MacのためのKeynote: Apple IDでiCloudにサインイン

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
Apple IDでiCloudにサインイン

共有プレゼンテーションはiCloudに保存されるため、それらにアクセスするにはApple IDでiCloudにサインインする必要があります。

iTunes StoreやApp Storeで買い物をしたことがある場合は、Apple IDをすでにお持ちです。Apple IDをお持ちでない場合、またはApple IDを忘れてしまった場合は、iCloudサインインフィールドの下にあるリンクをクリックしてApple IDを作成したりApple IDまたはパスワードを確認したりできます。

iCloudにサインインするには、以下のいずれかの操作を行います:

  • Macの場合: アップルメニュー>「システム環境設定」と選択してから、「iCloud」をクリックします。

  • iOSデバイスの場合: ホーム画面で「設定」をタップし、「iCloud」をタップします。

  • Webの場合: iCloud.comにアクセスします。

  • Windowsコンピュータの場合: Windows 7以降では、スタート画面で「iCloud」アプリケーションまたはタイルをクリックするか、スタートメニューから「iCloud」を選択します。

プレゼンテーションを開けない場合は、参加依頼に使用されたメールアドレスまたは電話番号がApple IDと関連付けられていない可能性があります。Apple IDでiCloudにサインインしてから、画面に表示される指示に従ってメールアドレスまたは電話番号を確認し、Apple IDに関連付けてください。その後、Apple IDに関連付けたプライマリ・メール・アドレスまたは電話番号でiCloudにサインインします。

注記:Apple IDに新たにメールアドレスを関連付けたくない場合は、共有プレゼンテーションのオーナーに頼んで、Apple IDにすでに関連付けられているメールアドレスまたは電話番号を使って参加依頼を送り直してもらってください。

公開日: 2019/07/03
役に立ちましたか?