Numbers for iCloud beta: 共同制作の概要

共同制作の概要

Numbers for iCloudのスプレッドシートへのリンクを共有することにより、ほかのユーザーとリアルタイムに共同制作できるようになります。共有するスプレッドシートやこれに施した変更内容はiCloudに保存され、関係ユーザーにも即座に伝わります。

スプレッドシートの所有者は、誰がアクセスし、どんな操作が可能か、を制御できます:

  • スプレッドシートのアクセス権:リンクを送信すれば、受信した人はだれでもそのリンクを使ってスプレッドシートを開けます。特定のユーザを「招待」することも可能です。招待されたユーザがスプレッドシートを開くには、Apple ID で iCloud にサインインしなければなりません。

  • 編集の操作権限:共有する各ユーザーについて、変更可能もしくは、閲覧のみ可能のいすれかを選択できます。

iCloudのシステム要件

リンクを保持しているユーザーは誰でもスプレッドシートを開けるよう、アクセス権限を設定すると、iCloudアカウントやApple IDがなくても、共有スプレッドシートを閲覧または編集できるようになります。

一方、特定のユーザーを「招待」しただけの場合、そのユーザーは、iCloudにサインインしなければ閲覧も編集もできません。Apple ID に関連付けられてない電子メールアドレスや電話番号を使用してユーザを招待した場合、招待された人はその電子メールアドレスや電話番号を自身の Apple ID に追加するまで招待に応じることができません。詳しくは、共同制作への参加依頼を承認するを参照してください。

最小システム要件

共有スプレッドシートを閲覧、編集するためには、次の条件を満たしている必要があります:

  • サポートされるブラウザを搭載する、MacまたはWindowsコンピュータ。

  • macOS 10.13(High Sierra)および Numbers 6.1 以降搭載の Mac。さらに、iCloudにサインインし、iCloud Driveをオンにする必要があります。

  • iOS 11 および Numbers 5.1 以降搭載の iOS デバイス。さらに、iCloudにサインインし、iCloud Driveをオンにする必要があります。

Android デバイス、または iOS 11 と Numbers 5.1 以降がインストールされていない iOS デバイスを使用している場合は、スプレッドシートの表示は可能ですが、編集はできません。

注記:スプレッドシートがiCloudではなくBoxに保存されている場合は、Boxの共同制作コントロールを使用して共同制作を行うことができます。詳細については、iWorkとBoxの併用に関するAppleサポートの記事を参照してください。

公開日: 2019/08/20
役に立ちましたか?