Logic Pro X: 用語集

用語集
(1)ベース(2)低音部、バス

(1)楽器の一種。(2)サウンドの低音域または低周波成分。「周波数」も参照してください。

「Flex」チェックボックス

リージョンインスペクタのチェックボックスの1つ。選択したオーディオリージョンのFlexのオン/オフを切り替えます。

「Flex」ボタン

トラック領域のボタンの1つ。オーディオ・トラック・ヘッダにあるFlex編集コントロールの表示/非表示を切り替えます。オーディオ・トラック・ヘッダとオーディオ・トラック・エディタにも同じようなボタンがあります。これらのボタンでは、トラックのFlexのオン/オフを切り替えることができます。

「Logic Pro」のメインウインドウ

Appでの作業の中心となるウインドウ。中央にはトラック領域があり、ほかのすべての作業領域やエディタをここに組み込むことができます。単にメインウインドウとも呼ばれます。

「MIDI入力」ボタン

エディタでステップ入力モードを有効にするためのボタン。「ステップ入力機能」も参照してください。

「エンバイロメント」ウインドウの「ミキサー」レイヤー

「エンバイロメント」ウインドウのレイヤーの1つ。プロジェクト内のMIDIチャンネルストリップを除くすべてのチャンネルストリップが表示されます。ほとんどの場合、プロジェクトのミキシングには「Logic Pro」のミキサーを使用します。

「エンバイロメント」ウインドウのレイヤー

「エンバイロメント」ウインドウでオブジェクトを整理するために使用するページ。通常は、操作しやすいように同じタイプのオブジェクト(MIDIオブジェクトなど)を同じレイヤーに配置します。

「オートパンチ」ボタン

コントロールバーのボタンの1つ。上下矢印のアイコンのボタンです。オートパンチ機能を有効にします。「オートパンチ機能」も参照してください。

「キーコマンド」ウインドウ

キーコマンドをコンピュータのキーまたはMIDIメッセージに割り当てるときに使用するウインドウ。

「キャッチ」ボタン

再生中にプロジェクトを自動的に横スクロールさせるためのボタン。常に、再生ヘッド位置付近のプロジェクト領域が表示されるようになります。このボタンはトラック領域および一部のエディタにあります。

「クオンタイズ」ボタン

選択したイベントをすばやくクオンタイズするためのボタン。「Q」のラベルが付いたボタンです。「クオンタイズツール」および「クオンタイズ」も参照してください。

「クオンタイズ」ポップアップメニュー

「Logic Pro」で使用するクオンタイズ値を選択するためのメニュー。「クオンタイズツール」および「クオンタイズ」も参照してください。

「コンテンツ」リンクモード

1つのトラックに複数のMIDIリージョンが並んでいるときにピアノ・ロール・エディタでMIDIリージョンの内容を表示したい場合などに便利なモード。このモードにすると、選択したMIDIリージョンの内容だけがピアノ・ロール・エディタに表示されます。プロジェクトの再生時に、選択状態に関係なく各MIDIリージョンの内容をピアノ・ロール・エディタに表示したい場合は、コンテンツ・キャッチ・モードを有効にする必要があります。「「リンク」ボタン」も参照してください。

「スナップ」ポップアップメニュー

リニア編集ウインドウのローカル・メニュー・バーにあるポップアップメニューの1つ。リージョンまたはイベントの編集時の動作を指定します。長さの変更時やカット時に、「スナップ」ポップアップメニューで選択した単位の最も近い軸にスナップします。

「すべてのファイル」ブラウザ

ブラウザ領域にあるブラウザの1つ。ファイルを管理したりデータを読み込んだりできます。「ブラウザ」も参照してください。

「テンポ」トラック

「Logic Pro」のグローバルトラックの1つ。テンポチェンジがノードとして表示されます。

「ドラッグ」ポップアップメニュー

リニア編集ウインドウのメニューバーにあるポップアップメニューの1つ。リージョンやイベントを互いに重なる位置までドラッグしたときの動作を指定します。

「トランスフォーム」ウインドウ

エディタの1つ。特定のMIDIイベントを選択および編集するための条件や操作を定義できます。

「トランスポーズ」トラック

「Logic Pro」のグローバルトラックの1つ。プロジェクトの一部をトランスポーズしたり、トランスポーズイベントを表示したりできます。

「バウンス」ボタン

出力チャンネルの出力をバウンスしてオーディオファイルを生成するためのボタン。「バウンス」も参照してください。

「ビートマッピング」トラック

グローバルトラックの1つ。オーディオリージョンやMIDIリージョンを分析し、リージョンに含まれるノートイベントやトランジェントイベントに基づいてテンポイベントを作成できます。これにより、メトロノームクリックを使わずに録音した素材をプロジェクト内のほかの素材と簡単に同期させることができます。

「フィルタ」ボタン

イベントリストおよびミキサーのボタンの1つ。特定のタイプのイベントまたはチャンネルストリップの表示/非表示を切り替えます。

「フォーマット」ボタン

オーディオ・チャンネル・ストリップのボタンの1つ。チャンネルストリップの入力フォーマットを選択します。このボタンをクリックしたままにすると、フォーマットのポップアップメニューが表示されます。

「リンク」ボタン

ピアノ・ロール・エディタとスコアエディタのボタンの1つ。鎖のアイコンのボタンです。コンテンツとその関連ワークスペースとのリンク方法を指定します。すべてのコンテンツを表示するか、選択したリージョンのコンテンツだけを表示するかを選択できます。関連ワークスペース間のリンクを解除することもできます。

「設定」ボタン

ミキサーのチャンネルストリップにあるパネルの1つ。チャンネルストリップ設定を読み込み、コピー、保存できます。これらの設定には、プラグインを含むチャンネルストリップの設定情報が含まれます。

「設定」ポップアップメニュー

すべてのプラグインウインドウで上部のグレイ領域にあるメニュー。設定(エフェクトやソフトウェア音源のパラメータ値)を保存、読み込み、コピー、ペーストできます。

「同期」ボタン

コントロールバーのボタンの1つ。外部同期モードのオン/オフを切り替えます。

「表示レベル」ボタン

1つ上の表示レベルに移動するためのボタン。多くのウインドウの左上隅にあります。たとえば、フォルダ内のMIDIリージョンのイベントを表示しているときに「表示レベル」ボタンをクリックすると、親フォルダ内のMIDIリージョンが表示されます。もう一度クリックすると、フォルダが表示されます。

AAC

 Advanced Audio Codecの略。オーディオデータ用の圧縮/展開アルゴリズムおよびファイルフォーマット。

AAF

 Advanced Authoring Formatの略。異なるプラットフォーム間でプロジェクトを受け渡しするためのファイルフォーマット。トラックの参照、時間位置、音量オートメーションなどを維持したまま複数のオーディオトラックを読み込むことができます。

ADAT

 Alesis Digital Audio Tapeの略。デジタル・マルチトラック・カセット・レコーダの一種。8トラックに対応し、S-VHSビデオテープを使ってオーディオを16ビットまたは20ビットで録音できます。

ADATオプティカル

光インターフェイスの一種。光ファイバーケーブルを使って8チャンネルオーディオをパラレル転送できます。デジタル・マルチチャンネル・インターフェイスの規格として標準的に使われています。

ADコンバータ(ADC)

 アナログ-デジタル(Analog-to-Digital)コンバータの略。アナログ信号をデジタル信号に変換する装置。

AES/EBU

 Audio Engineering Society/European Broadcasting Unionの略。業務用ステレオ・デジタル・オーディオ信号の標準伝送フォーマットおよびそれを策定した団体。このフォーマットはS/P-DIFと似ていますが、高電圧でバランス・ライン・ドライバを使用する点が異なります。接続するデバイスの種類によってはAES/EBUとS/P-DIFの同軸インターフェイス間で直接通信できることがあります。「S/P-DIF」も参照してください。

AIFF

 Audio Interchange File Formatの略。異なるプラットフォーム間でオーディオファイルを受け渡しするためのファイルフォーマット。多くのデジタルオーディオAppおよびビデオ編集Appでサポートされています。一般的な16ビットと24ビット以外にも、幅広いビット数に対応しています。

ALAC

 Apple Lossless Audio Codecの略。ロスレスオーディオ圧縮を使用するエンコーディング/デコーディングアルゴリズム。

Apple Loops

リズムのような繰り返しに適した音楽要素を含む、事前録音済みのオーディオリージョンまたはMIDIリージョン。音源、ジャンル、ムードを示すタグが付けられているため、ループブラウザで好みのファイルをすばやく見つけることができます。オーディオApple Loopsにはトランジェントも含まれており、「Logic Pro」ではこの情報に基づいてタイムストレッチやピッチシフトが適切に行われます。

ASCII

 American Standard Code for Information Interchangeの略。コンピュータでテキスト文字を扱うために使われる標準文字セット。キーボードからASCII文字を入力すると、コンピュータで読み取り、操作、保存、取得可能なバイナリデータに変換されます。「スキャンコード」も参照してください。

Audio MIDI設定(AMS)

コンピュータに接続されているオーディオ入出力デバイスやMIDI入出力デバイスを設定するためのユーティリティ。「Logic Pro」では、AMSユーティリティで定義された設定が使われます。AMSは「アプリケーション/ユーティリティ」フォルダ内にあります。

Audio Random Access(ARA)

Celemony社では、Audio Random Access(ARA)と呼ばれる、Audio Unitsプラグイン規格の機能拡張を提供しています。ARAを使うと、ホストAppと互換プラグインの間で曲の構造情報(リージョンとそれに関連付けられたオーディオファイルなど)や解析結果(トランジェントやピッチ情報など)を共有できます。Logic ProはARA 2互換プラグインをサポートしています。

Audio Units(AU)

Mac OS Xで使われる、リアルタイムプラグインの標準フォーマット。Audio Unitsプラグインには、オーディオエフェクト、ソフトウェア音源、ジェネレータなどがあります。AUフォーマットはオペレーティングシステムに組み込まれており、インストールしたAUプラグインはすべてのAU対応プログラムからアクセスできます。「Logic Pro」ではすべてのAUフォーマットプラグインがサポートされます。

Auxチャンネルストリップ

ミキサーのチャンネルストリップの1つ。センド/リターン(バス)やサブグループを制御できます。

bpm

 拍/分(beats per minute)の略。音楽のテンポを表す単位。たとえば、120 bpmは1分間に120の拍(四分音符)があることを示します。「テンポ」も参照してください。

Broadcast Wave

WAV、WAVE」を参照してください。

CAF

 Core Audio Formatの略。ほぼすべてのサイズ、サンプルレート、ビット数の圧縮または非圧縮オーディオファイルのコンテナとして使用できるファイルフォーマット。サンプルレート44.1 kHzで約3時間のオーディオ録音が可能です(サンプルレートを上げると録音可能な時間は短くなります)。

CDオーディオ

ステレオ音楽CDの標準規格。サンプルレートは44.1 kHzで、ビット数は16ビットです。

Core Audio

Mac OS Xを搭載するすべてのMacコンピュータで使われる標準のオーディオ・ドライバ・システム。Mac OS Xに統合されているため、Core Audioに対応したオーディオインターフェイスであれば追加手順なしで利用できます。「Logic Pro」では、Core Audio対応のすべてのオーディオハードウェアがサポートされます。

Core MIDI

Mac OS Xを搭載するすべてのMacコンピュータで使われる標準のMIDIドライバシステム。Mac OS Xに統合されているため、Core MIDIに対応したMIDIデバイスであれば追加手順なしで接続できます。「Logic Pro」では、Core MIDI対応のすべてのMIDIハードウェアがサポートされます。

DAW

 Digital Audio Workstationの略。オーディオファイルを録音、アレンジ、ミキシング、制作するためのコンピュータシステム。

DAコンバータ(DAC)

