MacのためのPages: 共有書類の設定を変更する

共有書類の設定を変更する

オーナーは、共有書類のアクセス権の設定をいつでも確認または変更できます。

書類へのアクセスが「参加依頼した人のみ」に設定されている場合は、参加者ごとにアクセス権を変えることもできます。

アクセス権を表示する

  1. ツールバー「共同制作者」ボタン をクリックします。

    参加者リストが表示されます。参加者は、名前の下に「閲覧のみ」と表示されていない限り、書類を編集できます。

    自分がオーナーの場合は、「共有オプション」の下にアクセス権の設定の概要が表示されます。「共有オプション」をクリックすると詳細を確認できます。

  2. 特定の参加者のアクセス権を確認するには、参加者リストでその人の名前の上にポインタを移動し、右側に表示される 3 つのドットをクリックします。

全員のアクセス設定を変更する

書類のオーナーである場合は、アクセス設定をいつでも変更できます。この変更は、リンクを共有した人に影響します。設定変更の結果は以下のようになります:

  • 「参加依頼した人のみ」から「リンクを知っている人はだれでも」に変更:もともと参加依頼した人に加えて、リンクを知っている人も書類を開くことができるようになります。参加者は、リンクの送信に使用したメールアドレスまたは電話番号で iCloud にサインインする必要はありません。

  • 「リンクを知っている人はだれでも」から「参加依頼した人のみ」に変更:元のリンクは、全員に対して機能しなくなります。オーナーから参加依頼を受け取った人のみが書類を開くことができるようになります。参加者は Apple ID で iCloud にサインインする必要があります。

  1. ツールバー「共同制作者」ボタン をクリックします。

  2. 「共有オプション」をクリックし、「対象」ポップアップメニューをクリックして設定を選択します。

    「対象」ポップアップメニューで「参加依頼した人のみ」が選択されている共同制作ダイアログの「共有オプション」セクション

設定を変更したときに書類を開いていた参加者には通知が表示されます。変更によって書類にアクセスできなくなる参加者の画面では、書類がただちに閉じます。引き続きアクセスできる場合は、通知を閉じると新しい設定が有効になります。

全員のアクセス権を変更する

共有書類のオーナーで、アクセスを「参加依頼した人のみ」に設定している場合は、全員のアクセス権をすばやく変更できます。

  1. ツールバー「共同制作者」ボタン をクリックします。

  2. 「共有オプション」をクリックし、「アクセス権」ポップアップメニューをクリックして変更を行います。

    「アクセス権」ポップアップメニューで「変更可能」が選択されている共同制作ダイアログの「共有オプション」セクション

    アクセス権を変更したときに書類を開いていた参加者には通知が表示されます。通知を閉じると新しい設定が有効になります。

特定の参加者のアクセス権を変更/削除する

共有書類のオーナーで、アクセスを「参加依頼した人のみ」に設定している場合は、特定の参加者のアクセス権を変更できます。この変更は、ほかの参加者のアクセス権には影響しません。書類へのアクセスを取り消すこともできます。

  1. ツールバー「共同制作者」ボタン をクリックします。

  2. 目的の人の名前の上にポインタを移動し、横に表示される 3 つのドットをクリックしてから、オプションをクリックします。

    アクセス権を変更したときにその参加者が書類を開いていた場合は、通知が表示されます。新しい設定は、通知が閉じられたときに有効になります。

    「アクセス権を削除」を選択した場合は、その参加者は書類を閉じるよう要求され、その書類は iCloud Drive から削除されます。その参加者が書類で行った編集内容は保持されます。

公開日: 2018/11/22
役に立ちましたか?