Keynote for iCloud beta: インターネット経由でプレゼンテーションを再生する

インターネット経由でプレゼンテーションを再生する

Keynote Live を使って、プレゼンテーションをインターネット経由でどこからでも再生できます。アクセス情報を受け取った人々が同時に、各自のデバイスを使ってどこからでもプレゼンテーションを見ることができます。発表者はプレゼンテーションの開始と終了を指定できます。

プレゼンテーションへの招待を受け取った人々は、Mac、Windowsコンピュータ、iOSデバイス、または他のモバイルデバイスからプレゼンテーションを見ることができます。閲覧者はWebブラウザ、またはMac(macOS Sierra 10.12以降を搭載)か iOSデバイス(iOS 10以降を搭載)上の最新バージョンのKeynote Appを使用する必要があります。閲覧者はiCloudアカウントを持っている必要はありません。

プレゼンテーションをどこからでも表示する

  1. プレゼンテーションを開いた状態でツールバーの「ツール」ボタンをクリックし、「Keynote Liveを使う」を選択して、「続ける」をクリックします。

    プレゼンテーションへのリンク(URL)がiCloud.com上に作成されます。

    ヒント:このURLを見るには「ツール」ボタンをクリックし、「Keynote Live設定」をクリックします。

  2. リンクパスワードの両方を知っている人だけが視聴できるようにKeynote Liveパスワードを作成するには、「詳細設定」をクリックして「パスワードを追加」をクリックし、パスワードを入力して「パスワードを設定」をクリックします。

    Keynote Liveパスワードは、Keynote Live上でこのプレゼンテーションを視聴する場合にのみ必要となります。このパスワードはプレゼンテーション保護のために使用するパスワードとは異なります。

  3. 以下のいずれかを実行します:

    • リンクをメールで共有する:「閲覧者に参加を依頼」をクリックして、メールアドレスフィールドに名前かメールアドレスを1個または複数入力してから、「送信」をクリックします。

    • リンクをコピーして他の方法で配布する:「詳細設定」をクリックし、リンクをクリックして選択し、次にCommand+CまたはCtrl+Cでコピーして、必要な場所(ソーシャルネットワークサイト、Blog、チャットなど)にペーストします。

  4. 以下のいずれかを実行します:

    • プレゼンテーションを今すぐ再生:今すぐ閲覧者に見せる場合は「今すぐ再生」をクリックします。

      注記:以前にプレゼンテーションを共有して、他者の編集を許可している場合は、共同制作者はKeynote Live上での発表中に継続して編集が行えます。ただしKeynote Liveの閲覧者は、発表者がプレゼンテーションを停止して再スタートする(Escキーを押して「再生」 >「Keynote Liveで再生」をクリック)まで、新しい編集内容を見ることができません。

    • あとでプレゼンテーションを再生する場合:「後で再生」をクリックします。

      「後で再生」をクリックした場合、プレゼンテーションの編集、リンクの送信、およびパスワードの追加と変更が継続して行えます。プレゼンテーションを再生する準備が整ったら、ツールバーの「再生」ボタンをクリックし、次に「Keynote Liveで再生」を選択します。

    • Keynote Liveで再生する前にプレゼンテーションのプレビューを行う場合:「後で再生」をクリックし、ツールバーの「再生」ボタンをクリックしてから、「このコンピュータで再生」を選択します。

注記:Keynote Liveを使ってプレゼンテーションを再生すると、各スライドが一時ファイルとしてiCloudに現れます。スムーズな再生を行うために、プレゼンテーションの開始と同時に全ファイルが閲覧者のデバイスへストリーム送信されます。Keynote Liveリンク(およびパスワードを設定した場合はそのパスワード)を知っている人だけが、これらのファイルへアクセスできます。

新しい閲覧者を招待する

Keynote Liveが再生されていない時(再生を開始する前、またはEscキーを押して再生を停止した時)に、新しい閲覧者を招待できます。

  1. ツールバーの「ツール」ボタン をクリックし、「Keynote Live設定」を選択します。

  2. 「閲覧者に参加を依頼」をクリックして、リンクの送り先となるメールアドレスを入力します。

新しい閲覧者を招待するためにプレゼンテーションを停止した場合は、次に「再生」ボタンをクリックすると前回停止したところから再開されます。

Keynote Liveパスワードを追加/変更する

Keynote Live パスワードを追加することで、このパスワードを持っている閲覧者だけがKeynote Liveで再生中のプレゼンテーションを見ることができます。

注記:Keynote Liveパスワードは、Keynote Live上でこのプレゼンテーションを視聴する場合にのみ必要となります。このパスワードはプレゼンテーション保護のために使用するパスワードとは異なります。Keynote Liveで公開するプレゼンテーションごとに、異なるパスワードを設定できます。

  1. ツールバーの「ツール」ボタンをクリックし、「Keynote Live設定」を選択します。

    プレゼンテーションが再生中の場合は、まずEscキーを押して再生を停止します。

  2. 「パスワードを追加」または「パスワードを変更」をクリックし、表示される指示に従って操作します。

    Keynote Liveのリンクを送信した人には、Keynote Liveパスワードも送信する必要があります。

プレゼンテーションのKeynote Liveをオフにする

Keynote Liveプレゼンテーションに閲覧者を招待した後にプレゼンテーションの公開を中止する場合は、Keynote Liveリンクを無効にできます。

  1. ツールバーの「ツール」ボタンをクリックし、「Keynote Live設定」を選択します。

  2. 「Keynote Liveを停止」をクリックします。

    プレゼンテーションのリンクが機能しなくなります。ただし、このプレゼンテーションのKeynote Liveを再度有効にすると、元のリンクが再び有効になります。

プレゼンテーションを、組み込みのKeynoteプレゼンテーション(MediumやWordPressなど)をサポートしているWebサイトに投稿することもできます。その場合、閲覧者はWebサイト上のミニプレーヤを使用してプレゼンテーションをナビゲートすることができます。プレゼンテーションへのリンクの生成方法とそれを表示するための権限の設定方法については、「他のユーザを共同制作に招待する」を参照してください。.

注記:Keynote for Macでこのプレゼンテーションに発表者ノートを追加した場合、Keynote for iCloudで再生するとノートは表示されません。

公開日: 2019/07/01
役に立ちましたか?