 デジタル-アナログ(Digital-to-Analog)コンバータの略。デジタル信号をアナログ信号に変換する装置。

dB

 デシベル(decibel)の略。電圧レベル、強度、または電力の関係を表す測定単位。特にオーディオシステムの分野でよく使われます。

DCオフセット

オーディオ信号に直流(DC)成分が乗ることで生じるエラー。オーディオ・ファイル・エディタで表示すると波形の位置が上下にずれます。

DeEsser

オーディオ信号からヒスノイズや歯擦音を除去する信号プロセッサ。

DFS

 Digital Full Scaleの略。別表記で0 dB DFS。デジタル信号でクリッピングやその他の歪みが生じない理論上の最大レベル。「Logic Pro」のチャンネルストリップにあるレベルメーターでは「0 dB」と表記されます。

Drummer

「Logic Pro」の機能の1つ。Drummerトラックを使ってプロジェクトに仮想ドラマーを追加します。ドラマーの演奏はDrummerエディタで編集できます。

Drummerエディタ

仮想ドラマーの演奏スタイルを編集するためのエディタ。プリセットを選択してから、キット・ピース・パターンのバリエーションやフィルの設定など、個々の設定を調整できます。

Drummerトラック

トラック領域のトラックの一種。Drummerリージョンを再生および編集できます。1つのプロジェクトに作成できるDrummerトラックは1つだけです。

Drummerリージョン

リアルなドラム演奏を含むリージョン。Drummerエディタでさまざまな設定を編集できます。

DSP(デジタル信号処理)

「Logic Pro」では、信号を変更するためにデジタル情報を数学的に処理すること。たとえば、チャンネルストリップのエフェクトスロットでは、ダイナミックコンプレッションやディレイなどのDSPエフェクトがチャンネル信号に適用されます。音量やパンの変更といった単純な操作でもDSP計算が行われます。

EQ

 イコライザ(Equalizer)の略。オーディオ信号の特定の周波数を増幅または減衰させるエフェクト。「Logic Pro」には数種類のEQが用意されています。

FireWire

IEEE 1394標準の別名。Appleが商標を持っています。高速かつ多目的なシリアルインターフェイスで、オーディオインターフェイスなどのオーディオデバイスをコンピュータと接続するためによく使われます。FireWire 400とFireWire 800の2つのバージョンがあり、それぞれコネクタの形状が異なります。FireWire信号はThunderboltアダプタでも伝送できます。

Flex Pitch

トラックベースの設定の1つ。オーディオ素材のピッチの変更方法を指定します。

Flex Time

オーディオリージョンのイベント(ノートや拍など)のタイミングを簡単に編集するための設定。ほかのAppでは、同様の機能がエラスティックオーディオと呼ばれることがあります。トリム、移動、ナッジ、クロスフェードといった手法を駆使しなくても、オーディオリージョン内で指定したイベント間の時間を簡単に圧縮または伸長できます。

Flexツール

基本的なFlex編集機能にすばやくアクセスするためのツール。トラック領域でFlex表示を有効にする必要はありません。「Flex表示」も参照してください。

Flexマーカー

オーディオ素材のタイミングを変更するためのマーカー。

Flexモード

トラックベースの設定の1つ。オーディオのタイミングやピッチの変更方法を指定します。

Flex表示

トラック領域の表示の1つ。オーディオ素材のタイミングやピッチを編集できます。

Flex編集

オーディオリージョンのイベント(ノートや拍など)のタイミングやピッチを編集する処理。「Flex Time」および「Flex Pitch」も参照してください。

GM

 General MIDIの略。MIDIサウンドモジュールの標準規格。一連の音源サウンド、ドラムおよびパーカッションサウンドの標準キー割り当て、16パートのマルチティンバー音源、24ボイス以上のポリフォニーを定めています。GM音源を使って作った曲は、ほかのGM対応シンセサイザーやサウンドモジュールでも正しく再生されます。

GS

Roland社が開発した、GMの拡張規格。

Hermode Tuning

電子鍵盤楽器または「Logic Pro」のソフトウェア音源のチューニングを演奏中に自動制御する処理。キーと音符の間のピッチの関係を維持しつつ、電子楽器の個々の音符を修正することで、調整の純正性を高いレベルで確保できます。

LFO

 Low Frequency Oscillatorの略。可聴周波数帯域以下(0.1 Hz-20 Hzの帯域幅、場合によっては50 Hzまたは400 Hzを含む)の変調信号を生成するオシレータ。

MIDI

 Musical Instrument Digital Interfaceの略。シンセサイザーやコンピュータなどのデバイス間の相互通信を目的とした、電子楽器向けのハードウェアおよびソフトウェアインターフェイス標準規格。ノートイベントのピッチ、長さ、音量など、さまざまな特性を規定しています。

MIDIインターフェイス

MIDIコントローラなどのMIDIデバイスをコンピュータに接続するためのハードウェアコンポーネント。「オーディオインターフェイス」も参照してください。

MIDIクロック

クロック信号用の短いMIDIメッセージ。MIDIデバイス間でタイミングを合わせるためのパルスとして使われます。精度は基本的に24 ppqn(パルス/四分音符)ですが、デバイスによっては補完的なパルスを組み込んでいるものもあります。各デバイスがこの追加情報に対応している場合は、クロック信号の精度が高くなります。「SPP」も参照してください。

MIDIスルーツール

「エンバイロメント」のツールの1つ。トラック領域で選択したトラックにエンバイロメントオブジェクトを割り当てることができます。

MIDIタイムコード(MTC)

SMPTEタイムコード信号をMIDI標準タイムコード信号に変換したもの。MIDIタイムコードをサポートするデバイス(MIDIデバイス、その他のシーケンサー、ビデオテープ装置、オーディオテープ装置、ハードディスク装置など)と「Logic Pro」を同期させるために使用します。MTCによって絶対時間位置が決まります。また、MTCでは開始、停止、続行の各メッセージもサポートされます。

MIDIチャンネル

「Logic Pro」で録音したトラックは、異なる情報や再生サウンドが割り当てられた複数のMIDIチャンネルに送信できます(たとえば、ピアノが割り当てられたチャンネル1、ベースサウンドが割り当てられたチャンネル2、ストリングスが割り当てられたチャンネル3など)。受信側のデバイスが複数チャンネルのデータ受信と異種サウンドの同時再生に対応している場合は、1つのポートで最大16のMIDIチャンネルの信号を同時に送信できます。「マルチティンバー」も参照してください。

MIDIプラグイン

MIDIプラグインはソフトウェア音源チャンネルストリップに挿入できます。これによってMIDIリージョンやMIDIキーボードからのMIDIデータをリアルタイムで処理および生成できます。「Logic Pro」のMIDIプラグインには、Arpeggiator、Chord Trigger、Modulatorや、独自のMIDI処理/生成スクリプトを作成できるScripterなどがあります。

MIDIマルチモード

MIDIサウンドモジュールのマルチティンバー操作モード。複数のMIDIチャンネルで異なるサウンドを(多声的に)制御できます。マルチモードのサウンドモジュールは、いくつかのポリフォニック・サウンド・モジュールと同じように機能します。GM(General MIDI)では16パートのマルチモード(16の異なるパートを個別に制御できるモード)が規定されています。最近のサウンドジェネレータのほとんどはマルチモードをサポートしています。「Logic Pro」では、マルチモードのサウンドモジュールに対応するためにマルチインストゥルメントオブジェクトが使われます。このMIDIモードとマルチモードのサウンドモジュールは、通常、マルチティンバーと呼ばれます。「マルチティンバー」も参照してください。

MIDIメッセージ

MIDIを介して送信されるメッセージ。1つのステータスバイトと0、1、2、またはそれ以上のデータバイト(システム・エクスクルーシブ・コマンドなど)で構成されます。「イベント」も参照してください。

MIDIリージョン

MIDIイベント用のデータコンテナ。トラック領域では角の丸い長方形として表示されます。

mLAN

Yamaha社が設計した、FireWireインターフェイスの一種。Yamaha社のデジタルミキサーやその他のデバイスをMacのFireWireポートに直接接続できます。「FireWire」も参照してください。

MMC(MIDIマシンコントロール)

「Logic Pro」でMMC互換のテープマシンのトランスポート機能を制御するために使われるMIDIコマンドのセット。MMCを介して「Logic Pro」から録音処理を制御したり自動化したりすることもできます。

MP3

 MPEG-2 Audio Layer 3の略。圧縮オーディオ・ファイル・フォーマットの1つ。インターネットでオーディオファイルを配信する際によく使われます。

PWM

 Pulse Width Modulationの略。シンセサイザーによく搭載されているモジュレーションの一種。矩形波のパルス幅を変化させます。通常の矩形波はうつろで硬い音になりますが、PWMをかけた矩形波は甲高く鼻にかかったような音になります。

QuickTime

デジタル圧縮ムービーの再生およびエンコーディング用にAppleが開発したクロスプラットフォームの標準フォーマット。「Logic Pro」のメインウインドウまたはグローバル・ムービー・トラックでは、QuickTimeムービーをプロジェクトと同期させて表示できます。再生ヘッドを動かすと、それに合わせてムービーの再生位置が変わり、ムービーの再生位置を変えると、それに合わせて再生ヘッドが動きます。

Q値

イコライザで使われる用語。イコライゼーションのクオリティ係数を指します。この値を調節して、入力信号の音響スペクトル全体の中で選択する周波数範囲を狭めたり広げたりします。

ReCycle

Propellerhead社のApp。主にループの編集および生成ツールとして使われます。「ReCycle」では独自のファイルフォーマット(.rex)が使われます。このファイルは「Logic Pro」で読み込むことができます。

ReWire

Propellerhead Software社が開発したオーディオストリーミングおよび同期技術。ReWire Appの出力は、「Logic Pro」のミキサーにルーティングして処理できます。「Logic Pro」からReWireプログラムのトランスポート機能を操作したり、「Logic Pro」の音源トラックでReWire Appのソフトウェア音源を扱ったりすることもできます。

S/P-DIF

 Sony/Philips Digital Interfaceの略。業務用ステレオ・デジタル・オーディオ信号の標準伝送フォーマット。このフォーマットはAES/EBUと似ていますが、75オームの同軸または光コネクタ/ケーブルを使用する点が異なります。接続するデバイスの種類によってはAES/EBUとS/P-DIFの同軸インターフェイス間で直接通信できることがあります。最近のほとんどのデジタル・オーディオ・インターフェイスはS/P-DIFコネクタを備えています。

SDII

 Sound Designer IIの略。オーディオ・ファイル・フォーマットの一種。AIFFファイルフォーマットとよく似た構造を持ちます。

Smart Control

Smart Controlを使うと、オンスクリーンコントロールを操作して、選択したトラックのサウンドを制御できます。ソフトウェア音源やエフェクトなど、チャンネルストリップとプラグインの両方のパラメータを制御できます。「スクリーンコントロール」も参照してください。

SMPTE

 Society of Motion Picture and Television Engineersの略。時間を時、分、秒、フレーム、サブフレーム(SMPTEタイムコード)に分割する同期システムの規格を定める団体。SMPTEタイムコードは、異なるデバイスを同期させるためにも使われます。MIDIではMIDIタイムコード(MTC)がSMPTEタイムコードに相当します。「MIDIタイムコード(MTC)」も参照してください。

SMPTEタイムルーラ

SMPTEフォーマットで時間を表示するように設定した「Logic Pro」のルーラ。プロジェクトにムービーを追加したときはタイムコードを表示できます。

SPP

 Song Position Pointerの略。現在のソング(プロジェクト)の位置を示す、MIDIクロック・タイミング・パルスのサブメッセージ。小節単位では(デバイスによっては拍単位でも)正確ですが、MIDIタイムコード(MTC)ほど精度は高くありません。そのため、「Logic Pro」と同期する際にどちらかを選択できる場合はMTCを使用することをお勧めします。「MIDIクロック」および「MIDIタイムコード(MTC)」も参照してください。

