Logic Pro X: オーディオエフェクトで選択範囲の処理を使用する

オーディオエフェクトで選択範囲の処理を使用する

トラック領域で作業中に、1つまたは複数のオーディオ・エフェクト・プラグインを、選択したオーディオリージョンやオーディオリージョンのマーキー選択に適用できます。変更を選択範囲に適用する前に、結果をプレビューしてさらに調整を加えることができます。エフェクトには「Logic Pro」内蔵のプラグインとAudio Unitsエフェクトプラグインの両方を含めることができ、トラックで使用されるプラグインとの間に依存関係はありません。

エフェクトを選択範囲に適用したり、処理したファイルで新しいテイクを作成したりできます。マーキーの選択範囲を処理する際には、元のリージョンの境界を維持することも、処理後のマーキーの選択範囲が含まれる新しいリージョンを作成することもできます。「マーキー境界で分割」と「新規テイクを作成」の両方が選択されている(かつ、マーキーの選択範囲がテイクフォルダではなくリージョン上にある)場合は、作成されるテイクフォルダにはマーキーの選択範囲のみが含まれます。「マーキー境界で分割」が選択されていない場合や、リージョンではなくテイクフォルダがマーキー選択されている場合、新しいテイクは元のリージョン全体に対して作成されます。

選択範囲の処理ウインドウには、2つのプラグインセット「A」と「B」が含まれています。これらのセットを切り替えることができます。セットごとに、チャンネルストリップ設定全体を選択したり、プラグインを個別に追加してその設定を変更したりできます。その後、セットAとセットBを比較して、どちらを使用するか選択できます。

「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されているときは、「選択範囲の処理」ウインドウを表示して使用できます。

オーディオ・トラック・エディタを使用しているときは、選択範囲の処理を適用することもできます。

エフェクトプラグインの使いかたについて詳しくは、プラグインの概要を参照してください。

エフェクトプラグインをリージョンまたはマーキー選択に適用する

  1. 以下のいずれかの操作を行います:

    • トラック領域またはオーディオ・トラック・エディタで1つ以上のオーディオリージョンを選択します。

    • トラック領域またはオーディオ・トラック・エディタでマーキー選択を行います。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • トラック領域またはオーディオ・トラック・エディタのメニューバーから「機能」>「選択範囲の処理」と選択します(または「選択範囲の処理を表示/隠す」キーコマンドを使います)。

    • 選択したリージョンをControlキーを押しながらクリックし、ショートカットメニューから「処理中」>「選択範囲の処理を再度適用」と選択します。

    図。セットAがアクティブになっている選択範囲の処理ウインドウ。

    選択範囲の処理ウインドウで、必要に応じて以下の操作を行います:

    • アクティブなプロセスを選択するには: セットAまたはセットBのオン/オフスイッチをクリックします。

      一方のプロセスをオンにすると他方のプロセスがオフになります。再生中にプロセスを自由に切り替えることができます。

    • チャンネルストリップ設定全体を選択範囲に適用するには: 「チャンネルストリップの設定」ポップアップメニューから設定を選択します。

      チャンネルストリップ設定を選択した後に、プラグインを個別に追加したり、削除したり、変更したりできます。

    • プラグインを追加するには: アクティブなプロセス(セットAまたはセットB)内で空のスロットをクリックし、ポップアップメニューからプラグインを選択します。

      プラグインを追加すると、プラグインウインドウが開いてその設定を調整できます。

    • マーキー選択範囲から選択した部分が含まれる新しいオーディオリージョンを作成するには: 「マーキー境界で分割」チェックボックスを選択します。

    • 変更が適用されたオーディオファイルを含む新しいテイクを作成するには: 「新規テイクを作成」チェックボックスを選択します。

    • 作成されるファイルの長さを延長して音源のリリースやエフェクトのテールを取り込むには: 「エフェクトテールを追加」チェックボックスを選択します。

    • 選択範囲にゲイン補正を設定するには: 「ゲイン」ポップアップメニューから設定を選択します。

      • 変更なし: 信号にゲインの変更は適用されません。

      • ラウドネス補正: 処理を加えた信号のレベルを変更して、未処理の信号の知覚される音の大きさに一致させます。

      • オーバーロード保護: オーバーロード(レベルが0dBを上回る状態)の場合に、処理を加えた信号のレベルを下げてクリッピングを除去します。0 dB未満のレベルは変更されません。

      • ノーマライズ: 処理を加えた信号のレベルを、クリッピング(歪み)が生じない最大レベルまで増減します。

    • 変更をプレビューするには: 「プレビュー」ボタンをクリックします。プレビューの音量は「プレビュー」スライダで調整できます。

      デフォルトでは、プレビューはソロになります。プロジェクトとプレビューを同時再生するには、アクション・ポップアップ・メニュー から「プレビューではソロが有効になります」を選択し、この選択を解除します。

      プレビュー中にサイクル範囲をオンにするには、アクション・ポップアップ・メニュー から「プレビューではサイクルが有効になります」を選択します。

  3. 変更を適用するには、「適用」をクリックします。

現在の選択範囲の処理を再び適用する

以下のいずれかの操作を行います:

  • トラック領域またはオーディオ・トラック・エディタのローカル・メニュー・バーから「機能」>「選択範囲の処理を再度適用」と選択します。

  • Controlキーを押しながらリージョンをクリックし、ショートカットメニューから「選択範囲の処理を再度適用」と選択します。

このコマンドを使用すると、新しい選択範囲を指定し、この選択範囲に現在の選択範囲の処理をすばやく適用できます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?