macOS Sierra: 滞留コントロールを使用する

滞留コントロールを使用する

滞留コントロールでは、アイトラッキングやヘッドトラッキング技術を使用してマウスを制御し、画面上の項目をクリック、ドラッグ、スクロールすることができます。滞留コントロールの「ホーム」パネルにあるボタンを使って、「左クリック」などの滞留アクションを選択します。「ホーム」パネルから利用できる他のパネルを使って、テキストを入力したり、音量や輝度などのシステム設定を調整したりすることもできます。

滞留コントロールの「ホーム」パネルのボタンを使って、マウスアクションを実行します。他のパネルを使って、テキストの入力やシステム設定の調整などさまざまな操作を実行します

滞留アクションの選択後、クリック、ドラッグ、またはスクロールしたい項目の上でポインタを所定の時間静止させると(これを滞留時間といいます)、そのアクションが実行されます。

滞留コントロールを有効にする

  1. アップルメニュー>「システム環境設定」と選択して「アクセシビリティ」をクリックし、「滞留コントロール」をクリックします。

  2. 「一般」をクリックしてから、「滞留コントロールを有効にする」を選択します。

    滞留コントロールの「ホーム」パネルがデスクトップに表示され、滞留コントロールのステータスメニューがメニューバーに表示されます。

滞留アクション

滞留アクションは「ホーム」パネル、オプションメニュー、メニューバーに表示される滞留コントロールのステータスメニューから選択できます。

滞留アクションの選択後、そのアクションを実行したい場所(たとえば、チェックボックスやイメージ)にポインタを移動します。項目上にポインタ が表示され、滞留時間のカウントダウンが開始されます(ポインタの円が白くなり始めます)。カウントダウンが終了するとアクションが実行されます。

注記: アクションをオプションメニューから選択した場合、アクションは 1 回だけ実行され、繰り返されません。

  • 左クリックポインタを項目の上に移動すると左クリックを実行します。

  • ダブルクリックポインタを項目の上に移動するとダブルクリックを実行します。

  • 右クリックポインタを項目の上に移動すると右クリックを実行します。

  • ドラッグ&ドロップポインタを移動した項目をドラッグ&ドロップします。

    カウントダウンが終了すると、ポインタが項目をドラッグできることを示します。項目をドロップしたい場所にポインタを静止させると、項目がその場所に移動し、カウントダウンが始まります。カウントダウンが終了すると項目がドロップされます。

  • スクロールメニューポインタを移動した項目をスクロールします。

    その項目が Web ページや書類などスクロール可能なコンテンツであることを確認してください。カウントダウンが終了すると、スクロールインジケータがコンテンツの上下左右に表示されます(項目をどのようにスクロールできるかで異なります)。スクロールしたい方向のスクロールインジケータの上にポインタを移動します。

  • オプションメニューポインタを項目の上に移動するとオプションメニューを表示します。詳しくは、オプションメニューを使用するを参照してください。

  • アクションなし画面上を移動したりポインタを項目の上に移動したりしたときに一時停止し、何のアクションも実行しません。このアクションは、Web ページを読んだりムービーを視聴したりする場合のように、しばらくアクションが必要ない場合に便利です。

    操作を再開して滞留アクションを実行する準備ができたら、ポインタを「ホーム」パネルのいずれかの滞留アクションに移動します。「ホーム」パネルが隠れている場合は、「ホーム」パネルの表示を割り当てたホットコーナー(「滞留コントロール」環境設定で設定します)にポインタを移動します。

スクロールメニューのスクロールインジケータの色は、「一般」システム環境設定で設定した強調表示色で決まります。強調表示色を変更するには、アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「一般」をクリックします。

「ホーム」パネルを使用する

「ホーム」パネルでは、滞留アクションの選択だけでなく他のパネルの表示も行えます。

  • キーボード:テキスト入力用のキーボードを表示します。上にあるボタンを使って滞留アクションを選択します。一番下の行に注意してください。候補の単語を選択することで、入力時間を短縮できます。