Surround Pannerコントロール

標準のパン/バランスノブの代わりにチャンネルストリップに表示されるコントロール。選択したプロジェクト・サラウンド・フォーマットに含まれるスピーカー間のチャンネル信号の相対位置を調節できます。

SysEx

 システムエクスクルーシブ(System Exclusive)データの略。MIDIコマンド階層の最上位に位置するデータ。SysExメッセージには、製造元を示すID番号(SysEx製造元ID番号)がタグ付けされ、コマンドの実際の内容は製造元にまかされています。一般的には、サウンドプログラムやシステム設定を送信したり、デバイス固有のサウンド生成パラメータや信号処理パラメータを指定したりするために使われます。

Track Stack

Track Stackは、トラックの整理や操作、トラック数の多いプロジェクトの管理、オーディオサブグループの作成と管理に役立ちます。Track Stackにはフォルダスタックサミングスタックの2種類があります。どちらのタイプにも、メイントラックと1つまたは複数のサブトラックがあります。「フォルダスタック」および「サミングスタック」も参照してください。

Unicode

コンピュータが処理できるのは基本的に数字だけです。そのため、文字やその他の記号はそれぞれ番号を割り当てた上で格納されています。Unicodeは、プラットフォーム、プログラム、言語に関係なく、すべての文字に固有の番号を割り当てるためのコード体系です。

Varispeed

テープマシンでの従来のVarispeed機能と同じ方法でプロジェクト全体の速度を調整する機能。ピッチと速度の両方を変更することも、速度のみを変更(ピッチは維持)することもできます。

VUメーター

 音量単位(Volume Unit)メーターの略。オーディオレベルをモニタリングするためのアナログメーター。通常は環状の目盛があり、その上を針が動きます。

WAV、WAVE

Windows互換コンピュータで主に使われているオーディオフォーマット。「Logic Pro」で録音およびバウンスしたWAVファイルはすべてBroadcast Waveフォーマットになります。このフォーマットでは、位置情報を含む高分解能のタイムスタンプ情報が記録されます。これにより、ほかのオーディオAppやビデオAppでファイルの位置を簡単に合わせることができます。

アーティキュレーション

楽器をエミュレートするサンプリング音源の再生中に、アーティキュレーションという独特な奏法を切り替えることができます。各アーティキュレーションには一意のアーティキュレーションIDが割り当てられています。使用可能なアーティキュレーションに関する情報は、アーティキュレーションセットに保存されます。アーティキュレーションセットは、パッチの一部としても、プロジェクトにも保存されます。

アーティキュレーション・セット・エディタ

アーティキュレーション・セット・エディタでは、キースイッチやコントローラスイッチの高度な定義を作成したり、他社製サンプルライブラリと互換性を確保するための出力変換を定義したりできます。また、アーティキュレーション・セット・エディタを使って、アーティキュレーションIDが割り当てられているが設定済みのアーティキュレーションがない音源のアーティキュレーションセットを作成することもできます。

アタック

音の立ち上がり段階。エンベロープの一部でもあります。「エンベロープ」も参照してください。

アッチェレランド

テンポを徐々に速くすること。「テンポ」を参照してください。

アッテネート、減衰

オーディオ信号のレベルを下げること。「ブースト、増幅」および「カット」も参照してください。

アナログ信号

電圧レベルの変化を連続的に表したオーディオデータ。「Logic Pro」で使用するには、取り込み操作によってデジタル変換する必要があります。「デジタル」も参照してください。

アフタータッチ

MIDIデータ・タイプの一種。鍵盤を押した後、さらに押し込むことで生成されます。チャンネルアフタータッチとポリフォニックアフタータッチの2種類があります。チャンネルアフタータッチでは、全鍵盤共通のセンサーによって圧力が検出され、同時に演奏したすべての音に同じ情報が使われます。これに対してポリフォニックアフタータッチでは、鍵盤ごとに圧力が検出され、音ごとに個別の情報が使われます。アフタータッチはキープレッシャーまたは音圧感度とも呼ばれます。

アンカーポイント

オーディオリージョンの基点となる、オーディオファイルの開始位置。「オーディオ・ファイル・エディタ」も参照してください。

アンプ

信号レベルを増幅する装置。

イコライゼーション

イコライザを使って複数の周波数帯の相対音量(レベル)を調整すること。「EQ」を参照してください。

イベント

ノート・オン・コマンドなどの個々のMIDIコマンド。動きが連続しているコントローラ(モジュレーションホイールなど)では、絶対値を持つ個別のイベントが続けて生成されます。

イベントリスト

プロジェクト内のすべてのイベントやリージョンが表示されるリスト。正確な数値を指定してイベントやリージョンを直接操作することもできます。また、異なるタイプのイベントを追加することもできます。

イベント定義

ステップエディタのレーンに表示するイベントタイプを定義するためのパラメータ。「レーンセット」も参照してください。

インスペクタ

メインウインドウの左側の領域。選択したトラックのインスペクタとチャンネルストリップが表示されます。インスペクタには常に、現在キーフォーカスのある領域(選択したトラック、リージョン、イベント、オブジェクトなど)のパラメータが表示されます。

インターリーブ・オーディオ・ファイル

「Logic Pro」では通常、マルチチャンネル(ステレオまたはサラウンド)オーディオファイルがインターリーブフォーマットとして扱われます。インターリーブフォーマットのファイルを編集すると、すべてのチャンネルに均等に変更が適用されます。「スプリット・チャンネル・オーディオ・ファイル」も参照してください。

ウェット/ドライミックス

エフェクトが適用された信号(ウェット)と元の未処理の信号(ドライ)の混合比。

エイリアス

トラック領域のMIDIリージョンを参照するポインタ。エイリアス自体にはMIDIデータは含まれません。元のMIDIリージョンのデータを参照するだけです。エイリアスを作成するには、Option+Shiftキーを押しながらMIDIリージョンを新しい場所にドラッグします。エイリアスは直接編集できません。参照元のリージョンを変更すると、その変更がエイリアスにも反映されます。

エクスパンダ

オーディオ信号のダイナミックレンジを広げるエフェクト。「コンプレッサ」も参照してください。

エディタ

「Logic Pro」では、MIDIデータやオーディオデータを編集するための領域またはウインドウのこと。MIDIイベントデータ用にはピアノ・ロール・エディタ、ステップエディタ、イベントリスト、スコアエディタがあり、オーディオデータ用にはオーディオ・トラック・エディタとオーディオ・ファイル・エディタがあり、Drummerリージョン用にはDrummerエディタがあります。イベントリストはリージョンの編集や位置調整にも使用できます。

エディタ表示

プラグインパラメータの表示方法の1つ。グラフィックスを使った表示方法で、これがデフォルト表示です。コントロール表示からエディタ表示に切り替えるには、プラグインウインドウの上部にある「表示」ポップアップメニューから「エディタ」を選択します。「コントロール表示」も参照してください。

エフェクト

オーディオ信号のサウンドを特定の方法で変化させるソフトウェア・アルゴリズムの一種。「Logic Pro」には、EQ、ダイナミクス、タイムベース、モジュレーション、ディストーションなどのエフェクトが、Logic ProネイティブフォーマットとAudio Unitsプラグインフォーマットで用意されています。

エフェクトスロット

「Logic Pro」のチャンネルストリップにあるパネルの1つ。オーディオエフェクトまたはMIDIエフェクトプラグインを挿入できます。

エンバイロメント

「Logic Pro」のワークスペースの1つ。コンピュータ外部のハードウェアデバイスとコンピュータ内部のバーチャルデバイスの関係が視覚的に表示されます。基本的な入出力処理やMIDIデータのリアルタイム処理を制御できます。また、仮想リズムジェネレータや仮想ステップシーケンサーなどの処理マシンや複雑なシンセサイザーエディタを作成することもできます。

エンベロープ

サウンドの振幅(またはスペクトル成分)の経時変化を示すグラフ。デバイスでサウンドをどのように出し始め、持続させて、終えるかを制御できます。シンセサイザーのエンベロープは通常、アタックフェーズ、ディケイフェーズ、サスティンフェーズ、リリースフェーズ(総称してADSR)で構成されます。

オーディオ・チャンネル・ストリップ

ミキサーのチャンネルストリップの一種。トラック領域のオーディオトラックを操作できます。オーディオトラックのデータはすべて、トラック領域で割り当てられたオーディオ・チャンネル・ストリップに自動的にルーティングされます。

オーディオ・トラック・エディタ

「Logic Pro」のエディタの1つ。オーディオトラックの一部が拡大表示され、リージョンのオーディオ波形が表示されます。移動、トリム、分割、結合など、さまざまな方法でオーディオリージョンを編集できます。オーディオ・トラック・エディタでFlex Pitchを使用して、オーディオ素材のピッチをクオンタイズしたり編集したりすることもできます。「Flex編集」も参照してください。

オーディオ・ファイル・エディタ

「Logic Pro」のエディタの1つ。オーディオファイルをさまざまな方法で破壊編集および処理できます。オーディオファイル内の個々のサンプルを編集したり、特殊なサンプル処理ツールを使用したりできます。

オーディオインターフェイス

コンピュータでサウンドを入出力するための装置。マイクや楽器などから取り込んだアナログ信号を、コンピュータで処理できるデジタル・オーディオ・データに変換します。逆方向では、コンピュータから出力されたデジタル・オーディオ・データを、スピーカーなどで再生できるアナログ信号に変換します。

オーディオトラック

トラック領域のトラックの一種。オーディオリージョンを再生、録音、編集できます。オーディオトラックのデータは、ミキサーのオーディオ・チャンネル・ストリップにルーティングされます。

オーディオファイル

ハードディスク上に保存されたデジタル録音サウンド。「Logic Pro」では、AIFF、WAV、Sound Designer II(SDII)、CAFのいずれかのフォーマットで保存できます。録音およびバウンスされたWAVファイルはすべてBroadcast Waveフォーマットになります。

オーディオリージョン

トラック領域のオーディオトラックに配置できる、オーディオファイルの一部。実際にはオーディオファイルの一部を参照するエイリアス(ポインタ)です。トラック領域では色付きの長方形で表示されます。長さは1サンプル長から元のオーディオファイルの長さまでの間で自由に調整できます。「Logic Pro」でオーディオリージョンを編集しても元のオーディオファイルは変更されません。「リージョン」および「MIDIリージョン」も参照してください。

オートパンチ機能

あらかじめ指定した位置で録音を開始および停止する機能。通常、録音の中で一部だけを録り直したいときに使用します。この機能を使えば、録音の開始/停止操作に気を取られることなく演奏に集中できます。「「オートパンチ」ボタン」も参照してください。

オートメーション

パラメータの動きを記録、編集、再生する機能。すべてのノブ、コントロール、ボタン(音量フェーダー、パンコントロール、EQコントロール、Auxセンドコントロールなど)、およびエフェクトプラグインと音源プラグインのほとんどのパラメータが対象になります。

オートメーション・カーブ・ツール

2つのオートメーションポイントを結ぶ線を曲げてポイント間の遷移を非線形にするツール。

オートメーションポイント

オートメーションカーブ上で特定の時間位置におけるオートメーションパラメータの値を示す点。オートメーションポイントを追加および編集することによってパラメータのオートメーションを調節できます。

オートメーション選択ツール

オートメーションデータを選択してリージョンの境界にオートメーションポイントを作成するツール。

オールパスフィルタ

すべての周波数を通過させ、振幅特性を変えずに位相のみをシフトまたはディレイさせるフィルタ。

オシレータ

シンセサイザーの回路の1つ。通常は第1段階で使用され、倍音の量が異なる複数の波形を組み合わせて基本となる音を生成します。これをほかのシンセサイザーコントロールで調整して最終的な音を作ります。

オブジェクト

「Logic Pro」の「エンバイロメント」でグラフィックに表される要素。MIDIデータをリアルタイムで作成および処理できます。また、仮想リズムジェネレータやステップシーケンサーなどの処理マシンを作成することもできます。エンバイロメントオブジェクトには、音源、マルチインストゥルメント、フェーダー、アルペジエータなどがあります。「エンバイロメント」ウインドウの「ミキサー」レイヤーには、オーディオデータを処理するためのオブジェクトがあります。

