Numbers for iPhone: テキストおよび数字を入力する

テキストおよび数字を入力する

表に内容を追加する方法はいくつかあります。標準キーボード、または特定のタイプのデータやコントロール用の特殊キーボードを使って、セルに直接入力できます。内容を別の場所からコピー&ペーストしたり、自動入力を使ってパターンを自動的に入力したりすることもできます。

注記:表に変更を加えられない場合は、ロックが解除されていることを確認してください。表を選択し、「ロック解除」をタップします(「ロック解除」が表示されない場合、表はロックされていません)。

セルに内容を入力する

  1. セルをタップしてから、内容の入力を始めます。

    キーボードが開かない場合は、画面下部の 「キーボードを表示」ボタン をタップします。

  2. 別のキーボードに切り替えるには、キーボードの上部にあるいずれかのボタンをタップします(ボタンが表示されていない場合は、左矢印ボタン をタップします)。

    • テンキー: 「テンキー」ボタン をタップします。

      数字、通貨、分数(1 1/3など)を入力したり、セルに星印の評価やチェックボックスを追加したり、日付や時刻(12/31や2:15 PMなど)を入力したりできます。

    • 文字入力用キーボード: 「文字入力用キーボード」ボタン をタップします。

      単語、数字、日付などを入力できます。入力する内容によって、データがどのように解釈されるか、および計算でどのように使用されるかが決まります。たとえば、通貨記号が付いた数値は金額として、パーセント記号(%)が付いた数値は百分率として解釈されます。データフォーマットについて詳しくは、さまざまな種類のデータを表示するためにセルをフォーマットするを参照してください。

    • 日付と時刻のキーボード: 「日付と時刻のキーボード」ボタン をタップします。

    • 継続期間のキーボード: 「継続期間のキーボード」ボタン をタップします。

    • 数式キーボード: 「新規数式キーボード」ボタン をタップします。

  3. 入力した内容(数式を除く)を編集するには、セルをタッチして押さえたままにして、虫眼鏡が表示されたら、挿入ポイントを入力したい位置までドラッグして配置します。

    数式が入っているセルを編集する方法については、既存の数式を変更するを参照してください。

  4. セル内に行区切りまたはタブを挿入するには、セルをタッチして押さえたままにして、虫眼鏡が表示されたら、挿入ポイントを入力したい位置までドラッグして配置し、「挿入」をタップし、「タブ」または「行区切り」をタップします。

  5. 終了したら、「終了」をタップしてキーボードを閉じます。

セルから内容を削除するには、セルをタップしてから「削除」をタップします(「削除」が表示されない場合は、セルをもう一度タップします)。

イメージなどのオブジェクトを追加したり、セルに関数を挿入したり、セルにリンクを挿入したりすることもできます。

フォームを使ってデータを入力する

大きな表へ、行単位のデータを短時間で規則的に入力する場合は、表をフォームとして表示します。フォームでは、表の中の1行分のデータすべてを編集でき、各行の間をすばやく移動できます。フォームを使うことで、たとえば収集された大量の類似のデータを入力する作業を、各レコードの間をすばやく移動しながら、効率的に行えます。

フォームを使って表にデータを入力できるのは、表にヘッダ行が含まれ、かつ結合されたセルが含まれない場合だけです。ヘッダ列はオプションです。

注記:フォームを含むスプレッドシートを共有すると、そのフォームは非表示になります。

  1. 各レコードに入力するデータのカテゴリを記載したヘッダ行と、レコード名を記載したヘッダ列(オプション)を含む表を作成します。

    フォームで使用するように適切に設定された表。ヘッダ列と、データのカテゴリを記載したヘッダ行があります。
  2. シートの左上隅にある 「シートを追加」ボタン をタップしてから、「新規フォーム」をタップします。

