Pages for iPhone: 共有Pages書類で共同制作をする

共有Pages書類で共同制作をする

共有書類のオーナーと共同制作の参加者のどちらであっても、書類を開いた後、ほかの人が行った変更の内容を確認したり、編集アクティビティの表示/非表示を切り替えたりできます。

ツールバーの「共同制作者」ボタン には、書類を現在編集または閲覧している人の数(自分を除く)が表示され、参加者リストにはその名前が表示されます。

共同制作への参加依頼を承諾する

共有書類へのリンクを受け取ったときは、オーナーが設定したアクセス権、デバイスにインストールされているPagesとiOSのバージョン、およびiCloudにサインインしているかどうかによって、リンクをタップしたときの動作が変化します。

  1. 受け取ったメール、メッセージ、または投稿に記載されているリンクをタップします。

  2. 必要に応じて、Apple IDでiCloudにサインインするか、表示される指示に従います。

    書類は以下の方法で開きます:

    • Macの場合: MacでiCloudが設定されていてサインインしているかどうか、どこでリンクをクリックしたか(Macの「メール」やWebページなど)、コンピュータにmacOS High Sierra 10.13以降とPages 8.1以降が搭載されているかどうかに応じて、書類はMacのPagesまたはPages for iCloudで開きます。

    • MacまたはWindowsコンピュータからiCloud.comを使用している場合: WebブラウザでiCloud.comにサインインしている場合、書類はPages for iCloudで開き、書類マネージャとiCloud Driveに追加されます。

    • iOS 11以降とPages 5.1以降が搭載されているiOSデバイスの場合: 書類はiOSデバイスのPagesで開き、書類マネージャに追加されます。

    • Androidデバイス、またはiOS 11以降とPages 5.1以降が搭載されていないiOSデバイスの場合: 書類はブラウザで開きます。この場合、閲覧はできますが、編集はできません。

参加依頼を承諾できない場合は、共同制作の最小システム要件を満たしていることを確認してください。

共有書類で共同制作をする

  1. 共有書類を開きます。

    書類マネージャの下部にある「履歴」をタップすると、すべての共有書類が表示され、目的の書類を見つけやすくなります。共有書類が見つからない場合は、受信したメール、メッセージ、投稿でリンクをタップし、要求された場合はサインインします。

    書類を開けない場合は、上記の「共同制作への参加依頼を承諾する」を参照してください。

  2. 書類を編集します。

    自分とほかのユーザが書類に加えた編集内容は、リアルタイムで表示されます。カラーのカーソルおよびカラーで選択されたテキストやオブジェクトは、ほかの人が現在編集している個所を示しています。

    ほかの人が編集中であることを示すカラーの三角形が下に表示されたテキスト。
  3. 必要に応じて以下の操作を実行します:

    •  現在書類で作業しているユーザを確認する: 「共同制作者」ボタン をタップして参加者リストを開きます。参加者リストでは、書類の参加者と現在編集または閲覧している人を確認できます。

      ボタンには、書類を現在編集または閲覧している人の数(自分を除く)が表示されます。

    •  特定の人の編集を追跡する: その人の名前の横にあるカラーのドットをタップします。カラーのドットが表示されない場合、その人は書類を開いていますが積極的に編集は行っていません。

    •  アクティビティ(カラーのカーソルまたは選択)を隠す/表示する: 「詳細」ボタン をタップし、「共同制作アクティビティ」をオフまたはオンにします。

    • 不一致を解消する: 不一致があるときは、書類のオーナーにダイアログが表示されます。保持するバージョンを選択します。複数のバージョンを保持する場合、共有バージョンには、その中で最新バージョンが反映されます。

ツールバーの「共同制作」ボタンに通知が表示される場合は、デバイスがオフラインです。オンラインに戻るまでは書類を編集できません。インターネットに接続されていることを確認して、デバイスが再接続するのを待ってください。

共有書類への参加を止める

共有している書類にアクセスする必要がなくなったら、参加者リストから自分自身を削除できます。

  1. 以下のいずれかを実行します:

    • 書類が開いている場合: 「共同制作者」ボタン をタップします。

    • 書類が閉じられている場合: 書類マネージャをブラウズビューにして、右上隅にある「選択」をタップし、書類をタップして(チェックマークが表示されます)、画面下部にある「共有」をタップしてから、「人を表示」をタップします。

  2. 自分の名前をタップしてから、「自分を削除」をタップします。

参加者リストから自分の名前を削除すると、iCloud Driveからその書類が削除されます。後で書類にアクセスしたい場合は、元のリンクを使って開くことができます。

注記:ほかの人と共有されている書類では、一部のPagesの機能が使用できません。詳しくは、Appleサポート記事「Pages、Numbers、Keynoteの共同制作について」を参照してください。

公開日: 2019/07/30
役に立ちましたか?