オフセット

(1)ソース・オーディオ・ファイルの再生位置とファイルの開始位置(アンカー)とのずれ。これは開始位置オフセットとも呼ばれます。(2)ビデオ・タイム・コードに関しては、Logic Proプロジェクトの開始時間とQuickTimeムービーファイルの開始時間のずれのこと。(3)波形の振幅に関しては、ハードウェアでの録音エラーによって生じる振幅の中心からのずれのこと。このずれは、オーディオ・ファイル・エディタのDCオフセット機能で修正できます。「DCオフセット」も参照してください。

カウントイン

録音(または再生)の開始前にテンポを示すメトロノームサウンド。通常は1小節の長さです。コントロールバーには、カウントインを設定するための「カウントイン」ボタンがあります。

カット

EQなどのフィルタでレベルまたは周波数を減衰させること。ファイルやリージョンなどの一部を分割または削除する操作を指すこともあります。「ブースト、増幅」および「アッテネート、減衰」も参照してください。

カットオフ周波数

オーディオ信号がローパスフィルタやハイパスフィルタを通るときに減衰(通常は3 dBの減衰)の起点になる周波数。

カメラツール

スコアエディタのツールの1つ。スコアの一部を選択して、イメージファイルまたはPDFファイルとして書き出すことができます。

キー

楽曲で使われる、特定の音程を基準とした音階。基準となる音程はキーのルートと呼ばれます。キーは、MIDIまたは通常の鍵盤楽器の黒鍵や白鍵を指すこともあります。

キー(調号)

楽曲または現在の選択範囲のキーとスケールを示す音楽記号。スコアエディタでは、各譜表の先頭(左端)に表示されます。「キー」も参照してください。

キー/拍子トラック

グローバルトラックの1つ。プロジェクトに含まれるすべてのキーと拍子が表示されます。

キー/拍子リスト

プロジェクトに含まれるすべてのキーと拍子が一覧表示されるウインドウ(またはタブ)。

キーコマンド

コンピュータキーボードまたはMIDIコントローラの特定のキー(またはキーの組み合わせ)を押すことで実行できる機能。

キーフォーカス

「Logic Pro」では、ウインドウが選択されてアクティブになっている状態を「キーフォーカスがある」と表現します。キーコマンドの多くは、ウインドウにキーフォーカスがあるときにのみ機能します。インスペクタでは、キーフォーカスのあるウインドウに応じて、表示されるパラメータが変わります。

キャリア

FM音源では、アナログシンセサイザーで正弦波を生成するオシレータのこと。キャリアの周波数をモジュレータによって変調します。

クイック・スワイプ・コンピング・モード

テイクフォルダで利用できるモード。コンプを作成して編集できます。このモードをオフにすると、テイクフォルダやテイクフォルダ内のテイクリージョン要素をカット、ドラッグ、移動できます。

クイックヘルプ

インスペクタの一番上にある領域。「Logic Pro」のインターフェイス要素上にポインタを置くと、その要素に関する簡単な説明が表示されます。クイックヘルプはフローティングウインドウとして開くこともできます。一部のクイックヘルプには詳細情報へのリンクが含まれています。

クオンタイズ

ノートの開始位置を最も近いタイムグリッド軸に合わせることでノートの時間位置を補正する処理。選択したイベントまたはリージョンにクオンタイズを適用すると、すべてのノートイベントが最も近いグリッド軸に一致するように移動されます。「Logic Pro」のクオンタイズは非破壊処理なので、さまざまなクオンタイズ値を試しても、いつでも元の時間位置に戻すことができます。

クオンタイズツール

選択したイベントをクオンタイズするためのツール。使用するクオンタイズ値は「クオンタイズ」ポップアップメニューで指定します。

クリック

メトロノームのサウンド。メトロノーム自体を指すこともあります。

グリッド

トラック領域や一部のエディタで表示される、小節、拍、サブ拍の位置を示す縦線。

クリッピング

デジタル録音で、チャンネルストリップを介して送られる信号が正確に再現できるレベルを超えたときに生じる音の歪み。「Logic Pro」のオーディオ・チャンネル・ストリップには、信号レベルのピークが0 dBを超えたときにそれを知らせるクリップインジケータがあります。

グループインスペクタ

「Logic Pro」のインスペクタの1つ。グループ内のすべてのチャンネルストリップを編集対象とするコントロール(オートメーション、音量、パン、センドなど)を指定できます。

グローバルトラック

マーカー、テンポイベント、キーチェンジを表示、作成、編集したり、ビートマッピングなどの操作を実行したりするためのトラック。すべてのリニア編集ウインドウの上部に表示されます。

クローン・オーディオ・リージョン

元のオーディオリージョンを参照するポインタ。クローンリージョンの開始位置または終了位置を調整すると、同じリージョンから作成したほかのクローンリージョンも同じように調整されます。

クロック

1/96ノートごとに送信される同期用の電気インパルス。MIDIが登場する前の古いドラムマシンで使われていました。MIDIクロックはシンプルなクロック信号を再現したもので、24パルス/四分音符(ppqn)、つまり96パルス/ノートで動作します。

ケーブル

「Logic Pro」では、エンバイロメントオブジェクト間のMIDI接続を表す仮想ケーブルのこと。

コーラスエフェクト

2つの同一のサウンドを重ねてディレイをかけ、一方または両方のサウンドのディレイタイムをわずかにモジュレートすることで得られるエフェクト。オーディオ信号をこのエフェクトに通すと、複数のボイスが鳴っているように聞こえ、厚みが増して音が豊かになります。

コム・フィルタ・エフェクト

短いディレイタイムでフィードバックをかけることによって信号内の特定の倍音を強調するエフェクト。フィルタ名は、周波数スペクトルが櫛(コム)の歯の形と似ていることに由来しています。

コントローラ

MIDIデータ・タイプの一種。音量、パン、サスティンなど、特定のパラメータを調節するために使用します。1つ目のデータバイトでコマンドのタイプが指定され、2つ目のデータバイトで送受信する値が指定されます。

コントロールサーフェス

MIDI(またはその他のプロトコル)を介して「Logic Pro」と通信するハードウェアデバイス。オートメーションデータの書き込みや、パラメータ(ミキシングのレベルとパンなど)、エフェクト、音源、トランスポート機能、ナビゲーション機能などの制御に使用できます。

コントロールバー

メインウインドウの上部にある、一連のボタンが並んでいる領域。「Logic Pro」のインスペクタ、エディタ、その他の領域でよく使用する機能のボタンがあり、これらの機能をすばやく実行できます。コントロールバーは必要に合わせてカスタマイズできます。

コントロール表示

プラグインパラメータの表示方法の1つ。エディタ表示の代わりとなる、グラフィックスを使わない表示方法です。「Logic Pro」のすべてのプラグイン(およびAudio Units)で利用できます。コントロール表示に切り替えるには、プラグインウインドウの上部にある「表示」ポップアップメニューから「コントロール」を選択します。コントロール表示では追加パラメータを利用できるほか、ほとんどの場合はエディタ表示よりも小さいスペースで表示できます。「エディタ表示」も参照してください。

コンピング

複数の録音テイクを1つの合成テイクにまとめる処理。「テイク」も参照してください。

コンプレッサ

オーディオ信号のダイナミックレンジを制限するエフェクト。「エクスパンダ」も参照してください。

サイクル範囲

「Logic Pro」では、プロジェクト内で繰り返し再生される領域のこと。作曲、練習、複数テイクの録音などの目的に使用できます。サイクルモードがオンの場合、サイクル範囲はルーラの上段に黄色の細長い領域として表示されます(セカンダリルーラが表示されている場合は中央に表示されます)。

サイズ変更ツール

スコアエディタのツールの1つ。音符やその他の記号のサイズを変更できます。

サイドチェーン

エフェクトパラメータを制御するために使用する代替入力信号。通常はエフェクトにルーティングします。たとえば、サスティンの効いたパッドトラックにゲートを挿入し、ドラムループを含むトラックをそのゲートの制御信号(サイドチェーン)として使うことで、パッドサウンドにリズミカルなゲートエフェクトをかけることができます。

サスティン

エンベロープパラメータの1つ。キーを押したときに生成されて持続する振幅レベルを示します。「エンベロープ」も参照してください。

サスティンペダル

MIDIキーボードに接続できるモメンタリフットスイッチ。MIDIコントローラ番号64を送信します。「Logic Pro」では、この情報を記録して再生したり、オートメーションパラメータとして編集したりできます。

サチュレーション

一般的には、テープのわずかな歪みまたは真空管アンプの特性のこと。非常に高いゲインレベルで生じる入力信号のわずかな歪みで、結果として丸みのある暖かいサウンドになります。

サブフレーム

SMPTEフレームのサブディビジョン。SMPTEフレームの個々のビットに対応します。1フレームは80ビットです。

サミングスタック

Track Stackの一種。複数のトラックを組み合わせてオーディオサブグループに出力をルーティングできます。サミングスタックを作成すると、サブトラックからの出力はメイントラックに割り当てられているAuxにバス経由でルーティングされます。メイントラックが選択されているときは、サミングスタックのミュートとソロの切り替え、サミングスタックの音量とセンドレベルの調整、プラグインの追加と編集ができます。これらの操作はサミングスタックのすべてのサブトラックのサウンドに反映されます。「Track Stack」も参照してください。

サラウンド

複数のスピーカーを使用する再生システム。最も一般的なサラウンドフォーマットは5.1チャンネル(左フロント、中央フロント、右フロント、左サラウンド、右サラウンド、LFEまたはサブウーファー)で、ホーム・シアター・システムや映画館でよく使われます。「Logic Pro」は一般的なサラウンドフォーマットをすべてサポートしており、サラウンドの録音、プラグイン、ミキシングにも対応しています。

サンプラー

サンプリングに使用する装置。「Logic Pro」では通常、ソフトウェアベースのEXS24 mkIIサンプラーを指します。

サンプリング

アナログオーディオをデジタルデータに変換すること。オーディオストリームのサンプルレートによって、1秒あたりにサンプリングされる回数が決まります。サンプルレートが高いほど音質が良くなります。「サンプルレート」も参照してください。

サンプル

(1)特定のタイムインスタンスのサウンドを表すデジタルデータ。(2)サウンドをデジタル形式で取り込むこと。

サンプル・レート・コンバータ

サンプルレートを変換するための装置またはアルゴリズム。

サンプルレート

オーディオ信号をデジタル形式で取り込む際の1秒あたりのサンプリング回数。「Logic Pro」では、44.1 kHz(1秒あたり44,100回)-192 kHz(1秒あたり192,000回)までのサンプルレートでオーディオを録音および編集できます。

シーケンサー

オーディオとMIDIデータの両方を録音し、ソフトウェア・ミキシング・コンソールでそれらのサウンドを融合できるコンピュータApp。以前は、一連の制御電圧とゲートまたはMIDIのみを介してシンセサイザーを制御する機能だけを持ち、オーディオの録音や制御はできませんでした。「DAW」も参照してください。

シーンマーカー

QuickTimeムービーファイル内の急激な変化を示すマーカー。「Logic Pro」では、このような変化を自動的に抽出してマーカーを作成できます。これにより、映像に合わせた音作りが簡単になります。急激な変化は通常、シーンの変わり目を示します。

シェルビングEQ

EQの一種。特定の周波数より上または下の周波数範囲を増幅または減衰させます。

シングル・トリガ・モード

ES1などのシンセサイザーが備えるモード。このモードでは、ノートがタイ(レガート)で結ばれている場合はエンベロープがトリガされません。

シンクロナイザ

複数のデバイスの同期を制御するときに中心となるユニット。ほとんどの場合、「Logic Pro」がマスターシンクロナイザの役割を果たします。

シンセサイザー

サウンドを生成するハードウェアまたはソフトウェアデバイス。この名前は、かつて楽器、音声、鳥の鳴き声などの音を機械や電子機器でシンセサイズ(合成)してエミュレートしようとしたことに由来しています。「Logic Pro」には、ES1、ES2、EFM1、ES E、ES P、ES Mなど、さまざまなソフトウェアシンセサイザーが用意されています。

