Logic Pro X: ノートリピートを使う

ノートリピートを使う

受信した一連のMIDIノートを、キーを押している間同じピッチで繰り返すMIDIノートに変換できます。繰り返しの単位、ベロシティ、ゲートの長さなどのパラメータを定義できます。また、これらのパラメータを操作するためのMIDIコントローラをアサインすることもできます。

受信したMIDIノートを変換する

  1. ツールバーの「ノートリピート」ボタンをクリックします(または、対応するキーボードショートカットを使います)。

    図。「ノートリピート」ボタン
  2. 「ノートリピート」ダイアログで、以下の操作を行います:

    図。初期状態の「ノートリピート」ダイアログ
    • 「レート」ポップアップメニューから、繰り返しの単位を選択します。

    • 「ベロシティ」フィールドで、ベロシティ値を指定するか、デフォルトの「演奏した順」のままにします。

    • 「ゲート」フィールドで、ゲートの長さを指定します。

  3. ダイアログの左上にある開閉用三角ボタンをクリックして追加設定を表示し、以下の操作を行います:

    図。展開した「ノートリピート」ダイアログ
    • MIDIコントローラのチェックボックスを選択してそのポップアップメニューを有効にしてから、レート、ベロシティ、ゲートタイムの操作に使うコントローラをそれぞれ選択します。

    • レートとゲートタイムの最大値と最小値を設定します。

    • ベロシティの最大オフセット値と最小オフセット値を設定します。

  4. ダイアログの左下にある「キーリモート」チェックボックスを選択してキーボードを表示し、キーを使ってレートとゲートタイムの設定を指定します。

    図。「ノートリピート」キーボード。

    「Note Repeat」キーと「Spot Erase」キーは、以下の機能を持つオン/オフボタンです。

    • オフにすると(デフォルト)、「ノートリピート」ウインドウまたは「スポット消去」ウインドウを開いている間は常に、それぞれの機能がアクティブになります。

    • オンにすると、ノートリピートまたはスポット消去のリモートキーを押している間のみ、それぞれの機能がアクティブになります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?