MacのためのKeynote: ワークスペースを広げる/拡大/縮小する

ワークスペースを広げる/拡大/縮小する

スライドの周りのキャンバスを広げて、追加のワークスペースを作成できます。スライドを拡大/縮小したり、「Keynote」ウインドウを拡大して画面全体に表示したりすることもできます。

スライドの周りにワークスペースを追加する

複雑なスライドレイアウトを作成する際に利用できる作業スペースを追加したい場合は、スライドの周りのキャンバスを広げることができます。このスペースを使ってオブジェクトを追加したりカスタマイズしたりできます。プレゼンテーション中にスライド上へ移動させたいオブジェクトを置くこともできます。

  1. ツールバーの「拡大/縮小」をクリックしてから、「自動的に中央に表示」の選択を解除します。

    注記:すでに「スライドに合わせる」が選択されている場合は、「自動的に中央に表示」の設定を変更する前に、「スライドに合わせる」の選択を解除する(または拡大/縮小レベルを変更する)必要があります。

  2. オブジェクトを、スライドからスライド外の領域へドラッグします。

    オブジェクトをドラッグすると、キャンバスもそれに合わせて広がります。キャンバスは任意のサイズに広げることができます。

    キャンバスの周りをスクロールしたり、スペースバーを押しながらドラッグしてキャンバスをパンしたりできます。

  3. スライドおよび広くなったキャンバスにあるすべての内容(画面に収まるできるだけ多くの内容)を表示するには、画面上部の「表示」メニューで、「表示」>「拡大/縮小」>「コンテンツに合わせて拡大/縮小」と選択します。

  4. 広くなったキャンバスをオフにするには、ツールバーの「拡大/縮小」をクリックしてから、「自動的に中央に表示」を選択します。

    キャンバスに配置したオブジェクトが見えなくなる場合がありますが、オブジェクトリストでそれらを選択すれば編集できます。

    広くなったキャンバスにあるすべてのオブジェクトを再度表示するには、ツールバーの「拡大/縮小」をクリックし、「自動的に中央に表示」の選択を解除してから、「表示」>「拡大/縮小」>「コンテンツに合わせて拡大/縮小」と選択します。

プレゼンテーションを閉じた際に「自動的に中央に表示」の選択が解除されている場合でも、プレゼンテーションを再び開くと、その設定は自動的に選択されます。広くなったキャンパスに内容があったときは、それらが見えなくなる場合があります。

拡大/縮小する

スライドおよび周りのワークスペース全体の表示を拡大(ズームイン)または縮小(ズームアウト)することができます。たとえば、表のセルを編集するときにズームインしたり、スライドのレイアウトを調整するときにズームアウトしたりすると便利です。

  1. ツールバーの「拡大/縮小」ポップアップメニューをクリックします。

  2. いずれかのオプションを選択します:

    • 割合: それに応じてスライドが拡大/縮小します。

    • スライドに合わせる: スライドがウインドウいっぱいになるように調整されます。

      「Keynote」ウインドウのサイズを拡大または縮小すると、拡大/縮小レベルが変更され、スライドが常にウインドウいっぱいに表示されます。

      注記:このオプションを選択すると、広くなったキャンバスがオフになり、そこにある内容が見えなくなる場合があります。再度表示するには、ツールバーの「拡大/縮小」をクリックして、「スライドに合わせる」の選択を解除します。もう一度「拡大/縮小」をクリックして「自動的に中央に表示」の選択を解除してから、画面上部の「表示」メニューで、「表示」>「拡大/縮小」>「コンテンツに合わせて拡大/縮小」と選択します。

すばやく拡大/縮小するには、「表示」>「拡大/縮小」>「拡大」と選択してスライドを拡大したり、「表示」>「拡大/縮小」>「縮小」と選択してスライドを縮小したりできます。これらのコマンドを複数回選択することで、スライドを10パーセントまで縮小したり、400パーセントまで拡大したりできます。

Keynoteをフルスクリーン表示する

「Keynote」ウインドウを拡大して画面全体に表示できます。

  1. 以下のいずれかを実行します:

    • 「Keynote」ウインドウの左上隅にある緑色のボタンをクリックします。

    • 画面上部の「表示」メニューで、「表示」>「フルスクリーンにする」と選択します。

  2. Keynoteのメニューやその他のメニューバーのコントロールを表示するには、ポインタを画面上部に移動します。

  3. 通常表示に戻すには、ポインタを画面上部に移動してから、緑色のボタンをクリックするか「表示」>「フルスクリーンを解除」と選択します。

ヒント:フルスクリーンで複数のプレゼンテーションを開くと、各プレゼンテーションは個別のウインドウではなくタブに表示されます。タブバー内のタブをクリックすればプレゼンテーション間を移動できます。個別のウインドウにプレゼンテーション(およびその他すべての書類)を開くには、アップルメニュー>「システム環境設定」と選択してから、「Dock」をクリックします。「書類を開くときはタブで開く」ポップアップメニューをクリックし、「手動」を選択します。

公開日: 2019/07/03
役に立ちましたか?