Final Cut Pro X: 広色域と HDR の概要

広色域と HDR の概要

人間の目が識別するフルスペクトルの色を取り込んで再現できるイメージデバイスは存在しません。つまり、イメージデバイスで記録、編集、表示、出力できるのは、それらの色のサブセットにすぎません。この再現可能な色の範囲をそのデバイスの色空間または色域といいます。多くの場合、Final Cut Pro プロジェクトにはさまざまなソースから取り込んだり作成したりしたメディアが含まれ、かつ色域はデバイスによって異なるため、「Final Cut Pro」はそれらの相違を調和させるカラー管理システムを採用しています。このカラー管理システムにより、エンコードに使用される色空間やイメージが最初どのように作成されたかにかかわらず、すべての出力デバイスでイメージが同じように表示されます。

標準色域のカラーと Wide Gamut カラー

従来のコンピュータディスプレイや HDTV では、数十年前から使用されている Rec. 709 という業界標準に基づく限られた色空間しか表示できません。Rec. 709 の装置(およびそれらで表示するために作成されたビデオコンテンツ)では、標準色域のカラーが使用されます。これは、放送される HDTV の番組、DVD、または Blu-ray ディスクでの視聴時に表示される制限付きのカラーパレットです。

最近の世代のディスプレイ(4K のテレビおよびコンピュータディスプレイ、新しい Mac および iOS デバイス、Apple TV 4K など)では、はるかに広いカラーパレットをレンダリングできます。これらの Wide Gamut カラーの装置では、標準色域の装置で表示できるすべてのヒューに加え、より鮮明で実物のようなヒューを表示できます。そこで、ビデオ業界は Rec. 2020 という Wide Gamut カラーの規格を採用しました。現在市販されている Wide Gamut の装置のほとんどでは完全な Rec. 2020 仕様に含まれるカラーのサブセットのみがサポートされますが、将来のイメージ処理装置ではそれらのヒューをより多く表示できるようになっていくでしょう。

ハイダイナミックレンジ(HDR)

また、各色成分(赤、緑、青)の明るさの幅が広い一部の新しいイメージ処理装置では、人間の目でのコントラストの感じ方をより忠実に再現することができます。これらのハイダイナミックレンジ(HDR)ディスプレイは、一般的にビデオの各色成分を 8 ビットではなく 10 ビットで処理します。カラーデータが多い HDR ディスプレイでは、各色の明るさの最小値から最大値までを緻密に表現できるため、色遷移がより自然になり、暗い部分と明るい部分のどちらもよりきめ細かく表示できます。

標準 4K と 4K HDR を比較している画面分割イメージ

「Final Cut Pro」で Wide Gamut カラーと HDR を使って作業する

デバイスではメディアの作成時にその色空間を定義したタグ、つまりプロファイルが割り当てられます。「Final Cut Pro」ではこのプロファイルに基づいてメディアの色が識別されます。メディアについての情報がデバイスから提供されなかった(または情報が間違っていた)場合、Final Cut Pro プロジェクトで割り当てられている色空間を手動で変更できます。「Final Cut Pro」で識別された色は、コンピュータディスプレイのプロファイルに基づいてディスプレイの色空間に変換されます。「Final Cut Pro」からの書き出し時には、これらの色がカラーマッチング処理のアルゴリズムによってプロジェクトの出力色空間に対応付けられます。

「Final Cut Pro」では、ライブラリの 2 種類の色処理オプションを選択できます:

  • 標準:作業用色空間をリニア RGB、Rec. 709 原色に設定します。以前のバージョンの「Final Cut Pro」で使用していた色空間です。Rec. 709 は、ケーブルテレビの HD 放送、Blu-ray ディスク、および今日のほとんどのストリーミングビデオなどで使われている、現在の HDTV プロジェクトのスタンダードです。

  • Wide Gamut HDR:作業用色空間をリニア RGB、Rec. 2020 原色に設定します。Rec. 709 より多くの色に対応する色空間になります。Rec. 2020 は、4K/8K の UHDTV および HDR プロジェクトに適しています。Wide Gamut HDR のライブラリでは、内蔵のカメラの LUT の設定により、作業空間に変換したときに Log ソースメディアのフル・ダイナミック・レンジが保持されます。

    注記:Rec. 2020 の広い範囲の色を表示するには、Wide Gamut HDR 外部モニタおよびビデオインターフェースを使用することをお勧めします。詳しくは、外部モニタまたはディスプレイで再生するを参照してください。Mac ディスプレイで Wide Gamut HDR プロジェクトの色補正を行うときのヒントについては、Wide Gamut HDR のヒントを参照してください。

Rec. 709 色空間での取り込みには、ほぼすべてのデバイスおよびフォーマットが対応しています。一部のデバイスやフォーマットでは、DCI-P3 および Rec. 2020 色空間での取り込みも可能で、はるかに広い色域を実現できます。

通常は、作業用色空間を出力色空間(完成して配布されるプロジェクトに要求される色空間)に合わせることを強くお勧めします。複数の出力色空間に書き出す場合は、作業用色空間を最も広い色域を持つ出力色空間に合わせます。

詳しくは、「Working with Wide Color Gamut and High Dynamic Range in Final Cut Pro X」(Final Cut Pro X で広色域とハイダイナミックレンジを使って作業する)を参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?