スウィングパラメータ

指定したサブディビジョンの音を1つおきに指定した長さだけ遅らせることによって、クオンタイズグリッドの厳密なタイミングをずらすためのパラメータ。

スキャンコード

コンピュータキーボードの各キーに割り当てられる、ASCII記号以外のコード。たとえば、キーボード配列のプラスキー/マイナスキーとテンキーのプラスキー/マイナスキーでは、同じASCII記号を入力できますが、割り当てられているスキャンコードは異なります。

スクラブ

プロジェクトのスクラブ再生では、トラック領域全体にわたって再生ヘッドを動かし、プロジェクトの全体または一部を短時間で試聴できます。詳しくは、プロジェクトをスクラブするを参照してください。

スクリーンコントロール

Smart Controlにはそれぞれスクリーンコントロールが表示されます。スクリーンコントロールを操作して、トラックのチャンネルストリップ、音源、エフェクトプラグインの1つ以上のパラメータを調節できます。スクリーンコントロールには、何を操作するためのコントロールであるかを示すラベルが付いています。「Smart Control」も参照してください。

スクリーンセット

すべての表示パラメータ(拡大/縮小率、位置、サイズなど)を含む、各種ウインドウのレイアウト。スクリーンセットを保存して呼び出すことで、コンピュータディスプレイを切り替えるようにウインドウレイアウトを切り替えることができます。

スケール、音階

楽曲の旋律や和声の基礎となる、特定の関係を持つ音(またはピッチ)の集まり。最も一般的なのがメジャースケール(長調)とマイナースケール(短調)です。プロジェクトの作成時にプロジェクトのスケール(とキー)を選択できます。

スコアエディタ

「Logic Pro」のエディタの1つ。MIDIリージョンが楽譜形式で表示されます。MIDIノートイベントは音符として表示され、ノートイベント間のスペースは休符として表示されます。音部、キーと拍子、アクセント、アーティキュレーションなど、その他さまざまな音楽記号も表示できます。このエディタを使って、スコアのレイアウトを調整および編集したり、スコアをプリントしたりできます。

スコアセット

スコアエディタに表示される複数の譜表スタイル、譜表、その他の要素をまとめて保存したもの。総譜から各パート(管楽器セクションなど)を切り離して、パート譜をすばやく切り替えたり、個別に編集およびプリントしたりできます。また、さまざまなレイアウトを簡単に試すこともできます。

スタンダードMIDIファイル(SMF)

シーケンサーやMIDIファイルプレーヤー間でソングを受け渡しするための標準ファイルフォーマット。特定のシーケンサープログラム、コンピュータ機種、デバイスに依存しません。どのシーケンサーでも、少なくともタイプ0のMIDIファイルフォーマットには対応しています。このファイルには、MIDIイベントに関する情報(時間位置とチャンネル割り当て、個々のトラック名、音源名、コントローラデータ、テンポチェンジなど)が含まれます。

ステータスバイト

MIDIメッセージの第1バイト。メッセージのタイプを示します。

ステップ

ステップエディタでMIDIイベントを表す棒。イベントの値は棒の高さで表され、各イベントとその値を一目で把握できます。

ステップエディタ

「Logic Pro」のエディタの1つ。MIDIのノートやコントローラデータをグラフィカルに作成および編集できます。特に、ドラムパートの作成やクレッシェンドの追加に便利です。「イベント定義」も参照してください。

ステップシーケンサー

アナログシンセサイザーが登場した頃によく使われていた、一連のイベントをステップスルーする装置。現在普及しているシーケンサー(「Logic Pro」もその一種)とは多少異なります。基本的には、2列のノブ(通常8つ)を個々に調節して、接続されているシンセサイザーのゲートタイム(音の長さ)とピッチを制御します。これらのノブ設定がシーケンサーによって1回または繰り返しステップスルーされます。最近のソフトウェア音源の多く(特にドラムシンセサイザー)には、プロジェクトの再生と同期するステップシーケンサーが組み込まれています。たとえばUltrabeatには、アナログ時代のものとは比べものにならないほど柔軟なステップシーケンサーが組み込まれています。

ステップ入力機能

MIDIリージョンにMIDIノートを1つずつ挿入する機能。このとき、リアルタイム録音は無効になります。テンポが速すぎて実際に演奏するのが難しいときは、この機能を使って音を正確に入力できます。マウスを使って画面上で入力することも、コンピュータキーボードまたはMIDIキーボードから入力することも、これらの方法を組み合わせることもできます。「「MIDI入力」ボタン」も参照してください。

ステレオ

 ステレオフォニックの略。2つの異なるオーディオチャンネルでサウンドを再生すること。「モノ」も参照してください。

スプリット・チャンネル・オーディオ・ファイル

通常、マルチチャンネル(ステレオまたはサラウンド)オーディオファイルはインターリーブフォーマットとして扱われます。この場合、1つのチャンネルを編集すると、すべてのチャンネルに均等に変更が適用されます。「Logic Pro」では、こうしたファイルを複数のスプリット・チャンネル・オーディオ・ファイルに分割して、各チャンネルを個別に編集できます。「インターリーブ・オーディオ・ファイル」も参照してください。

スマート・テンポ・エディタ

スマート・テンポ・エディタでは、ビートマーカーとその他のテンポ情報を含む、スマートテンポ解析の結果を表示および編集できます。スマートテンポを使ってリージョンを録音するかファイルを読み込んだ後、テンポの解析結果を調整してテンポの検出ミスを補正し、音楽的な表現をより正確に再現できます。

スマートテンポ

スマートテンポを使うと、メトロノームを鳴らさずに演奏を録音し、録音のテンポに合わせてプロジェクトのテンポを調整したり、プロジェクトのテンポを保持したままFlex機能で録音のテンポをプロジェクトに合わせたりできます。また、テンポの異なる複数のオーディオファイルやMIDIリージョンをすべてプロジェクトのテンポに合わせてリミックスを作成したり、読み込んだオーディオファイルまたはMIDIリージョンのテンポに合わせてプロジェクトのテンポを調整したりすることもできます。

ゼロクロッシング

オーディオファイル内で波形が振幅0の軸と交差するポイント。オーディオファイルをゼロクロッシングでカットすれば、カットポイントでクリック音が生じるのを避けることができます。

セント

半音のチューニング単位。100セントで1半音になります。「Logic Pro」に含まれるソフトウェア音源の多くには、サウンドをセント単位でチューニングできる微調整パラメータが用意されています。

センド

 Auxセンドの略。オーディオデバイスの出力の一種。制御された量の信号を別のデバイスにルーティングします。通常は、同じエフェクトに複数の信号を送信するために使用します。これにより、リバーブのような高い計算能力が必要なエフェクトを効率的に処理できます。

センドスロット

ミキサーのチャンネルストリップにあるパネルの1つ。オーディオ信号の一部または全部をバス経由でAuxチャンネルストリップに送信します。1つのチャンネルで複数のセンドを使用できます。

ソフトウェア音源

コンピュータプロセッサによって計算され、オーディオインターフェイス出力を介して再生されるサウンドの仮想音源。ソフトシンセまたはソフトサンプラーと呼ばれることもあります。「Logic Pro」には、プロジェクトに使用できる数多くのネイティブソフトウェア音源が用意されています。

ソフトウェア音源チャンネルストリップ

「Logic Pro」ではソフトウェアベースの音源を使用できます。ソフトウェア音源プラグインは音源チャンネルストリップの音源スロットに挿入します。ソフトウェア音源の録音はトラック領域の音源トラックで行います。これらのトラックを再生すると、ミキサーの音源チャンネルストリップにルーティングされます。

ソロ

1つ以上のトラック、リージョン、イベントをプロジェクトから一時的に切り離してそれらだけを再生すること。

ソロツール

特定のリージョンまたはイベントだけを再生対象にするためのツール。

ダイナミクス

曲の経過に沿った音量などの演奏表現の変化。

ダイナミックレンジ

オーディオシステム(またはデバイス)で再現できる最大音量の信号と最小音量の信号のレベルの差異。技術的には、再現できる最大の信号ピークと、ノイズフロアの最大スペクトル成分の振幅との差異を指します。ダイナミックレンジはデシベル(dB)単位で表されます。「dB」も参照してください。

タイミング

テンポに合わせて各ノートを再生する適切な瞬間。イベント、リージョン、またはデバイス間の同期を指すこともあります。

タイムコード

ビデオまたはプロジェクトの各フレーム位置に割り当てられる連続的な時間単位を示すフォーマット。時間、分、秒、フレーム、サブフレーム単位で表されます。

タグのないループ

タグのないループまたはループライブラリをループブラウザの「タグのないループ」に追加できます。タグのないループを元のテンポまたはプロジェクトのテンポでプレビューする、一括解析してテンポ情報を検出する、テンポ情報を取り除く、再生をプロジェクトと同期するといった操作が可能です。

チャンネルストリップ

ミキシングコンソールのチャンネルストリップを仮想化したもの。各チャンネルストリップには、「ミュート」ボタンから、音量フェーダー、パン/バランスノブ、入力スロット、出力スロット、センドスロット、エフェクトスロット、「フォーマット」ボタンまで、実際のコンソールとほぼ同じコントロールがあります。インスペクタとミキサーに表示されるチャンネルストリップを使って、トラックからルーティングされるオーディオまたはMIDI情報を処理できます。

チャンネルストリップ設定

挿入されているすべてのエフェクトや音源(およびそれらのプリセット)を含む、チャンネルストリップのルーティング。「Logic Pro」では、チャンネルストリップ設定を保存して後で呼び出すことができます。これにより、エフェクトの複雑な直列ルーティングを別のチャンネルやプロジェクトで再利用して作業の手間を省くことができます。

ツールバー

トラック領域でリージョンを操作するためのさまざまなボタンやコントロールが並ぶ領域。デフォルトでは表示されません。表示するにはコントロールバーの「ツールバー」ボタンをクリックします。ツールバーは必要に合わせてカスタマイズできます。

ツールメニュー

ローカル・メニュー・バーのメニューの1つ。編集、拡大/縮小、切り取りなど、そのウインドウの項目を操作するためのツールを選択できます。

テイク

1回の録音のこと。「Logic Pro」では、録音モードにしたまま複数のテイクを連続して作成できます。その後、これらのテイクを1つの合成テイク(コンプ)にまとめることができます。「コンピング」も参照してください。

テイクフォルダ

マルチテイク録音用のコンテナ。

ディケイ

エンベロープパラメータの1つ。信号が最大アタックレベルからサスティンレベルに下がるまでの時間を示します。「エンベロープ」も参照してください。

ディストーション

デジタル信号が正確に再現できるレベルを超えたときに得られるエフェクト。鋭くはじけるような音になります。

ティック

MIDIシーケンサーで扱うことのできる時間分解能の最小単位。「Logic Pro」の場合は1ノートの1/3840の長さになります。「Logic Pro」では表示を拡大することで1サンプルレベルの精度でノートを編集および配置できますが、MIDIプロトコルの伝送速度はそこまでの精度に対応していないため、正確に再生することはできません。

ディビジョン値

表示および操作用のグリッド値。ノート単位で表示され、調整が可能です。コントロールバーの位置ディスプレイでは3番目に表示され、「div」と示されます。

ディレイ

(1)メインウインドウにある、選択したリージョンの再生位置を指定のミリ秒だけ拍の前後にずらすためのリージョンパラメータ。(2)入力オーディオ信号を遅らせるエフェクト。通常、音が音響空間内で鳴っているような効果が出ます。(3)一連の繰り返しを作成するためのエンバイロメントオブジェクト。

