Pages for iCloud beta: 共同制作の概要

共同制作の概要

Pages for iCloud 書類のリンクを共有することで、ほかのユーザとリアルタイムで共同制作できます。共有書類とその変更は iCloud に保存されます。共同制作に関わるユーザは自分たちが行った変更を確認できます。

書類の所有者は、書類にアクセスできるユーザとユーザに許可する操作を制御できます。

  • 書類アクセス:書類リンクを送信すれば、受け取ったユーザは書類を開くことができます。特定のユーザを「招待」することも可能です。招待されたユーザは、Apple ID で iCloud にサインインし、書類を開くことになります。

  • 編集許可:ほかのユーザに書類の変更を許可するか、閲覧のみを許可します。

iCloud のシステム要件

リンクが与えられているユーザであれば誰でも書類を開けるようにアクセス許可を設定した場合、リンクが与えられているユーザは iCloud アカウントや Apple ID がなくても共有書類を表示し、編集できます。

書類の共同制作の相手として特定のユーザだけを招待した場合、特定のユーザは書類を表示または編集するとき iCloud にサインインする必要があります。Apple ID に関連付けられてない電子メールアドレスや電話番号を使用してユーザを招待した場合、その電子メールアドレスや電話番号を自身の Apple ID 追加するまで招待に応じることはできません。詳しくは、共同制作への参加依頼を承認するを参照してください。

最小システム要件

共有相手は、共有書類を表示または編集するために次のものを必要とします。

  • サポートされるブラウザを搭載する、Mac または Windows コンピュータ。

  • macOS 10.13(High Sierra)と Pages 7.2 以降がインストールされている Mac。さらに、iCloud にサインインし、iCloud Drive をオンにする必要があります。

  • iOS 11 および Pages 4.2 以降がインストールされている iOS デバイス。さらに、iCloud にサインインし、iCloud Drive をオンにする必要があります。

Android デバイス、または iOS 11 と Pages 4.2 以降がインストールされていない iOS デバイスを使用している場合は、書類の閲覧は可能ですが、編集はできません。

書類が iCloud ではなく Box に保存されている場合は、Box の共同制作コントロールを使用して共同制作を行うことができます。詳細については、iWork と Box の併用に関する Apple サポートの記事を参照してください。

公開日: 2018/11/17
役に立ちましたか?