  • システム:Mac の音量やディスプレイの輝度を制御したり、メディアの再生を制御したりするボタンが表示されます。

  • カスタム:使用可能なカスタムパネルがあれば表示されます。カスタムパネルを作成して(パネルエディタを使用)、お気に入りのアプリケーションでよく使うタスクやアクションを簡略化できます。

  • 場所:画面上で滞留コントロールの「ホーム」パネルの場所を変更するボタンが表示されます。

各パネルにはパネルの透明度やサイズを調整するための「パネルオプション」アイコン および「ホーム」パネルに戻るための家の形のアイコン が含まれています。

ヒント: ポインタを画面のコーナーに移動すると「ホーム」パネルが表示されるように環境設定を行えます。滞留コントロールのホットコーナーを設定するには、アップルメニュー>「システム環境設定」と選択して「アクセシビリティ」をクリックし、「滞留コントロール」をクリックしてから「設定」をクリックします。

オプションメニューを使用する

オプションメニューを使ってさまざまな滞留アクションをすばやく切り替えられます。アクションをオプションメニューから選択した場合、アクションは 1 回だけ実行され、繰り返されません。

円形のオプションメニューには、ボタンが一番上から時計回りにダブルクリック、右クリック、スクロールメニュー、閉じる、ドラッグ&ドロップ、左クリックと並んでいます

ヒント: オプションメニューの中央にある十字はアクションが実行される対象となる場所を示します。

  • アクションを選択する:メニューで、選択したいアクションの上にポインタを移動します(たとえば、メニュー最上部にあるダブルクリックアクション)。ボタンの上にポインタ が表示され、滞留時間のカウントダウンが開始されます(ポインタの円が白くなり始めます)。カウントダウンが終了するとボタンが選択され、そのアクションが対象の場所で実行されます。

    オプションメニューはアクションが実行されると画面から消去されますが、ポインタを別の項目の上に移動するとすぐに再表示され、次のアクションを選択できます。

  • メニューを閉じる:ポインタをメニューの一番下にある閉じるボタンの上に移動します。カウントダウンが終了するとオプションメニューが閉じます。

滞留コントロールのステータスメニューを使用する

滞留コントロールを入にすると、画面上部のメニューバーに滞留コントロールのステータスメニューが表示されます。メニューバーに表示されるアイコンは、使用する滞留アクションに合わせて変化します。

滞留コントロールのステータスメニューのメニュー項目は上から下に、左クリック、ダブルクリック、右クリック、ドラッグ&ドロップ、スクロールメニュー、オプションメニューです

ステータスメニューは「ホーム」パネルが隠れている状況で滞留アクションを変更する場合に便利です。ステータスメニューでは、現在の滞留アクションにかかわらず、アクションを選択するための左マウスクリックが必ず実行されます。

  • メニューを開く:ポインタをメニューバーのステータスメニューに移動します。ステータスメニューの上にポインタ が表示され、滞留時間のカウントダウンが開始されます(ポインタの円が白くなり始めます)。カウントダウンが終了するとメニューが開きます。

  • メニューからアクションを選択する:ポインタをアクションの上に移動します。カウントダウンが終了するとアクションが選択されます。

「滞留コントロール」環境設定の「設定」パネルでズーム機能を有効にすると、ポインタとポインタを置いた領域が拡大されます。ズームウインドウのサイズはピクチャ・イン・ピクチャのズーム機能で設定したサイズに対応します。

滞留時間の設定など滞留コントロールをカスタマイズするには、「滞留コントロール」環境設定の「設定」パネルを使用します。オプションについて詳しくは、パネルの「ヘルプ」ボタンをクリックします。アップルメニュー>「システム環境設定」と選択して「アクセシビリティ」をクリックし、「滞留コントロール」をクリックします。

公開日: 2017/04/30
役に立ちましたか?