Keynote for iCloud beta: オブジェクトにアニメーションを加える

オブジェクトにアニメーションを加える

プレゼンテーションに動きを加えるために、スライド上のオブジェクトをアニメートすることができます。たとえば、スライドに箇条書きのテキストを 1 項目ずつ表示させたり、イメージをバウンドさせながらスライド上に登場させたりすることができます。

オブジェクトアニメーションは、ビルドエフェクトと呼ばれます。オブジェクトがテキストボックス、グラフ、表、図形、またはイメージのいずれであるかによって、使用できるビルドエフェクトは異なります。

オブジェクトをスライド上に移動することをビルドインと言います。オブジェクトをスライドの外に移動することをビルドアウトと言います。

オブジェクトがスライドに現れる、またはスライドから消えるアニメーションを加える

オブジェクトを動かしてスライドに表示したり、スライドから消したり、またはこの両方を行うことができます。

  1. アニメートするスライド上のオブジェクトを選択します。

  2. ツールバーの「アニメーション」ボタン をクリックします。

  3. 以下のいずれかを実行します:

    • オブジェクトをアニメートしてスライドに出現させる:右側のサイドバーの一番上にある「ビルドイン」をクリックしてから、「ビルドインエフェクトなし」(またはすでに追加されている現在のエフェクト)をクリックしてアニメーションを選択します。

    • オブジェクトのアニメーションをスライドから消去する:右側のサイドバーの一番上にある「ビルドアウト」をクリックしてから、「ビルドアウトエフェクトなし」(またはすでに追加されている現在のエフェクト)をクリックしてアニメーションを選択します。

      スライド上でオブジェクトが選択され、ツールバーで「アニメーション」ボタンが選択され、サイドバーの「ビルドイン」ポップアップメニューに「ビルドインエフェクトなし」と表示されています。
  4. 表示されたコントロールを使って、アニメーションの継続時間などを変更します。

    アニメーションをプレビューするには、ツールバーの「再生」ボタン をクリックします。

オブジェクトに対して個々の要素単位でビルドを適用する

表、グラフ、またはテキストのブロックにビルドを適用する場合は、オブジェクトの全体に適用することも、要素ごとに適用することもできます。たとえば、円グラフを 1 要素ごとにスライドに現れるようにしたり、箇条書きリストを 1 項目ずつ現れるようにしたりできます。

  1. アニメーションが加えられている表、グラフ、またはテキストのブロックを選択してから、ツールバーの「アニメーション」ボタン をクリックします。

  2. 右側のサイドバーの一番上にある「ビルドイン」をクリックしてから、「表示方式」ポップアップメニューをクリックしてオブジェクトのビルドイン方法を選択します。

    「表示方式」のオプションは、選択したオブジェクトのタイプによって異なります。円グラフを分割部分単位でビルドインすることも、横棒グラフをセット単位でビルドインすることもできます。

    「ムーブイン」のような一部のエフェクトには、単語や文字をアニメートするための、追加のテキスト表示方式オプション(出現させる方向など)があります。たとえば、段落内の単語を前から後ろ、または後ろから前に順番に出現させたり、ランダムに出現させたりできます。

アニメーションを削除する

ビルドエフェクトを削除するには、ビルドエフェクトを「なし」に変更する必要があります。

  1. 変更するオブジェクトを選択します。

  2. ツールバーの「アニメーション」ボタン をクリックします。

  3. サイドバーの一番上にある「ビルドイン」または「ビルドアウト」をクリックしてから、一番上のポップアップメニュー(現在エフェクトが選択されている)をクリックして「なし」を選択します。

Keynote for Mac または Keynote for iOS を使用している場合は、アクションビルドを使用してスライド上でオブジェクトを動かすこともできます。Keynote for iCloud では、これらのアクションビルドの動きを見ることはできますが、修正したり新規作成したりすることはできません。詳細は、Keynote for Mac でプレゼンテーションを開き、「ヘルプ」>「Keynote ヘルプ」を選択し、「アクションビルド」を検索してください。

公開日: 2018/11/20
役に立ちましたか?