Keynote for iPhone: ほかのユーザにプレゼンテーションでの共同制作への参加を依頼する

ほかのユーザにプレゼンテーションでの共同制作への参加を依頼する

ほかの人にプレゼンテーションへのリンクを送信して、リアルタイムの共同制作への参加を依頼できます。参加者がプレゼンテーションを変更すると、その内容がすべての人に表示されます。

デフォルトでは、参加を依頼した相手のみがプレゼンテーションにアクセスして変更できます。リンクを知っている人がプレゼンテーションにアクセスできるようにすることもできます。ほかのユーザが変更できないようにしたい場合は、プレゼンテーションの権限を閲覧のみに設定します。

ほかのユーザに共同制作への参加を依頼する

以下の手順を行う前に、iCloudにサインインし、KeynoteでiCloud Driveを使用するように設定しておく必要があります。

  1. 以下のいずれかを実行します:

    • プレゼンテーションが開いている場合: 「共同制作」ボタン をタップします。

    • プレゼンテーションが閉じている場合: プレゼンテーションマネージャをブラウズビューにして、右上隅にある「選択」をタップし、プレゼンテーションをタップして(チェックマークが表示されます)、画面下部にある 「共有」ボタン をタップしてから、「人を追加」をタップします。

  2. 「共有オプション」をタップします。

  3. 「対象」の下にあるオプションをタップします:

    • 参加依頼した人のみ: Apple IDでiCloudにサインインしている人のみが、プレゼンテーションを開くことができます。

      Apple IDを持っていない人でも招待できます。ただし、Apple IDを作成してからでなければ、共有プレゼンテーションを開けません。

    • リンクを知っている人はだれでも: 共有プレゼンテーションへのリンクを知っている人はだれでも、リンクをタップまたはクリックすることでプレゼンテーションを開くことができます。プレゼンテーションをパスワードで保護する場合は、「パスワードを追加」をタップします。

      プレゼンテーションにすでにパスワードが設定されている場合は、共有時にもそのパスワードが使用されるため、新たに設定する必要はありません。パスワードを変更したい場合は、「パスワードを変更」をタップします。

  4. 「アクセス権」でいずれかのオプションをタップして、ほかの人に許可する操作を設定します:

    • 変更可能: ユーザは、共有プレゼンテーションを編集およびプリントできます。

    • 閲覧のみ: ユーザは、共有プレゼンテーションを閲覧およびプリントできますが、編集はできません。

    手順2でアクセスを「参加依頼した人のみ」に設定した場合は、プレゼンテーションの共有後にアクセス権の設定を個別に変更できます。

  5. 左上隅の「人を追加」をタップします。

  6. リンクを送信する方法をタップします。

    Twitterなどのサービスを使用してリンクを送信するには、そのアカウントをお使いのデバイスで設定しておく必要があります。(そのアカウントをデバイスですでに使用している場合、そのアカウントは設定されています。そのアカウントをデバイスでまだ使用していない場合は、「設定」で設定します。)リストにないサービスを使用する場合は、「リンクをコピー」をタップします。

  7. ユーザごとにメールアドレスまたは電話番号を入力します。

  8. 要求されるその他の情報を入力してから、メッセージを送信または投稿します。

    「リンクをコピー」を選択した場合は、リンクのペースト先をタップして、「ペースト」をタップします。

    リンクがメール本文、メッセージ、ツイート、または投稿内にプレゼンテーションタイトル付きで表示されます。このリンクを編集または削除しないでください。

    重要: 「共有」をタップすると、タイトルを含むプレゼンテーションへのリンクがiCloudに作成されます。プレゼンテーションのタイトルまたは内容が機密である場合は、リンクを他の人に転送しないように受信者に頼んでください。

プレゼンテーションを共有した後に、「共同制作者」ボタン にチェックマークが表示され、プレゼンテーションが共有されていることが示されます。すべての共有プレゼンテーションを表示するには、プレゼンテーションマネージャの下部にある「履歴」をタップします。

参加者を追加する

共有プレゼンテーションのオーナーで、アクセスを「参加依頼した人のみ」に設定している場合は、参加者を追加できます。

注記:プレゼンテーションのアクセスを「リンクを知っている人はだれでも」に設定した場合は、このタスクで説明する方法で新しいユーザに参加を依頼することはできません。代わりに、次のタスクを参照して、ユーザにリンクを送信してください。