データバイト

MIDIメッセージの内容を示す要素。1つ目のデータバイトはノートまたはコントローラ番号を示し、2つ目のデータバイトはベロシティまたはコントローラ値を示します。

テキストツール

項目の名前を編集するためのツール。スコアエディタでは、このツールを使ってテキストを追加できます。

デジタル

1と0の並びとして格納および伝送されるデータ。一般的には、電子信号や電磁信号によって表されるバイナリデータを指します。「Logic Pro」で扱われるファイルはすべてデジタルです。「アナログ」も参照してください。

デフォルト

パラメータの初期設定値。

テンプレート

設定や環境設定があらかじめ定義されたプロジェクト。新しいプロジェクト(楽譜作成、オーディオのみのプロジェクト、MIDIのみのプロジェクトなど)の出発点として使用できます。既存のプロジェクトからテンプレートを作成することもできます。複数のテンプレートを作成して保存できます。

テンポ

楽曲の再生速度。1分あたりの拍数(bpm)で表されます。「Logic Pro」では、「テンポ」トラックでテンポチェンジを作成および編集できます。

テンポチェンジ

「テンポ」トラックにテンポ・ポイントとして挿入されるイベント。特定の小節/拍位置でのテンポ変更を示します。

ドライバ

さまざまなハードウェアやソフトウェアをコンピュータAppに認識させるためのソフトウェアプログラム。オーディオハードウェアを接続するときに適切なドライバが正しくインストールされていないと、コンピュータで認識されないか正常に動作しません。「「デバイス」パネル」も参照してください。

トラック

トラック領域の各横列。時間に沿って再生されるオーディオリージョンまたはMIDIリージョンが並んでいます。各トラックには、データのルーティング先となるチャンネルストリップが割り当てられます。Logic Proプロジェクトには何百ものトラックを追加できます。

トラックインスペクタ

「Logic Pro」のインスペクタの1つ。個々のトラックの再生パラメータを非破壊的に設定できます。チャンネルとMIDIチャンネル、フリーズモード、トランスポーズ、ベロシティなどの設定があります。これらのパラメータによってトラック内のリージョンが変更されることはありません。

トラックの「保護」ボタン

トラックヘッダにあるボタンの1つ。トラックの保護(編集不可)/保護解除(編集可能)を切り替えます。「保護されたトラック」も参照してください。

トラックのアーミング

録音可能」を参照してください。

トラック領域

「Logic Pro」の主要ワークスペース。プロジェクト内のオーディオリージョン、MIDIリージョン、Drummerリージョンを録音、編集、アレンジできます。オートメーションの記録と再生もできます。

トランジェント

オーディオ録音の中で音量が突発的に大きくなる場所。信号スパイクとも呼ばれます。ドラム録音ではこの現象が発生するのが普通であり、トランジェントはオーディオ信号のビートの位置と考えることができます。

トランジェントマーカー

オーディオファイル内で信号が突発的に大きくなる位置(ピーク)を示すマーカー。

トランジェント検出

オーディオファイルを分析してトランジェントを検出する処理。トラックでFlex編集をはじめて有効にしたときに実行されます。「Flex編集」も参照してください。

トランスフォームセット

保存済みの変換操作のセット。「トランスフォーム」ウインドウの「プリセット」メニューからアクセスできます。ほかのプロジェクトから読み込むこともできます。「「トランスフォーム」ウインドウ」も参照してください。

トランスポーズ

プロジェクト、リージョン、または個々のノートやコードのピッチを半音単位で変えること。

トランスポートコントロール

コントロールバーの中央にある、録音と再生機能を制御するための一連のボタンおよびその他のコントロール。「録音」、「一時停止」、「再生」、「停止」、「早送り」、「早戻し」などのコントロールがあります。トランスポートコントロールをフローティングウインドウで表示することもできます。

ネイティブ

(1)「Logic Pro」では、エフェクトやソフトウェア音源をホストベースで処理すること。コンピュータのプロセッサは、エフェクトや音源をネイティブで計算します。(2)「Logic Pro」の内蔵プラグインフォーマットのこと。これと対照になるのがAudio Unitsフォーマットです。「Logic Pro」のネイティブプラグインは「Logic Pro」でしか動作しません。

ノート番号

MIDIノートのピッチ。MIDIノートイベントの1つ目のデータバイトで指定されます。

ノーマライズ

オーディオ録音ファイルの音量を、ダイナミクスを変えずに最大デジタルレベルまで引き上げること。MIDIリージョンでノーマライズを行う場合は、選択したMIDIイベントに現在のパラメータ設定が適用され(イベント自体が変更されます)、既存のパラメータ設定が消去されます。

ノッチフィルタ

カットオフ周波数付近の周波数帯域をカットし、その他の周波数(上下両方)を通過させるフィルタ。

ハイ・カット・フィルタ

基本機能はローパスフィルタと同じであるが、スロープコントロールとレゾナンスコントロールを持たないフィルタ。名前の通り、カットオフ周波数以上の周波数を減衰させます。

バイノーラルパンニング

バイノーラル聴覚をエミュレートした処理。

バイノーラル聴覚

人間が音の位置情報を処理して信号ソースの方向(リスニングポジションの前後、上下、左右)を認識する仕組み。

バイパス

プラグインを無効にすること。バイパスされたプラグインはシステムリソースを消費しません。「Logic Pro」でプラグインをバイパスするには、チャンネルストリップでプラグインの「バイパス」ボタンをクリックするか、プラグインウインドウで「バイパス」ボタンをクリックします。

ハイパスフィルタ

カットオフ周波数より上の周波数を通過させるフィルタ。スロープコントロールとレゾナンスコントロールを持たないハイパスフィルタはロー・カット・フィルタと呼ばれます。

バウンス

MIDIリージョンやオーディオリージョンにエフェクト(ディレイやコンプレッサなど)を適用して1つのオーディオファイルにまとめる(レンダリングする)処理。「Logic Pro」では、リアルタイムとオフラインの2種類のバウンスが可能です。オフラインバウンスは高速ですが、ライブオートメーションを適用したり、リアルタイムのオーディオ入力を録音したりすることはできません。サラウンドバウンスでは複数のファイルを生成することもできます。「サラウンド」も参照してください。

ハサミツール

リージョンまたはイベントを分割するためのツール。

バス

信号ルーティングの一種。オーディオをAuxチャンネルストリップに送ります。オーディオの処理やサブミックス時に使用します。

バスチャンネルストリップ

「エンバイロメント」ウインドウの「ミキサー」レイヤーに含まれるチャンネルストリップの1つ。旧バージョンの「Logic」で作成されたプロジェクトとの下位互換を保つために用意されています。バス・チャンネル・ストリップの機能は、現バージョンではAuxチャンネルストリップで実行できます。

バックアップ

現在のプロジェクトを保存したもの。「プロジェクト」>「戻す」サブメニューには、現在の代替バージョンのバックアップが新しい順に表示されます。

パッチ

トラックのサウンドを制御する設定(音源、エフェクト、およびルーティング設定)をまとめたもの。ライブラリでパッチを選択すると、選択したトラックにこれらの設定が適用されます。

バランスコントロール

ステレオ・チャンネル・ストリップの音量フェーダーの上にあるロータリーノブ。左右の信号の相対出力レベルを調節します。

パン、パンポジション

ステレオフィールド内のモノラルオーディオ信号の配置。左右のレベルを変えて設定します。

パンコントロール

モノラル・チャンネル・ストリップの音量フェーダーの上にあるロータリーノブ。ステレオ空間イメージでの信号の位置を設定します。

パンチイン/パンチアウト

プロジェクトの再生中に既存の録音の一部を置き換える録音モードの開始/終了。「Logic Pro」ではこの作業を自動化できます。「オートパンチ機能」も参照してください。

バンド・リジェクト・フィルタ

カットオフ周波数前後の周波数帯域をカットし、それより上または下の周波数を通過させるフィルタ。カットオフ周波数に近い周波数のみが減衰され、低域と高域の周波数はそのまま維持されます。「フィルタ」も参照してください。

バンドパスフィルタ

カットオフ周波数前後の周波数帯域のみを通過させ、それ以上または以下の周波数をカットするフィルタ。カットオフ周波数に近い周波数が強調され、低域と高域の周波数が減衰されて、ほぼ中域の周波数のみを含むサウンドになります。「フィルタ」も参照してください。

ピアノ・ロール・エディタ

「Logic Pro」のMIDIトラックエディタの1つ。MIDIリージョン内のノートイベントが横棒で表示されます。カット、コピー、移動、サイズ変更など、さまざまな方法でイベントを編集できます。

ピーク

(1)オーディオ信号の最大レベル。(2)デジタルオーディオ信号で0 dBを超える部分。結果としてクリッピングが生じます。各チャンネルストリップにあるレベルメーターを使ってピークを見つけ、クリッピングを除去または回避できます。オーディオ・ファイル・エディタの「機能」メニューにある「ピークを検出」コマンドでは、振幅値が最も大きいサンプルビットを探し出すことができます。

ピーク・レベル・ディスプレイ

オーディオ信号の再生時に絶対音量を表示するデジタル・オーディオ・メーター。信号内の各ピークを正確に調べることができます。

ピーク振幅

オーディオ信号の中で音量が最も大きいポイント。

ビート、拍

楽曲の基本的なリズムとなる音楽的な時間間隔。四分音符を1拍とするのが一般的です。

ピッチ

音楽的な音に対する知覚的な高さ(高音)または低さ(低音)。サウンド波形の周波数に対応します。「周波数」も参照してください。

ピッチ・ベンド・メッセージ

MIDIキーボードのピッチ・ベンド・ホイールから送られるMIDIメッセージ。

ビットレート

MP3ファイルに関しては、ファイルエンコード時の転送ビットレートのこと。一般的には、ファイルの相対的な品質を表すために使われ、ビットレートが低いほど音質が悪いことを示します。

ビット数、ビット深度

デジタル録音やデジタルデバイスで使われるビット数。サンプルレートに関係なく、各サンプルのビット数によってオーディオデータの(理論上の)最大ダイナミックレンジが決まります。

ビット分解能

ビット数と同じ意味。「ビット数、ビット深度」および「サンプルレート」を参照してください。

ビブラートツール

オーディオ・トラック・エディタのツールの1つ。Flex Pitchモードでノートのビブラートの量を調節できます。

ピンクノイズ

倍音ノイズの一種。低周波数域に多くのエネルギーが含まれるノイズです。

フィルタ

オーディオ信号の特定の周波数または周波数範囲を増幅または減衰させるエフェクト。たとえば、ローパスフィルタは、カットオフ周波数よりも低い周波数をそのまま通過させ、カットオフ周波数以上の周波数を減衰させます。「カットオフ周波数」も参照してください。

フィルタスロープ

フィルタの減衰(レベルリダクション)勾配(量)。通常はオクターブ単位で示されます。たとえば、フィルタスロープが1オクターブあたり12 dBの場合と6 dBの場合では、前者の方が変化が激しくなります。

フィンガーツール

ピアノ・ロール・エディタのツールの1つ。イベントの長さを編集できます。

ブースト、増幅

オーディオ信号のレベルを上げること。「カット」も参照してください。

フェードツール

フェードを作成および編集したり、フェードカーブの形を変更したりするためのツール。

フォルダ

「Logic Pro」では、トラック領域のリージョンを入れるコンテナのこと。リージョン以外に、Finderのフォルダのようにほかのフォルダを入れることもできます。フォルダはプロジェクト内のプロジェクトと考えることができます。フォルダの内容はトラック領域と同じように表示されます。

フォルダスタック

Track Stackの一種。複数のトラックを組み合わせて1単位として操作できます。個々のサブトラックのオーディオルーティングは変更されません。フォルダスタックを作成したときに、メイントラックに割り当てられているチャンネルストリップをスタックマスターと呼びます。メイントラック(スタックマスターのチャンネルストリップ)を使って、フォルダスタックのミュートおよびソロの切り替えや、音量レベルの調整ができます。「Track Stack」も参照してください。

