは、文書作成書類とページレイアウト書類を作成できます。どちらの書類にもすべての種類の項目(テキスト、グラフィックス、グラフなど)を追加できますが、作業方法に違いがあります。

  • 文書作成: 主に、テキストがメインの文書を作成するときに使用します(レポートや手紙など)。本文テキスト領域に入力し、必要に応じて自動的に新規ページが作成されて、テキストが現在のページから次のページへとフローします。

    文書作成書類(またはテンプレート)を開いたら、すぐ入力を始めることができます。本文テキストとは分けてテキストを追加したい場合は、テキストボックスを追加することができます。イメージやグラフなどのオブジェクトも追加できます。

  • ページレイアウト: 主に、自由なデザインの文書を作成するときに使用します(ニュースレター、ブック、ポスターなど)。キャンバスのように使って、テキストボックスやイメージなどのオブジェクトを追加し、好きなようにレイアウトできます。

    ページレイアウト書類(またはテンプレート)を開いた場合、本文テキスト領域はありません。テキストを追加するには、テキストボックスを追加して、そこに入力する必要があります。新規ページは手動で追加する必要があります。

Pagesテンプレートは、文書作成とページレイアウトのために設計されています。たとえば、「エッセイ」テンプレートと「学校ニュースレター」テンプレート、および縦方向のブックのテンプレートは文書作成用です。「タブちらし」、「美術館パンフレット」、および横方向のブックのテンプレートはページレイアウト用です。

表示している書類の種類を調べる方法:

テンプレート(または文書)が文書作成用かページレイアウト用かを確認するには、まず開いてみます。テキストを選択し、そのテキストをタップし、「ほかの項目を表示」ボタン をタップしてから、「挿入」をタップします。オプションの中に「ページ区切り」がある場合、その書類は文書作成書類です。書類を別の種類に変換する方法については、テンプレートを使用するを参照してください。

テンプレートを開いたら、書類を別の種類に変換できます。たとえば、「学校ニュースレター」テンプレートのテキストスタイル、色、およびレイアウトを使用したい場合にページレイアウト書類の設計の柔軟性が必要なときは、書類をページレイアウトに変換できます。詳しくは、テンプレートを使用するを参照してください。

公開日: 2019/07/30
役に立ちましたか?