MacのためのKeynote: Remoteを使ってプレゼンテーションを制御する

Remoteを使ってプレゼンテーションを制御する

iOSデバイスをリモートコントロールとして、Macでプレゼンテーションを再生するために使用できます。iPhoneをリモートコントロールとして使用するときは、コンパニオンApple Watchからプレゼンテーションを制御することもできます。

iPad、iPhone、またはiPod touchをリモートコントロールとして設定する

iOSデバイスとMacにKeynoteがインストールされていて、Wi-Fiがオンになっている必要があります。

  1. リモートコントロールとして使用したいiOSデバイスでKeynoteを開きます。

  2. プレゼンテーションマネージャで、「Remote」ボタン をタップしてから、「続ける」をタップします。

    デバイスに「Remoteを設定」画面が表示されます。

  3. MacでKeynoteを開き、画面上部の「Keynote」メニューで、「Keynote」>「環境設定」と選択します。

  4. 環境設定ウインドウの上部の「Remote」をクリックしてから、「有効にする」を選択します。

  5. リモートコントロールとして使用したいデバイスの横の「リンク」をクリックします。

    Macとデバイスに4桁のコードが表示されます。

  6. 4桁のコードが一致することを確認し、「確認」をクリックしてから、「Keynote」環境設定を閉じます。

デバイスをリンクしたら、リモートデバイスからプレゼンテーションを制御できます。

iPad、iPhone、またはiPod touchをリモートコントロールとして使用する

前のタスクで説明したように、最初にiOSデバイスをリモートコントロールとして設定する必要があります。Handoffを使用してデバイスをリモートコントロールにするには、MacおよびデバイスでHandoffが設定されていて、制御したいプレゼンテーションがiCloud Drive に保存されている必要があります。

  1. Macでプレゼンテーションを再生します。

  2. 以下のいずれかを実行します:

    • デバイスをリモートコントロールにする: リモートコントロールとして設定したiOSデバイスでKeynoteを開き、プレゼンテーションマネージャ「Remote」ボタン をタップしてから「再生」をタップします。

    • Handoffを使用してiPadをMac用のリモートコントロールにする: ロック画面の左下隅にある 「Keynote」ボタン を上にスワイプします。または、ホームボタンをダブルクリックしてマルチタスク画面を表示し、画面の下部のKeynoteをタップします。

  3. プレゼンテーションを制御するには、以下のいずれかの操作を行います:

    • 次のスライドまたはビルドに進む: スライドをタップするか、スライドを左にスワイプします。

    • 前のスライドに戻る: スライドを右にスワイプします。

    • 特定のスライドにスキップする: 左上隅にあるスライド番号をタップしてから、表示したいスライドをタップします。

    • プレゼンテーションの再生を停止する: 「閉じる」ボタン をタップします。

  4. プレゼンテーション中にリモートデバイスに表示する内容を変更するには、以下のいずれかの操作を行います:

    • 現在のスライド、次のスライド、または発表者ノートを表示する: 「レイアウト」ボタン をタップしてから、レイアウトを選択します。

    • タイマーまたは現在の時刻の表示を切り替える: 画面の上部にある時刻またはタイマーをタップします。

Apple Watchをリモートコントロールとして使用する

上で説明したように、最初にiPhoneをMacのリモートコントロールとして設定し、KeynoteをApple WatchおよびコンパニオンiPhoneにインストールする必要があります。Apple WatchにKeynoteをインストールするには、コンパニオンiPhoneを最新バージョンのKeynoteにアップデートします。次に、Apple Watchで、Keynoteのインストールを確認します。

重要: 最適な結果を得るため、プレゼンテーション中に手首を上げるとApple Watchのスリープが解除されてKeynoteが表示されるように設定します。Apple Watchで、「設定」に移動し、「一般」をタップし、「手首を上げたときの動作」をタップして、「手首を上げたとき」をオンにします。次に、「最後に使用したApp」(上にスワイプすると表示されます)をタップします。

  1. Macでプレゼンテーションを開きます。

  2. Apple Watchで、Digital Crownを押し、「Keynote」ボタン をタップしてKeynoteを開いてから、「ショーを再生」ボタン をタップします。

  3. プレゼンテーションを制御するには、以下のいずれかの操作を行います:

