Numbers for iCloud beta: オブジェクトを移動して揃える

オブジェクトを移動して揃える

オブジェクトをシート上の任意の場所に配置したり、x 座標、y 座標、配置ガイドなどを使用してオブジェクトの位置を揃えたりできます。

注記:オブジェクトがテキストに対してインラインに配置されている場合、そのオブジェクトを再配置することは、現在のテキストフローの中の新しい位置または別のテキストボックスか図形にドラッグする(またはカットアンドペーストする)ことによってのみ可能です。インラインオブジェクトをテキストボックスまたは図形の外部に移動することについては、「インラインオブジェクトをシートに移動する」を参照してください。

オブジェクトを移動する

  1. オブジェクトをクリックして、その選択ハンドルが表示されるようにするか、または表の場合は、行番号と列の名前が表示されるようにします。

  2. 以下のいずれかを実行します:

    • オブジェクトが図形、線、イメージ、テキストボックス、またはグラフの場合:オブジェクトを新しい位置までドラッグします。

      注記:オブジェクトがテキストに対してインラインに配置されている場合、現在のテキストフロー内での新しい位置までそれをドラッグするか、またはシート上の別のテキストボックスか図形までそれをドラッグすることができます。

    • オブジェクトが表の場合:表の左上角の四角形をドラッグします(四角形が表示されない場合は、表の外側をクリックしてから、表内の任意のセルをクリックします)。

      表の左上角の四角形。

オブジェクトをコピーする/カットする/ペーストする

下記の手順を使用してオブジェクトを (削除ではなく) カットすると、カットしたオブジェクトは保存され、スプレッドシートの新しい場所にすぐにペーストできます。

  1. コピーする 1 つ以上のオブジェクトを選択します。

  2. 以下のいずれかを実行します:

    • Mac の場合:Command+C を押してオブジェクトをコピーするか、Command+X を押してカットします。

    • Windows コンピュータの場合:Ctrl+C を押してオブジェクトをコピーするか、Ctrl+X を押してカットします。

  3. オブジェクトをペーストするには、ペースト先の場所をクリックしてから、次のいずれかを実行します。

    • Mac の場合:Command+V を押します。

    • Windows コンピュータの場合:Ctrl+V を押します。

  4. オブジェクトをドラッグして、ページ上で再配置します。

オブジェクトを少しずつ移動する

シート上でのオブジェクトの位置を正確に定めるため、一度に 1 ポイントずつ移動することができます。

  • オブジェクトを選択してから、次のいずれかの操作を実行します。

    • オブジェクトを 1 ポイント移動する:矢印キーを押します。

    • オブジェクトを10ポイント移動する:Shift キーを押したまま、矢印キーを押します。

オブジェクトを縦または横に並べる

オブジェクトを揃えることにより、縦軸方向または横軸方向に位置を揃えることができます。

  1. 1つ以上のオブジェクトを選択してから、右のサイドバーの上部にある「配置」をクリックします。

  2. 「揃える」ポップアップメニューをクリックしてから、オプションを選択します。

    2つ以上のオブジェクトを選択した場合、オブジェクトは選択した方向の一番端のオブジェクトに揃います。たとえば、3つのオブジェクトを左に揃える場合、一番左のオブジェクトは動かず、もう一方のオブジェクトがこのオブジェクトに揃うように移動します。

オブジェクトを等間隔で配置する

オブジェクトの間隔が等しくなるように(横軸または縦軸上に、あるいは、両方の軸に沿って均等に)すばやく配置することができます。

  1. 3つ以上のオブジェクトを選択してから、右のサイドバーの上部にある「配置」をクリックします。

  2. 「分散」ポップアップメニューをクリックしてから、オプションを選択します:

    • 均等:オブジェクトが横軸と縦軸の両方に沿って等間隔で配置されます。

    • 横方向:オブジェクトが横軸に沿って等間隔で配置されます。

    • 縦方向:オブジェクトが縦軸に沿って等間隔で配置されます。

XY座標を使ってオブジェクトを配置する

グラフ、テキストボックス、図形、およびイメージの正確な位置を、x 座標と y 座標を使用して指定することができます。

  1. グラフ、テキストボックス、図形、またはイメージを選択します。

  2. 右のサイドバーの上部にある「配置」をクリックしてから、「位置」欄にxとyの値を入力します。

    • X:値はシート左端からオブジェクトの左上隅までの距離を表します。

    • Y:値はシート上端からオブジェクトの左上隅までの距離を表します。

    オブジェクトが回転されている場合、XY 座標は元の左上隅ではなく、現在の左上隅を指します。

    オブジェクトが線である場合、始点および終点コントロールを使用してx値およびy値を変更します。線をスプレッドシートに追加した時点では、「開始座標」は左下の端点を表します。後で線を反転させるか回転させた場合も、開始座標はそのまま元の終点を指します。

配置ガイドのオンとオフを切り替える

配置ガイドをオンにすると、オブジェクトをスプレッドシートの端やシート上のほかのオブジェクトとの相対位置に配置しやすくなります。これらのガイドは、必要がなくなればオフにすることができます。

  1. ツールバーの「ツール」ボタンをクリックし、「環境設定」を選択します。

  2. 「ガイド」ボタンをクリックし、ガイドのオン/オフを指定するチェックボックスを選択または選択解除します。

    • 中央ガイド:ドラッグしているオブジェクトの中央がシートの中央または別のオブジェクトの中央と揃ったことを示します。

    • エッジガイド:ドラッグしているオブジェクトの端がシートの端または別のオブジェクトの端と揃ったことを示します。

    • 間隔ガイド:3つ以上のオブジェクトがシートで等間隔になったことを示します。

公開日: 2019/08/20
役に立ちましたか?