Pages for iPad: Pagesで凡例、グリッドライン、およびその他のマーキングを追加する

Pagesで凡例、グリッドライン、およびその他のマーキングを追加する

グラフに追加できる、何種類かのグラフマーキングおよび軸ラベルが用意されています。これらの外観を変更してデータを強調したり、グラフタイトルや数値ラベルのテキストスタイルを変更して、これらのテキストを目立たせたりすることができます。

縦棒グラフ。軸ラベルとグラフの凡例が表示された状態。

凡例を追加する

  1. グラフをタップしてから、「フォーマット」ボタン をタップします。

  2. 「グラフ」をタップしてから、「凡例」をオンにします。

  3. 凡例のサイズを調整するには、凡例をタップしてから、緑のドットをドラッグします。

  4. 目的の位置まで凡例をドラッグします。

軸のグリッドラインを表示する/隠す

  1. グラフをタップしてから、「フォーマット」ボタン をタップします。

  2. 「スタイル」をタップし、「グリッドライン」をタップしてから、「X軸」または「Y軸」の「グリッドライン」をオンにします。

  3. 「目盛り」をタップして、目盛りを内側、外側、または中央に表示するかどうかを選択します。「なし」をタップして、目盛りをオフにします。

    これらのオプションは、グラフやデータのタイプによって異なります。

基準線を表示する/削除する

グラフに基準線を追加して、平均値、中央値、最小値、および最大値を示すことができます。基準線があると、グラフを一目で簡単に理解でき、グラフ内の値をベンチマークの値と比較するのに役立ちます。

積み重ねグラフ、2軸グラフ、3Dグラフ、円グラフ、およびドーナツグラフを除き、すべてのグラフのタイプに基準線を設定できます。グラフには最大5本の基準線を設定できます。

  1. グラフをタップします。

  2. 「フォーマット」ボタン をタップしてから、「グラフ」をタップします。

  3. 「基準線を追加」をタップしてから、以下のいずれかをタップします:

    • 平均値: データの平均値を示す線

    • 中央値: データの中央値を示す線

    • 最小値: データの最小値を示す線

    • 最大値: データの最大値を示す線

    • カスタム: 「カスタム」セクションで入力した値を示す線

    基準線に平均値が表示されている縦棒グラフ。
  4. 基準線が何を表しているかを明確にするために、「名前を表示」および「値を表示」をタップしてオンにします。

基準線を削除するには、グラフをタップし、「フォーマット」ボタン をタップし、「基準線」をタップします。次に、基準線の名前をタップしてから、「線を削除」をタップします。

注記:インタラクティブグラフでスライダをドラッグして別のデータセットを表示すると、基準線が移動します。

エラーバーを表示する/削除する

エラーバーによって、データの正確性の全般的な印象が得られます。これらは小さなマークとして表され、その長さは、特定のデータ系列と関連付けられている不確実性の程度(データの変わりやすさ)を示します。2D折れ線グラフ、面グラフ、横棒グラフ、縦棒グラフ、積み重ね横棒グラフ、積み重ね縦棒グラフ、バブルチャート、および散布図に追加できます。

  1. グラフをタップし、「フォーマット」ボタン をタップしてから、「グラフ」をタップします。

  2. 「エラーバー」をタップし、オプションをタップします。

  3. コントロールを使って、エラーバーの外観を変更します。

エラーバーを削除するには、「エラーバー」をタップしてから「なし」を選択します。

トレンドラインを表示する/削除する

トレンドラインは、データの全体的な方向(または傾向)を示します。トレンドラインは、横棒グラフ、線グラフ、散布図、バブルチャート、縦棒グラフ、および面グラフに表示されます。

  1. グラフをタップし、「フォーマット」ボタン をタップしてから、「グラフ」をタップします。

  2. 「トレンドライン」をタップしてから、追加したい線のタイプを選択します。

  3. コントロールを使って、トレンドラインの外観を変更します。

トレンドラインを削除するには、グラフをタップし、「フォーマット」ボタン をタップして、「グラフ」をタップし、「トレンドライン」をタップしてから、「なし」をタップします。

公開日: 2019/08/02
役に立ちましたか?