iTunes 10 for Windows: 同期の概要

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
同期の概要

iPod、iPhone、または iPad をお持ちの場合は、iTunes ライブラリをどこにでも持ち歩くことができます。ライブラリ全体を持ち歩くことも、ライブラリにある曲、ムービー、ブック、Podcast、写真などの特定の項目だけを持ち歩くこともできます。また、連絡先、カレンダー、ブラウザーのブックマーク、メールアカウント、およびメモを追加することもできます。

iPod、iPhone、または iPad を設定および管理したり、それらにコンテンツを追加したりするときは、iTunes を使用します。デバイスに項目を追加する操作を「同期」と言います。

デバイスにメディアを追加するには、次の方法があります:

  • 自動:デバイスと iTunes ライブラリのコンテンツを自動的に一致させるか、同期する特定のメディアの種類を選択します。

  • 手動:個々の項目を iTunes ライブラリからデバイスにドラッグします。

  • オートフィル:iTunes ライブラリまたはプレイリストからランダムに選択された曲をデバイスに自動的にインポートします。

ソースリスト内のデバイス名、各種のコンテンツを同期するためのボタン、容量バー、[適用] ボタンが表示されている同期インターフェイスの図

デバイスと自動的に同期できる iTunes ライブラリは一度に 1 つだけです。iPod(iPod touch を除く)を複数の iTunes ライブラリと同期するには、手動での同期を選択します。iPod touch、iPhone、および iPad は、手動で同期する場合でも、一度に 1 つの iTunes ライブラリでしか使用できません。

公開日: 2014/03/25
役に立ちましたか?