ブラウザ

コントロールバーの「ブラウザ」ボタンをクリックしたときにトラック領域の右側に表示される領域。ブラウザ領域には、プロジェクト・オーディオ・ブラウザ、メディアブラウザ、「すべてのファイル」ブラウザがあります。これらを使って、「Logic Pro」でサポートされるすべてのタイプのメディアにアクセスできます。

プラグイン

「Logic Pro」の機能を拡張するソフトウェアApp。「Logic Pro」では通常、トラックで使用できるソフトウェア音源やエフェクトが該当します。

プラグインウインドウ

プラグインパラメータを操作するためのウインドウ。プラグインが挿入されたエフェクトスロットをダブルクリックすると開きます。

フランジャー

わずかにディレイをかけた信号をディレイライン入力にフィードバックするエフェクト。コーラスに似ていますが、信号のディレイタイムがコーラスよりも短くなります。このエフェクトを使用すると、厚みが増し、位相が少しずれた音になります。

フリーズ機能

フリーズされた各トラックを個別にオフラインバウンスする処理。ソフトウェア音源やエフェクトプラグインに使われる処理能力をほぼ100%節約できます。トラックのすべてのプラグイン(ソフトウェア音源プラグインの場合は関連するすべてのオートメーションデータを含む)がフリーズファイルにレンダリングされます。

プリセット

プラグインの一連のパラメータ値をまとめたもの。ライブラリ、またはプラグインウインドウの上部にある「設定」ポップアップメニューを使って、読み込み、保存、コピー、ペーストできます。「設定」および「「設定」ポップアップメニュー」も参照してください。

プリフェーダー

アナログミキサーのシグナルフローの中で音量フェーダーの前に位置するセンド。フェーダーを動かしても、プリフェーダーを通ってセンドに送られる信号のレベルは常に一定になります。

ブルーノイズ

ホワイトノイズにハイパスフィルタをかけたノイズ。テープのヒスノイズのような音になります。

フレーム

時間単位の1つ。SMPTE標準の1秒を、ビデオファイルまたはビデオテープの1枚の静止画に相当するフレームの数で分割した単位です。

プレッシャー

アフタータッチ」を参照してください。

プロジェクト

Logic書類。すべてのMIDIリージョンと、再生するオーディオファイルへの参照が含まれます。プロジェクトファイルは、プロジェクトで使用しているオーディオファイルやその他の素材(ムービーやサンプルファイルなど)と一緒にプロジェクトフォルダ内に保存できます。プロジェクトと素材をまとめて保存すると、プロジェクトをアーカイブしたり受け渡ししたりするときに便利です。ただし、プロジェクトのサイズは大きくなります。

プロジェクト・オーディオ・ブラウザ

ブラウザ領域にあるブラウザの1つ。プロジェクトのオーディオファイルとリージョンを管理したり変換作業を行ったりできます。「ブラウザ」も参照してください。

プロジェクトフォルダ

 Logic Proプロジェクトとプロジェクトで使用しているすべてのメディアファイル(オーディオファイル、サンプラー音源とサンプル、ムービーなど)をまとめて保存できるフォルダ。

プロジェクト設定

現在のプロジェクトにのみ適用される一連のプログラム設定。すべてのLogic Proプロジェクトに適用されるグローバル環境設定とは異なります。

ページビュー

スコアエディタの表示方法の1つ。楽譜がプリント時のレイアウトで見開きページで表示されます。

ヘッドルーム

実際のオーディオレベルから予期しない信号ピークの最大許容レベル(0 dBfs)までの余裕範囲(安全マージン)。デシベル(dB)単位で表されます。ヘッドスペース。スコアエディタで総譜の最上段の上に入れる余白。

ベロシティ

MIDIノートの鍵盤を叩く強さ。ノートイベントの2つ目のデータバイトで制御されます。

べロシティツール

MIDIエディタのツールの1つ。1つまたは複数のノートイベントのベロシティを調節できます。

ボイス・セパレーション・ツール

スコアエディタのツールの1つ。多声部の譜表スタイルで、線を引くことによって多声部パートの各声部を別々の譜表に分けることができます。

ポインタツール

「Logic Pro」でリージョン、イベント、メニュー、その他のインターフェイス項目などを選択または編集するためのツール。

ポストフェーダー

アナログミキサーのシグナルフローの中で音量フェーダーの後に位置するセンド。フェーダーを動かすと、センドに送られる信号のレベルが変わります。

ホワイトノイズ

ノイズの一種。特定の周波数帯のすべての周波数が同じ強さで同時に鳴るノイズです。この名前は、あらゆる波長(虹の色)の光が混ざると白い光になるのと似ていることに由来します。音響的には、ホワイトノイズは子音のFと浜辺に打ち寄せる波の音の中間の音になります。風や波、電子スネアドラムの音を合成するときによく使われます。

マーカー

プロジェクト内の特定の時間位置に結び付けられたインジケータ。たとえば、プロジェクトの別バージョン用のメモを含めることができます。ほかにも、選択またはナビゲーション目的に幅広く利用できます。

マーカーテキスト

メモやその他の目的で特定のマーカーイベントに関連付けられたテキスト。マーカーテキストウインドウ、またはマーカーリストのマーカーテキスト領域で追加できます。

マーカートラック

グローバルトラックの1つ。マーカーイベントを作成、編集、表示できます。

マーカーリスト

リスト領域のウインドウ(またはタブ)の1つ。すべてのマーカーイベントがリスト表示されます。マーカーリスト内のマーカーテキスト領域で、特定のマーカーイベントにテキスト情報(メモ)を追加することもできます。

マーキーツール

リージョンの一部を選択して編集するための十字型のツール。

マスター・チャンネル・ストリップ

ミキサーのチャンネルストリップの1つ。出力チャンネルストリップ間のレベルの相対関係を維持したまま、すべての出力チャンネルストリップの全体的なゲインを変更できます。ミキシングの最終段階に使用する独立したアッテネーターのような機能を果たします。

マルチ・トリガ・モード

ES1などのシンセサイザーが備えるモード。このモードでは通常、ノートイベントを受信するたびにシンセサイザーのエンベロープがトリガされます。

マルチインストゥルメントオブジェクト

「Logic Pro」の「エンバイロメント」にあるオブジェクトの1つ。MIDIに応答するマルチティンバーハードウェアまたはソフトウェアデバイスを表します。実質的には、16の音源オブジェクトを1つのパッケージにまとめたものです。各音源はサブチャンネルと呼ばれ、個別のMIDIチャンネルが割り当てられます。MIDIポートはすべての音源で共有されます。その他のパラメータは個別に設定できます。マルチインストゥルメントオブジェクトを使用することで、複数のMIDIチャンネルでMIDIデータを受信して異なるサウンドを再生できるマルチチャンネルMIDIデバイスを扱うことができます。

マルチティンバー

音源またはデバイスで複数のMIDIチャンネルを使って複数の異なるサウンドを同時に再生できること。「MIDIマルチモード」も参照してください。

ミキサー

「Logic Pro」の領域の1つ。プロジェクト内のオーディオ・チャンネル・ストリップ、音源チャンネルストリップ、MIDIチャンネルストリップが表示されます。これらのチャンネルストリップを使って、レベル、パン、プラグイン処理、ルーティングなど、トラックの出力と処理に関するすべての要素を制御できます。

ミックス、ミキシング

プロジェクトの全体的なサウンドを作り上げること。音量レベルやパンポジションを調整したり、EQなどのエフェクトを追加したり、オートメーションを使ってパラメータなどを動的に変化させたりします。

ミックスダウン

一般的に、トラックをバウンスまたは結合すること。「バウンス」および「結合」も参照してください。

ミュージック・タイピング・キーボード

コンピュータキーボードをリアルタイムMIDIキーボードとして使用するためのオンスクリーンキーボード。このキーボードを使用すれば、キーボード楽器を接続しなくてもMIDIを録音できます。

ミュート

トラックまたはチャンネルのオーディオ出力をオフ(消音)にすること。ミュートするには、トラックヘッダまたはチャンネルストリップ下部にある「ミュート」ボタンをクリックします。

ミュートツール

個々のリージョンまたはイベントを消音するためのツール。

ムービートラック

グローバルトラックの1つ。プロジェクト内のムービークリップを表示できます。

メイン・メニュー・バー

画面の上部にあるメニューバー。プロジェクトのオープン、保存、書き出し、読み込みなどのグローバルな機能が含まれます。メイン・メニュー・バーの「編集」メニューに含まれるコマンドは、キーフォーカスのあるウインドウに適用されます。「ローカル・メニュー・バー」も参照してください。

メタデータ

さまざまなタイプのファイル(AAFなど)でファイルヘッダに保存される追加情報。外部メディアの参照や検索の簡素化などの目的に使われます。

メディアブラウザ

ブラウザ領域にあるブラウザの1つ。iTunesライブラリ内の曲や「ムービー」フォルダ内のムービーを検索して読み込むことができます。「ブラウザ」も参照してください。

メトロノーム

拍に合わせてカチカチといった音を規則的に鳴らす装置。速さはbpm単位で設定します。「Logic Pro」には、練習および録音用にメトロノームが用意されています。このメトロノームは「メトロノーム」プロジェクト設定で設定できます。

モジュレーション

わずかで連続的な調子の変化。「Logic Pro」のエフェクトとシンセサイザーの多くにはモジュレータが内蔵されています。

モジュレーションホイール

MIDIコントローラの一種。ほとんどのMIDIキーボードに搭載されています。

モジュレーションマトリックス

各種のモジュレーションソース(モジュレータ)でモジュレートするパラメータ(ピッチなど)をさまざまに組み合わせるためのグリッド。EXS24 mkIIや、「Logic Pro」のその他いくつかの音源に内蔵されています。モジュレーションマトリックスという呼び名はEXS24 mkIIで使われます。

モジュレーションルーティング

特定のモジュレータ(モジュレーションソース)の処理対象となるターゲットパラメータを決めるパス。

モジュレーション量

モジュレーションの強度。

モノ

 モノフォニックサウンド再生の略。左右のオーディオチャンネルの信号量が等しくなるように、複数のオーディオチャンネルを1つのトラックにミックスすること。「ステレオ」も参照してください。

ライブラリ

トラック領域の左側のワークスペース。パッチ、プラグインプリセットの設定ファイル、チャンネルストリップの設定ファイルにアクセスできます。

リアルタイムエフェクト

再生時にリアルタイムでリージョンに適用されるエフェクト。

リージョン

オーディオデータまたはMIDIデータのコンテナ。プロジェクト内の録音や追加メディアファイルを表し、トラック領域では長方形として表示されます。オーディオリージョン、MIDIリージョン、Drummerリージョン、フォルダリージョン(通常は単に「フォルダ」と呼ばれます)の4種類があり、それぞれ違う色で表示されます。「オーディオリージョン」、「MIDIリージョン」、「Drummerリージョン」、「フォルダ」も参照してください。

リージョンインスペクタ

「Logic Pro」のインスペクタの1つ。個々のリージョンの再生パラメータを非破壊的に設定できます。クオンタイズ、トランスポーズ、ベロシティ、コンプレッション、ディレイなどの設定があります。これらのパラメータはイベントの再生方法に影響するだけで、保存されているデータ自体は変更されません。

リスト領域

トラック領域の右側のワークスペース。4つのタブがあり、イベント、リージョン、マーカー、テンポチェンジ、キー/拍子の各データがリスト表示されます。

リタルダンド

テンポを徐々に遅くすること。「テンポ」も参照してください。

リニア表示

スコアエディタの表示方法の1つ。スクロールできる横長の連続した領域に1つのトラックが表示されます。

リバーブ

 ある物理空間における響き、正確には空間内での音波の反射をエミュレートします。たとえば、広い大聖堂で手を叩くと、音波が石の壁に跳ね返って残響が長く続きます。一方、狭い物置で手を叩くと、残響音はほとんど聞こえません。このように、空間の大きさや壁の素材によって残響の量や質が異なります。「Logic Pro」には、特定の録音空間や録音環境を再現するためのさまざまなリバーブエフェクトが用意されています。

