macOS Sierra: Xsan ストレージボリュームについて

Xsan ストレージボリュームについて

コンピュータが Xsan ストレージエリアネットワーク(SAN)に接続している場合は、SAN ボリュームがコンピュータ上に表示されます(マウントされます)。Xsan 管理者から提供される構成プロファイルをインストールするか、Xsan 管理者に「プロファイルマネージャ」(Server アプリケーションに付属しています)でコンピュータを登録してもらうことで、コンピュータを SAN に接続できます。

Xsan 管理者が設定したアクセス権と割り当て容量に従って、Xsan ボリュームをほかのストレージデバイスと同じように使用できます。割り当てで許可されている容量を超えるものを Xsan ボリュームに保存しようとすると、割り当てられている容量を超えているというメッセージが表示されます。割り当て容量のサイズを調べるには、管理者に確認してください。

Xsan ボリュームは、RAID(Redundant Array of Independent Disks)記憶装置に基づいています。Xsan 管理者は Server アプリケーションを使用して Xsan ボリュームを設定/管理し、これを使用してコンピュータを SAN に登録するための構成プロファイルを作成できます。Xsan 管理者は「プロファイルマネージャ」を使用してコンピュータを SAN に登録することもできます。コンピュータが SAN に登録されると、自分でまたは管理者が Xsan 構成プロファイルを削除するまで、Xsan ボリュームはコンピュータにマウントされたままになります(macOS からログアウトしたり Mac を再起動しても)。

Xsan 管理のヘルプを表示するには、「Xsan ガイド」を参照してください。このガイドは、Mac または iOS デバイスで iBooks Store にアクセスしてダウンロードできます。

公開日: 2017/04/30
役に立ちましたか?