Pages for iCloud beta: 共有書類の設定を変更する

共有書類の設定を変更する

所有者であれば、共有書類のアクセス設定と権限設定をいつでも表示したり、変更したりできます。

書類のアクセスが「招待したユーザのみ」に設定されている場合、個人ごとに異なる権限を設定することもできます。

アクセス権を表示する

以下のいずれかを実行します:

  • 開いている書類に対して:ツールバーの「コラボレート」ボタンをクリックします。

  • 書類マネージャで:左側の「共有」をクリックしてから、書類を選択します。「詳細」ボタンをクリックし、「共同制作の詳細」を選択します。

参加者リストが表示されます。参加者リストのユーザは、自分の名前の下に「表示のみ」と表示されていなければ、書類を編集できます。

プレゼンテーションの所有者であれば、アクセス権の設定概要が「共有オプション」以下に表示され、「共有オプション」をクリックすると詳細を確認できます。

共有書類の参加者リスト。

全ユーザのアクセス権を変更する

共有書類の所有者であれば、アクセスをいつでも変更できますが、リンクの共有相手が影響を受けます。設定を変更すると次のようになります:

  • 「招待したユーザのみ」から「リンクが与えられたすべてのユーザ」に:もともと招待したユーザは引き続き書類にアクセスできます。その際、iCloud.com にサインインする必要はありません。

  • 「リンクを知っているすべての人」から「参加依頼した人のみ」に変更した場合:元のリンクは無効になります。書類にアクセスできるのは招待されたユーザだけであり、しかも Apple ID で iCloud.com にサインインする必要があります。

  1. 以下のいずれかを実行します:

    • 開いている書類に対して:ツールバーの「コラボレート」ボタンをクリックします。

    • 書類マネージャで:左側の「共有」をクリックしてから、書類を選択します。「詳細」ボタンをクリックし、「共同制作の詳細」を選択します。

  2. 「共有オプション」、「アクセスを許可するユーザ」ポップアップメニューの順にクリックし、オプションを選択します。

この設定を変更するとき、ユーザが書類を開いている場合、そのユーザには警告が表示されます。変更により書類へのアクセスが失われた場合、すぐに書類は閉じられます。それ以外の場合は、警告を消した時点で新しい設定が有効になります。

全員の権限を変更する

アクセスが「招待したユーザのみ」に設定されている共有書類の所有者であれば、簡単に全員の権限を同じに変更できます。

  1. 以下のいずれかを実行します:

    • 開いている書類に対して:ツールバーの「コラボレート」ボタンをクリックします。

    • 書類マネージャで:左側の「共有」をクリックしてから、書類を選択します。「詳細」ボタンをクリックし、「共同制作の詳細」を選択します。

  2. 「共有オプション」、「アクセス権」ポップアップメニューの順にクリックし、オプションを選択します。

    個々のユーザの権限を確認するには、該当する名前の上にポインタを移動して表示される 3 つのドットをクリックします。

この設定を変更するとき、ユーザが書類を開いている場合、そのユーザには警告が表示されます。警告を消した時点で新しい設定が有効になります。

参加者のアクセス権を変更する/削除する

アクセスが「招待したユーザのみ」に設定されている共有書類の所有者であれば、他のユーザの権限に影響を与えることなく、個々の権限を変更できます。書類への個々のアクセスを削除することもできます。

  1. 以下のいずれかを実行します:

    • 開いている書類に対して:ツールバーの「コラボレート」ボタンをクリックします。

    • 書類マネージャで:左側の「共有」をクリックしてから、書類を選択します。「詳細」ボタンをクリックし、「共同制作の詳細」を選択します。

  2. 該当する名前の上にポインタを移動して表示される 3 つのドットをクリックし、オプションをクリックしてください。

    注記:この書類の共有相手が 1 名だけの場合、「共有オプション」をクリックして変更する必要があります。

    参加者リストの名前の右側に 3 つのドットが現れている様子。

    書類を開いているユーザには警告が表示されます。警告を閉じると、新しい設定が適用されます。

    「アクセスを削除」を選択すると、ユーザは書類を閉じるように求められ、書類が iCloud Drive から削除されます。書類に行った編集は残ります。

公開日: 2018/11/17
役に立ちましたか?