  1. 以下のいずれかを実行します:

    • プレゼンテーションが開いている場合: 「共同制作者」ボタンをタップしてから、参加者リストの下部にある「人を追加」をタップします。

    • プレゼンテーションが閉じている場合: プレゼンテーションマネージャをブラウズビューにして、右上隅にある「選択」をタップし、プレゼンテーションをタップして、画面下部にある「共有」をタップしてから、「人を表示」をタップします。

  2. 「共有オプション」をタップしてから、新しいユーザのアクセス権設定をタップします。

    この設定は、参加を依頼しようとしている新しいユーザのみに影響します。すでに参加を依頼したユーザのアクセス権は変更されません。

  3. 「リンクを送信」をタップし、リンクを送信する方法をタップしてから、要求された情報を入力します。

    リンクがメール本文、メッセージ、ツイート、または投稿内にプレゼンテーションタイトル付きのアイコンで表示される場合があります。このアイコンは編集または削除しないでください。

リンクの送信または投稿後に、追加した人のアクセス権を個別に変更できます。

アクセス権の設定とリンクの送信方法について詳しくは、上記の「ほかのユーザに共同制作への参加を依頼する」を参照してください。

追加の参加者にリンクを送信する

プレゼンテーションのアクセスが「リンクを知っている人はだれでも」に設定されている場合は、プレゼンテーションのリンクを送信するだけで参加者を追加できます。

注記:プレゼンテーションのアクセスが「参加依頼した人のみ」に設定されている場合は、共同制作への参加依頼を送信して参加者を追加します(前のセクションの手順を参照してください)。

  1. 以下のいずれかを実行します:

    • プレゼンテーションが開いている場合: 「共同制作者」ボタン をタップします。

    • プレゼンテーションが閉じている場合: プレゼンテーションマネージャをブラウズビューにして、右上隅にある「選択」をタップし、プレゼンテーションをタップして(チェックマークが表示されます)、画面下部にある「共有」をタップしてから、「人を表示」をタップします。

  2. 「リンクを送信」をタップしてから、リンクを送信する方法をタップします。

  3. メール、メッセージ、または投稿のアドレスを入力して、リンクを送信または投稿します。

リンクの送信方法について詳しくは、上記の「ほかのユーザに共同制作への参加を依頼する」を参照してください。

リンクをコピー&ペーストする

共有プレゼンテーションのオーナーであるか、アクセスが「リンクを知っている人はだれでも」に設定されているプレゼンテーションで共同制作している場合は、共有プレゼンテーションのリンクをコピーして別の場所にペーストできます。これにより、たとえば、簡単にアクセスできる場所にリンクを保存できます。

オーナーが参加を依頼した人のみにアクセスを制限した場合、参加依頼された人のみがリンクを使用してアクセスできます。

  1. 以下のいずれかを実行します:

    • プレゼンテーションが開いている場合: 「共同制作者」ボタン をタップします。

    • プレゼンテーションが閉じている場合: プレゼンテーションマネージャをブラウズビューにして、右上隅にある「選択」をタップし、プレゼンテーションをタップして(チェックマークが表示されます)、画面下部にある「共有」をタップしてから、「人を表示」をタップします。

  2. 以下のいずれかを実行します:

    • 「リンクをコピー」をタップします(または、オーナーの場合は「共有オプション」をタップして、「リンクをコピー」をタップします)。このオプションが表示されるのは、参加依頼のみによってプレゼンテーションを共有した場合です。

    • 「リンクを送信」をタップして、「リンクをコピー」をタップします。このオプションが表示されるのは、リンクを知っている人とプレゼンテーションを共有した場合です。

  3. リンクをペーストしたい位置をタップし、「ペースト」をタップします。

ヒント:共有されたリンクを、Keynoteプレゼンテーションの埋め込みがサポートされているWebサイト(MediumやWordPressなど)に投稿して、閲覧者がWebサイト上のプレーヤーでプレゼンテーション内を移動できるようにすることもできます。詳しくは、ブログにプレゼンテーションを投稿するを参照してください。

プレゼンテーションがパスワードで保護されている場合は、セキュリティ上の理由から、パスワードをリンクと一緒に送信しないでください。

公開日: 2019/07/05
役に立ちましたか?