macOS Sierra: Time Machine に使用できるディスク

Time Machine に使用できるディスク

「Time Machine」には、Time Capsule、USB ディスク、FireWire ディスク、および Thunderbolt ディスクを使用できます。ディスクは Mac に直接接続されていても、ネットワーク上にあってもかまいません。ディスクにパーティションが設定されている場合は、いずれか 1 つのパーティションをバックアップディスクに使用できます。

「Time Machine」では、iPod、iPad、iPhone、または Windows 用にフォーマットされたディスクにはバックアップを作成できません。Windows 用にフォーマットされたディスクを接続した場合は、ディスクを Mac フォーマットに再フォーマットして(すべてのデータが完全に削除されます)、バックアップディスクとして使用できます。

Time Machine バックアップディスクの最も一般的なフォーマットは Mac OS 拡張(ジャーナリング)フォーマットですが、「Time Machine」は Mac OS 拡張(大文字/小文字を区別、ジャーナリング)および Xsan フォーマットもサポートしています。

ディスクにマスター・ブート・レコード(MBR)パーティションタイプが使用されている場合、一部のパーティションは「Time Machine」に使用できない場合があります。

バックアップディスクがネットワーク上にある場合は、ネットワークサーバが SMB(Server Message Block)ファイル共有を使用できます。「Time Machine」を設定する際は、Mac が SMB サーバに接続されている必要があります。「Time Machine」環境設定でネットワークディスクを選択すると、データのバックアップ作成または復元が行われるときに、「Time Machine」がディスクに自動的に接続されます。

注記: Apple 以外の製造元の SMB および AFP ディスクの中には、「Time Machine」に対応していないものがあります。SMB または AFP ディスクをネットワークで使用しているのに、Time Machine バックアップに使用できるデバイスのリストに表示されない場合は、ディスクの製造元に問い合わせてください。

公開日: 2017/01/20
役に立ちましたか?