リリース

エンベロープパラメータの1つ。キーを放したときに信号がサスティンレベルから振幅0に下がるまでの時間を示します。「エンベロープ」も参照してください。

ルーティング

一般的には、オーディオをチャンネルやその他の処理ユニットに通すこと。特定の入出力割り当てを指すこともあります。

ループ

リズムのような繰り返しに適した音楽要素を含むオーディオファイルまたはMIDIファイル。「Logic Pro」では、Apple Loopsとその他さまざまなファイルフォーマットがサポートされています。

ループブラウザ

コントロールバーの「ループブラウザ」ボタンをクリックしたときにトラック領域の右側に表示される領域。Apple LoopsやReCycleファイルを選択および管理できます。

ループ機能

リージョンパラメータの1つ。オーディオリージョンやMIDIリージョンのループを作成します。リージョンをループさせるには、ループポインタを使用するか、リージョンインスペクタの「ループ」チェックボックスを選択します。ループは、プロジェクトの終了位置に達するか、同じトラック上の別のリージョンまたはフォルダに達するまで続きます。

ルーラ

メインウインドウ、ピアノ・ロール・エディタ、ステップエディタ、スコアエディタの上部にあるツール。音楽的な時間が小節、拍、ディビジョン単位で示されます。プロジェクトの再生位置、サイクル範囲、パンチロケータを設定および表示することもできます。「オートパンチ機能」および「再生ヘッド」も参照してください。

レイアウトツール

スコアエディタのツールの1つ。イベントやグローバル・テキスト・オブジェクトを譜面上で移動できます。

レイテンシ

鍵盤を押してから音が聞こえるまでの短い遅延。オーディオインターフェイス、オーディオドライバ、MIDIドライバなど、さまざまなものが要因となって生じます。「デバイス」環境設定でI/Oバッファサイズを調整することである程度解消できます。

レーン

MIDIイベントがタイプ(ノートとMIDIコントローラ)ごとに配置される横長の領域。各レーンは縦に積み重ねられます。トラック領域のトラックに似ています。各レーンで表示および制御するイベントのタイプはレーンインスペクタのパラメータで設定できます。

レーンインスペクタ

「Logic Pro」のインスペクタの1つ。選択したレーンの設定を変更できます。

レーンセット

ステップエディタで同時に表示されるイベント定義のグループ。「イベント定義」も参照してください。

レガート

音と音の間を滑らかにつなぐ演奏方法。

レゾナンス

通常は、フィルタ(特にシンセサイザーのフィルタ)で使われる用語。カットオフ周波数周辺の周波数範囲を強調します。「カットオフ周波数」も参照してください。

レベルメーター

入出力されるオーディオのレベルを示すインジケータ。ミキサーのマスター・チャンネル・ストリップを除くすべてのチャンネルストリップにあります。オーディオファイルの録音、アレンジ、編集時やミックスの作成時に使用します。

ロー・カット・フィルタ

基本機能はハイパスフィルタと同じであるが、スロープコントロールとレゾナンスコントロールを持たないフィルタ。カットオフ周波数以下の周波数を減衰させます。

ローカル・オフ・モード

MIDIキーボードの操作モードの1つ。キーボードのジェネレータを切り離して内蔵サウンドの再生を止めます。これは、キーボードを「Logic Pro」のマスターキーボードとして使用するときに便利です。

ローカル・メニュー・バー

「Logic Pro」の作業領域内にあり、その領域に関する機能のみが含まれるメニューバー。

ローパスフィルタ

カットオフ周波数より下の周波数を通過させ、カットオフ周波数以上の周波数を減衰させるフィルタ。スロープコントロールとレゾナンスコントロールを持たないローパスフィルタはハイ・カット・フィルタと呼ばれます。

ロケータ

サイクル範囲を示す左右のインジケータ。サイクル再生、スキップ再生、サイクル録音時に使用します。このほか、特定の機能の編集範囲を指定するためにも使用できます。LCDが「カスタム」に設定されているときは、LCDの位置インジケータの右側にロケータの位置が表示されます。上の値が左ロケータを示し、下の値が右ロケータを示します。

ワードクロック

デジタル・オーディオ・インターフェイス間でサンプルレートを正しく同期させるために使われるクロック信号。2台のデバイスを標準的なデジタル・オーディオ・インターフェイス(S/P-DIFやADATオプティカルなど)で接続すると、オーディオ回路を介してワードクロックが伝送されます。3台以上のデジタル・オーディオ・デバイスを接続する場合は通常、同期のためにワードクロック専用のポートを使用する必要があります。

移動ツール

オーディオ・ファイル・エディタのツールの1つ。選択操作に使用できます。

鉛筆ツール

トラック領域で空のMIDIリージョンを作成するためのツール。Shiftキーと組み合わせて、トラック領域にオーディオリージョンを追加することもできます。オーディオ・ファイル・エディタでは、信号内のトランジェント信号スパイク(ポップ音やクリック音)を修正できます。

音源オブジェクト

「Logic Pro」の「エンバイロメント」にあるオブジェクトの1つ。単一チャンネルMIDIデバイスと通信するときに使用します。このオブジェクトは、MIDI情報を扱う物理デバイスまたは仮想デバイスを表します。「マルチインストゥルメントオブジェクト」も参照してください。

音符の属性

スコアエディタの「属性」メニューにある機能。符尾の向き、色、異名同音の記号など、ノートイベントの表示とプリントに関する属性を指定できます。

音量ツール

オーディオ・トラック・エディタのツールの1つ。Flex Pitchモードでノートに適用するゲインの量を調節できます。

拡大/縮小コントロール

トラック領域やその他いくつかのウインドウの右下隅にあるコントロール。スライダを使って、現在表示しているプロジェクト内を移動できます。スライダの左右にある線をクリックすると、特定の倍率で拡大/縮小できます。

拡大/縮小ツール

表示している領域の一部を拡大/縮小するためのツール。Control+Optionキーを押してアクセスすることもできます。このツールで背景をクリックすると、通常のサイズに戻ります。

共有

プロジェクトを配布すること。「Logic Pro」では、メディアブラウザ、iTunes、SoundCloud、XML、MusicXMLなど、さまざまな方法でプロジェクトを共有できます。

結合

2つ以上のMIDIイベントまたはリージョンをつなげて1つのイベントまたはリージョンにすること。

高音部、トレブル

サウンドの高音域または高周波成分。「周波数」も参照してください。

再生

プロジェクト、個々のリージョン、またはオーディオファイルを再生して音を鳴らすこと。

再生ヘッド

トラック領域や時間ベースのエディタ(ピアノ・ロール・エディタやオーディオ・トラック・エディタなど)で現在の再生位置を示す白い縦線。ドラッグすることで再生位置を変更できます。「スクラブ」も参照してください。

自己発振

アナログフィルタ回路の一般的な特性の1つ。高いレゾナンス値が設定されたフィルタが自己フィードバックして、その固有周波数で振動し始めたときに生じます。

自動的にトラックを拡大/縮小

トラック領域の「表示」メニューにある機能の1つ。選択したトラックを自動的に拡大表示します。

周波数

音の信号が1秒間に振動する回数。1秒あたりのサイクル数を示すヘルツ(Hz)単位で表されます。周波数は、聴覚的にはピッチ(音の高低)に相当します。

出力チャンネルストリップ

ミキサーのチャンネルストリップの1つ。オーディオインターフェイスの各物理出力のレベルやパン/バランスを調節できます。

書き出し

 Logic Proプロジェクトなどのファイルから、別のAppで配布または使用できるフォーマットのファイルを作成すること。

小節

楽譜で特定の拍数ごとに分けられた区分。1小節の拍数はプロジェクトの拍子によって決まります。「拍子」も参照してください。

消しゴムツール

項目を削除するためのツール。項目をクリックして削除できます。

振幅

信号の大きさを表す量。オーディオ信号の場合は音量に相当し、デシベル(dB)単位で表されます。

接着ツール

リージョンやイベントを選択またはクリックして結合するためのツール。

折り返し表示

スコアエディタの表示方法の1つ。1つ以上のトラックが折り返されたリードシートスタイルで表示されます。

設定

(1)パラメータ値。(2)プラグインの一連のパラメータ値をまとめたもの。「設定」ポップアップメニューを使って読み込み、保存、コピー、ペーストできます。プラグインの設定はプリセットとも呼ばれます。「プリセット」、「「設定」ボタン」、「「設定」ポップアップメニュー」も参照してください。

選択範囲の処理

トラック領域で、オーディオ・エフェクト・プラグインをオーディオリージョンやオーディオリージョンのマーキー選択に個別に適用できます。変更を選択範囲に適用する前に、結果をプレビューしてさらに調整を加えることができます。

代替バージョン

独自の名前と設定を持つ、プロジェクトの別バージョン。代替バージョンはプロジェクトの一部として保存され、素材を共有します。現在のプロジェクトの代替バージョンは、「ファイル」>「代替バージョン」サブメニューに表示されます。

置き換えモード

上書き録音モードの1つ。トラック領域の特定部分の既存のオーディオリージョンが新しい録音に置き換えられます。コントロールバーの「置き換える」ボタンをクリックして有効にできます。

通常のウインドウ

ウインドウのタイプ」を参照してください。

同期

複数の録音デバイスや再生デバイス間でタイミングを常に一致させること。ほとんどの場合、同期システムは1台のマスター機器と1台以上のスレーブ機器で構成され、マスターの同期クロックにスレーブが合わせる仕組みになっています。

読み込み

さまざまなタイプ(フォーマット)のファイルをLogic Proプロジェクトに取り込むこと。別のAppで作成したファイル、外部デバイスで録音したファイル、別のLogic Proプロジェクトのファイルなどを読み込むことができます。

入力チャンネルストリップ

「エンバイロメント」ウインドウの「ミキサー」レイヤーに含まれるチャンネルストリップの1つ。旧バージョンの「Logic」で作成されたプロジェクトとの下位互換を保つために用意されています。オーディオインターフェイスの物理的な入力を表し、オーディオインターフェイスからの入力を「Logic Pro」に転送する役割を持ちます。「Logic Pro」では通常、このタイプのチャンネルストリップにアクセスする必要はありません。

入力モニタリング

オーディオトラックが再生、録音可能、または録音状態のときに入力オーディオを聴くための機能。オーディオトラックの「入力モニタリング」ボタンでオン/オフを切り替えることができます。

波形

オーディオ信号を視覚的に表したもの。1本の横軸を中心に左から右に進みます。音の大きい部分(振幅のピーク)では波が高くなります。

破壊処理

オーディオの処理方法の一種。編集パラメータや再生パラメータだけでなく、オーディオファイルの実際のデータを変更します。オーディオ・ファイル・エディタでの編集は破壊処理になります。これに対し、オーディオ・トラック・エディタでの編集は非破壊処理になります。「オーディオ・ファイル・エディタ」も参照してください。

半音

標準的な全音階でのピッチの最小間隔。

描線ツール

ステップエディタのツールの1つ。レーン上で開始位置と終了位置をクリックして、その間にあるステップの値を変更できます。

譜表スタイル

楽譜の外観を示す設定。音符の大きさと間隔、段数、フォントなどを指定できます。

保護されたトラック

内容を移動および変更できないトラック。

録音

(1)実際の演奏をオーディオデータやMIDIデータとして取り込むこと。(2)「Logic Pro」で扱われる実際のデータ。分かりやすくするために、通常はリージョンファイルと呼ばれます。

録音可能

オーディオトラックで録音前に手動でセットする必要のある状態。MIDIトラックとソフトウェア音源トラックは、選択時に自動的に録音可能状態になります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?