    • 次のスライドまたはビルドに進む: 「次のスライド」ボタン をタップします。

    • 前のスライドに戻る: Apple Watchの画面を強く押してから、「戻る」ボタン をタップします。

      Apple Watchの画面がアップデートされて、「進む」ボタンと「戻る」ボタンの両方が表示されます。両方のボタンが表示されているときに前のスライドに戻るには、「前のスライド」ボタン をタップします。

      プレゼンテーションを停止してから再開した場合や、Apple Watchがスリープ状態になってからスリープ解除した場合は、Apple Watchの画面に「進む」ボタンのみが再表示されます。プレゼンテーションの前のスライドや、Apple Watchの2つのボタンがある画面に戻るには、Apple Watchの画面を強く押してから、「戻る」ボタン をタップします。

    • プレゼンテーションの再生を停止する: Apple Watchの画面を強く押してから、「スライドショーを終了」ボタン をタップします。

    このタスクの最初の手順に従った場合は、Apple Watchからプレゼンテーションを制御するために手首を上げると、常にKeynoteが表示されます。

Apple WatchでKeynoteを閉じるには、Digital Crownを押します。

リモート・コントロール・デバイスからスライド上をハイライトする

iPad、iPhone、またはiPod touchから「Keynote Remote」を使用してプレゼンテーションを制御している場合は、そのデバイス上で描画した内容を、プレゼンテーションを再生しているデバイス上に表示することができます。この機能は、たとえばスライドで特定の箇条書きを強調したい場合に、聴衆に向けてその箇条書きにアンダーラインを引いたり丸で囲んだりすることができ、便利です。

スライドの描画モードのスライド。レーザーポインタおよびカラー選択コントロールが表示された状態。
  1. iOSデバイスをリモートコントロールとして設定します。

  2. Macまたは別のiOSデバイスでプレゼンテーションを再生します。

  3. リモートコントロールとして使用しているデバイスの 「イラストレーター」ボタン をタップします。

  4. 必要に応じて以下の操作を実行します:

    • カラーで描画する: カラーをタップしてから、スライド上に描画します。

    • レーザーポインタを使用する: レーザーポインタをタップし、スライド上で指を動かします。指の動きに合わせてレーザーポインタが移動します。

    • 前回のハイライトを消去する: 「取り消す」ボタン をタップします。タップを繰り返してスライド上の描画をすべて取り消します。

    • 前のスライドに戻る/スライドを進める: スライド上の左右の矢印をタップします。

    • 描画ツールを隠す: 「終了」をタップします。

リモート・コントロール・デバイスにリンクされているプレゼンテーションデバイスを変更する

  1. リモートコントロールとして使用するiPad、iPhone、またはiPod touchでKeynoteを開きます。

  2. プレゼンテーションマネージャで、「Remote」ボタン をタップします。

  3. 「デバイス」をタップしてから、以下のいずれかの操作を行います:

    • 別のプレゼンテーションデバイスを追加する: 「デバイスを追加」をタップしてから、画面に表示される指示に従います。

    • 別のプレゼンテーションデバイスに切り替える: 別のデバイスの名前をタップしてから、「終了」をタップします。

    • プレゼンテーションデバイスを削除する: デバイスの名前を右にスワイプしてから、「削除」をタップします。

Macからリモートコントロールのリンクを解除する

  1. MacでKeynoteを開きます。

  2. 画面上部の「Keynote」メニューで、「Keynote」>「環境設定」と選択します。

  3. 環境設定ウインドウの上部の「Remote」をクリックしてから、以下のいずれかの操作を行います:

    • リモートコントロールのリンクを完全に解除する: デバイスの横の「リンク解除」をクリックします。

    • リンクされたすべてのリモートのリンクを一時的に解除する: 「有効にする」の選択を解除すると、デバイスはリンクされたままですが、リモートとして機能しなくなります。再度使用したい場合は、「有効にする」を再度選択します。

「Keynote Remote」はマルチピア接続を使用します。これにより、最新バージョンのKeynoteがインストールされている新しいiOSデバイスとMacコンピュータが近くにある場合は、同じWi-Fiネットワーク上になくてもWi-Fi経由で接続することができます。Wi-Fiに接続された古いデバイスまたはMacコンピュータで「Keynote Remote」の使用に問題がある場合は、それらを同じWi-Fiネットワークに追加してみてください。詳しくは、Appleサポート記事「iPhone、iPad、またはiPod touchでKeynote Remoteを使う」を参照してください。

注記:以前にApp Storeから入手可能だった古いKeynote Remote Appはサポートされなくなりました。

公開日: 2019/07/03
役に立ちましたか?