    スプレッドシートに複数の表が含まれる場合は、表のリストが表示されます。

  3. フォームを作成する表の名前をタップします。

    同じシートにある表のリスト。
  4. フォームの右側の列で、フィールドをタップして編集します。

  5. フォーム内の次または前のフィールドに移動するには、キーボードの上矢印または下矢印をタップするか、フォームをスクロールしてすべてのフィールドを参照し、編集するフィールドをタップします。

    挿入ポイントをフィールド内に置けない場合、そのフィールドには計算の結果が格納されていて、フォームからは編集できません。

  6. レコードを追加、編集、または削除するには、以下のいずれかの操作を行います:

    • 次または前のレコードに移動する: 「次へ」ボタン または 「前へ」ボタン をタップします。

    • レコードを追加する: 「シートを追加」ボタン をタップします。

    • 現在のレコードを削除する: ゴミ箱ボタン をタップします。

  7. フォームを閉じるには、別のタブをタップします。

セルを自動入力する

同じ数式、データ、または論理的に連続したデータ(連続した数字、日付、文字など)をセル、行または列にすばやく入力できます。

必要に応じて以下の操作を実行します:

  • 隣接する1つまたは複数のセルの内容を1つまたは複数のセルに自動入力する: コピーしたい内容を含んだ 1つまたは複数のセルを選択し、画面下部にある 「セルアクション」メニューボタン をタップしてから、「セルに自動入力」をタップし、黄色の枠線をドラッグして内容の追加先のセルを枠線で囲みます。

    大きな黄色の枠線が表示されている選択中のセル。枠線をドラッグするとセルに自動入力できます。

    選択したセルに関連付けられているすべてのデータ、セルフォーマット、数式、枠線、または塗りつぶしが追加されますが、コメントは追加されません。自動入力を実行すると、既存のデータが上書きされます。

  • 隣接するセルの連続的な内容またはパターンをセルに自動入力する: 入力したい行または列の最初の2つのボディセルに、系列で最初の2つの項目を入力します。たとえば「A」および「B」と入力します。それらのセルを選択し、「セルアクション」メニューボタン をタップし、「セルに自動入力」をタップしてから、黄色の枠線をドラッグして入力したいセルを枠線で囲みます。

    値のパターンを使用してセルを自動入力することもできます。たとえば、最初に選択したセルが1と4であれば、隣接する2つのセルに向かってドラッグすると、3ずつ加算され、7、10という値が入ります。

自動入力機能では、グループのセル間の現在の関係について設定は行われません。したがって、処理後に特定のセルの値を変更しても、ほかのセルには影響しません。

セルを自動入力するとき、それらのセルを参照するすべての数式は、新しい値で自動的にアップデートされます。

セルの内容をコピーする/移動する

セルをコピーしたりセルのデータを表内の新しい場所に移動すると、セルのデータフォーマット、塗りつぶし、枠線、コメントなどのセルのプロパティもコピーまたは移動されます。

  1. コピーまたは移動したいセルを選択します。

  2. 以下のいずれかを実行します:

    • ペーストして既存の内容を上書きする: 「コピー」をタップします(「コピー」が表示されない場合は、選択したセルをもう一度タップします)。データをペーストしたい位置の左上のセルを選択して、「ペースト」をタップします(「ペースト」が表示されない場合は、セルをもう一度タップします)。

      データ範囲に数式が含まれる場合は、「数式をペースト」または「値をペースト」をタップします。既存のデータは上書きされます。

    • データを移動する: 選択範囲をタッチして押さえ、セルが表から持ち上がったら、表内の別の場所までドラッグします。既存のデータは新しいデータによって置き換えられます。

    • 既存の表の外側にペーストして新しい表を作成する: 「コピー」をタップします(「コピー」が表示されない場合は、選択したセルをもう一度タップします)。表の外側のシート上をタップし、もう一度シートをタップしてコンテクストメニューを表示してから、「ペースト」をタップします。ペーストされたセルを含む新しい表が作成されます。

公開日: 2019/07/26
役に立ちましたか?