Pages for iCloud beta: ワードプロセッサ書類とページレイアウト書類について

ワードプロセッサ書類とページレイアウト書類について

ワードプロセッサ書類とページレイアウト書類は、Pages for iCloud を使用して作成できます。どちらの種類の書類にも任意の種類のコンテンツ(テキスト、写真、グラフ、表など)を追加できますが、作業の進め方に大きな違いがあります。

  • ワードプロセッサ:主にレポートやレターなど、内容の大部分がテキストである書類を作成する場合に使用します。このタイプの書類には、本文テキストエリアがあり、テキストを入力すると必要に応じて新しいページが自動的に作成されて、次のページへと続いていきます。

    ワードプロセッサ書類(またはテンプレート)には、開いたらすぐにテキストを入力できます。本文テキストとは別にテキストを追加する場合は、テキストボックスを追加します。画像やグラフなどのオブジェクトも追加できます。

  • ページレイアウト:主にニュースレターやポスターなど、カスタムデザインの書類を作成する場合に使用します。ページレイアウト書類はキャンバスのようなものであり、テキストや画像などのオブジェクトを追加してページ上に自由に編集し配置できます。

    ページレイアウト書類(またはテンプレート)を開くと、本文テキストのエリアはありません。テキストを入力する場合は、テキストボックスを追加してそこに入力する必要があります。新規ページは手動で追加する必要があります。

表示している書類の種類の判別方法: 特定の書類(またはテンプレート)が、ワードプロセッサであるかページレイアウトであるかを判断するには、その書類(またはテンプレート)を開き、ツールバーの中心を確認します。ページレイアウト書類にのみ「挿入」ボタンの左側に「ページを追加」ボタンがあります

ページレイアウト書類のツールバーの中心部分、すなわち「挿入」ボタンの左側に「ページを追加」ボタンがあります。

注記:テンプレートセレクタの「空白」テンプレートはワードプロセッサテンプレートです。空白のページレイアウトテンプレートはありません。空白ページが含まれたページレイアウト書類を出発点にする場合は、ページレイアウトテンプレートを選択して、その要素を削除します。

公開日: 2018/11/17
役に立ちましたか?